[an error occurred while processing this directive] ■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
文体模写 スレッド 2 ☆601 〜 ☆
601吾輩は名無しである :02/01/24 15:22
私もブルータスから来たんですが、↑を読もうとしても
表示できません。となってしまいます。

602吾輩は名無しである :02/01/24 15:27
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/
このページにアップされてる。初代スレ。

603吾輩は名無しである :02/01/25 04:02
>601
http://mentai.2ch.net/book/kako/963/963421916.html

604あゆ :02/01/26 00:26
ある朝虫になっていたよ

虫は悲しいよね
虫は切ないよね

居場所がなかった
どこにもなかった

そんな時いつだって
目を閉じれば
笑ってる君がいる

こんな虫に生まれかわったよ
だけど君に出会えたよ

こんな虫に生まれかわったよ
だから君に出会えたよ

幾度幾度めぐりゆく季節の中で
君は何を思うだろう・・・


605世界がもし100人の村だったら@帰ってきた模倣犯 :02/01/26 01:21
ある朝、目が覚めたとき
あなたは自分の姿に満足しましたか?
すぐに「はい、もちろん」といえなかったあなたに
このメールを贈ります。

世界には63億匹の
毒虫がいますが
もしもそれを
100人の村に縮めると
どうなるでしょう。
100人のうち
52人がとてつもなく大きな毒虫で
21人が固い甲殻の背中を持っています。
そのうち7人が
まるくふくらんだ、褐色の固い節で
分け目をいれられた腹部を持っています。

606ガチンコ@帰ってきた模倣犯 :02/01/26 01:42
ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢からふと覚めてみると、
そこには予想だにしなかった出来事が!!!

私は毒虫です。だめな男なんです。だから旨いラーメンを作りたいんです!
うまかったよ、お前の甲殻スープ。

はーい、そこの固い背中を下にして、
仰向けになっているやつ。
そうお前。帰っていいよ。

なんじゃと?わしの褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられた
腹を笑うやつは、はよリングにあがれや。ボコボコにしちゃるけえの。



607吾輩は名無しである :02/01/26 01:44
ここまで読んだ。>418 最高。

608大学入試センター試験問題(国語I) :02/01/26 17:52
第1問 次の文章は、カフカの小説「変身」の冒頭の一節である。これを読んで、後の問い(問1〜6)に答えよ。(配点 50)

ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢(注1)からふと覚めてみると、
ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に
変わってしまっているのに気がついた。固い(ア)コウカクの背中を下に
して、仰向けになっていて、ちょっとばかり頭をもたげると、
まるくふくらんだ、(イ)カッショクの、弓形の固い節で分け目をいれられた
腹部が見えた。

問1 自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついたザムザの心情はどのようなものか。その説明として最も適当なものを、次の@〜Dにうちから一つ選べ。解答番号は、1。

@信じがたい
Aきまりの悪い
B身に余る
C個性的な
Dちょっぴり嬉しい

609金子みすゞ :02/01/26 18:03
私が甲殻をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地べたを速くは転がれない。

私が褐色の腹をゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
家族の殺意を事前に予感はできないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

610チーズはどこに消えた? :02/01/26 21:08
昔、ある遠い国に、一匹の毒虫が住んでいた。彼はいつも迷路でチーズを探しまわっていた。食料にするためと幸せになるためだ。
一匹の毒虫は、「ザムザ」という名前。
彼はとても小さいので、何をしているのかわからないだろう。でも、よく注意して見れば、本当にびっくりするようなことに気づくはずだ!

変化は起きる。変化を予期せよ。変化を探知せよ。変化にすばやく適応せよ。変わろう。変化を楽しもう!進んですばやく変わり再びそれを楽しもう。

611秋山瑞人 :02/01/28 08:02
あれから、一晩が過ぎ、プラハの町の夜も明けた。
ザムザはもちろん毒虫で、大きくて、多足で、しがない反物のセールスマンだった。
たとえ固くて艶やかな甲殻にその身を覆われていようと、ザムザはザムザであり、
彼がザムザである以上、いつもと同じ1日の始まりを迎えねばならない。
自分自身が生きていくために。そして家族を養っていくために。

『-----やれやれ俺は何てシンの疲れる仕事を選んだものだ。』
ザムザはまだ霧のかかったような大脳を乱暴に稼動させ、朦朧とした意識を覚醒へと導く。
丸く大きな身体の全重量を支えるため、慣れない触覚を頼りに、情けないほどかぼそい肢で
運動器官に膨大なスピードでコマンドを叩きこむ。
しかし、昆虫節のチャンネルレンジを大幅に越える情報量は全関節のジンバルロックを誘発し
彼の肢はただ虚空でぐるぐると空しく蠢くだけだった。

結局その姿勢から、かろうじて視界の淵に映ったものは、まるくふくらんだ褐色の、弓形の
固い節で分け目を入れられた物体。それが彼の腹部だった。

黴臭く薄暗い部屋の空間を、静寂が満たす。
聞こえるのは雨垂れがブリキの屋根を叩く音だけだ。
わけがわからなかった。
わからないが、とにかく悲しかった。

612梅図かずお :02/01/28 08:05
.......... 目覚め(1) ...............

ザムザ「ウグッ!」
ザムザ「か、からだが・・」
ザムザ「な、なにがあったというのだ・・」

ズル─ッ!
ザムザ「あっ?!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

ザムザ「ギャ─────ッ!!」
ザムザ「ウワ──────────ッ!」
ザムザ「ウワ─────────ッ!」
ドタ!
ザムザ「ウッ!」
ザムザ「ウウウ・・・」

613モンティ・パイソン :02/01/29 16:47
John Cleese「それではお話変わって・・」

毒虫の着ぐるみを着たGraham Chapmanがベッドの上に
仰向けになったままカメラ目線。

テロップ:
  ある朝のグレゴリー・ザムザ
      ・
      ・
  同人 6秒後
      ・
      ・
  このテロップだけで2ポンド11シリング
      ・
      ・
  このテロップを除く

妹役のEric Idle、壁をぶち破って登場。
Idle「んまあどういうこと! この恥知らずの小便垂れの
マスかき野郎のチーズ頭の穀潰しが! よりによってそん
な醜悪な****(ピー)になるなんて!」
Chapman「わたしのせいじゃない。起きたら****
(ピー)になってたんだ。(カメラ目線で)やあ水兵さん」
Idle「『わたしのせいじゃない』ですって? この薄ら馬
鹿のナチ野郎」

そこに「16t」と書かれた巨大なリンゴが落ちてくる。

テロップ:
  BBCはただ今のコントにおける****(ピー)に
ついての表現及びザムザのキャラクター設定について深く
お詫び申し上げます。

614吾輩は名無しである :02/01/29 17:34
>613
なつかしage!
広川太一郎〜っ、アンタど〜してるのかなかな。

615ボルヘス :02/01/29 17:36
ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢からふと目覚めてみると、
ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に
変わってしまっているのに気がついた。固い甲殻の背中を下に
して、仰向けになっていて、ちょっとばかり頭をもたげると、
まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で分け目を入れられた
腹部が見えた。
                  ――カフカ「変身」より

616>>614 :02/01/29 17:38
ageてませんがなw

617ガルシア=マルケス :02/01/29 17:48
 何ヶ月かがすぎて妹にリンゴを投げつけられるはめになったとき、
おそらくグレゴール・ザムザは、不安な夢からふと覚めてみると、
ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わって
しまっているのに気がついた、あの朝を思い出したにちがいない。

618イタロ・カルヴィーノ :02/01/30 23:19
変身公爵の日常

目覚めたザムザ公爵は、自分の体が毒虫に変わっていることに気づく。
この唐突に公爵に訪れた変身という出来事の原因に思いを巡らせて、
まず進化論でいうところの遺伝子による変異であるという可能性を頭
から排除した。むしろこの宇宙で進行しているうエントロピーの増大
によってもたらされた乱雑さが公爵の日常にも侵入して来たのではな
いかという説明の方がまだ納得ができるように公爵には思える。
しかし公爵の生活がこれまでそれほどに混乱を増していたと思い当た
る要素もない。
公爵は、自分が毒虫に変わってしまった事態をそれほど悲観している
わけではない。
黒くててかてかと光る背中の甲殻や、柔らかく節の入った腹部、それ
に小さな関節できめ細かく動く手足は機能的であるように見えるし、
美しいとさえ感じはじめてくる。

6190アニソン風 :02/01/31 04:17
WAKE UP!ザムザ!
WAKE UP!グレゴール!

戦いの朝が来た 腹部を見よ
力強い おお 6本の足
弓形の腹部 鋼鉄の輝き
巨大な敵を倒すため
進め グレゴール 毒虫人間

「ポイズン・ハリケーン!」
「インセクト・インパクト!」

オオ 正義の毒虫人間グレゴール・ザムザ

620吾輩は名無しである :02/01/31 19:21
漫画サロン板にこんな変身ネタのスレが立っとります。

http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1012446026/l50

621 :02/02/03 22:19
age

622  :02/02/07 00:46
もう誰もネタないのかな?age・・・

623吾輩は名無しである :02/02/08 08:03
プルースト期待時代(age)

624いつかは俺も :02/02/08 11:53
age

625諸君 私は変身が好きだ :02/02/08 19:18
諸君 私は変身が好きだ
諸君 私は変身が好きだ
諸君 私は変身が大好きだ

変身が好きだ 変形が好きだ
変貌が好きだ 変遷が好きだ
変化が好きだ 変態が好きだ
転身が好きだ 転化が好きだ

平原で 街道で 塹壕で 草原で 凍土で
砂漠で 海上で 空中で 泥中で 寝室で
この地上で行われるありとあらゆる変身が大好きだ

悪夢から目覚めたセールスマンが驚きと共に毒虫と化したのに気付くのが好きだ
途方に暮れたグレゴールがじたばたして右側にひっくり返ろうとする時など心がおどる
彼の操る操作肢がベッドの足に直撃するのが好きだ
さんざん苦労して扉を開けたグレゴールを見て母親が腰を抜かした時など胸がすくような気持ちだった

雁首をそろえた家族の横隊がグレゴールの部屋の扉を蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の母親が既に変身した彼を見て何度も何度も嗚咽している様など感動すら覚える
敗北主義の支配人共を饒舌に吊るし上げていく様などはもうたまらない
哀願するグレゴールが父の振り下ろしたステッキとともに部屋に追い返されるのも最高だ
親父の叱咤に滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった家庭が蹂躙され女子供が怯える様はとてもとても悲しいものだ

人間の暴力に押し潰されて撲滅されるのが好きだ
家族に追いまわされ毒虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

626諸君 私は変身が好きだ :02/02/08 19:20
諸君 私は変身を地獄の様な変身を望んでいる
諸君 私に付き従う毒虫朋友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なる変身を望むか?
情け容赦のない糞の様な変身を望むか?
神変変化の限りを尽くし三千世界の鴉と化す嵐の様な変身を望むか?

 『変身! 変身! 変身!』

よろしい ならば変身だ
我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただの変身ではもはや足りない!!

大変身を!!
一心不乱の大変身を!!

我らはわずかに一個大隊 千匹に満たぬ毒虫に過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の毒虫集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし林檎を突き刺し思い出させよう

連中に恐怖の味を思い出させてやる
連中に我々の匍匐の音を思い出させてやる
天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千匹の毒虫の戦闘団で世界を燃やし尽くしてやる

「最後の毒虫大隊指揮官より全匍匐部隊へ」

目標チェコ本土プラハ首都目前!!
第二次フェアヴァンドルング作戦 状況を開始せよ

征くぞ 諸君

627藁って許して :02/02/09 10:28
ポパイ「おおなんてこった!!!!!」
オリーブ「ポパァーイ、あなたむしよー、どくむしよー!!!!!」
ポパイ「おおなんてこった!!!!!!!!!!!」

: ホーム :