[an error occurred while processing this directive] ■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
文体模写 スレッド 2 ☆201 〜 300☆
201 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/12(木) 20:14
往年のタモリのハナモゲラってできないのかなあ

202 名前:仮面ライダー風 投稿日:2000/10/12(木) 23:29
>>200
ぴきっ(恐怖に凍り付く)、ラ、ライダー助けて!

203 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/13(金) 02:52
Once upon a midnight deary
as I studied long a book
I become quite bored and weary
so off to the chatroom, I went for alook...

and I heard a maiden laughing
as she proclaimed, OH sheesh!!
and I saw her nerf bat slighty wap- wap- wapping
some curious figment on a leash.??

Oh, I think you know who she is?
she's a sort of dusty blue...
As I heard my maniacal rave- rave- raving!!!
Periwinkle it is YOU!!!!..
hahahahahaha...


It's the Raving lavenderlou,

never flitting, still is sitting, still is sitting..
by her 'puter, just like you!
And the New year's crowd was screaming o'er her dreaming prose and more..
Happy New year!! you are darling!!
Quothe sp? her RAVING...
I WANT MORE!!...

誰の模写でしょう???

204 名前:紫式部(光源氏虫になる) 投稿日:2000/10/13(金) 03:13
いみじき夢見給ひて、あしき心地にうちおどろかれ給ふあしたありけり。
ふし給ひけるまゝに、頭をうちもたげて見給へば、まるくふくよかなる御腹のさま、
幾重にも弓なりの固き節にわかれたり。御背も、げにかぶとむしの固き殻か
とまがふばかりなりければ、わが身はあやしくも悪しき虫と成り果てにけり、これ
も我が前世の報ひにやあらむ、いとあさましきことかな、とおぼすにも、たヾ胸つ
ぶるゝ心地ぞし給ひて
 むしの身に なるは原作(ほん)にはあらねども なほうらめしき2ちゃんねるかな
ひとりくちづさみて泣きたまふ御有様、いとあはれなり。

>33清少納言こそ、したり顔に枕草子の文体を使いまわしたるがいみじく憎き人なれ。



205 名前:早坂茂三@馬克思 投稿日:2000/10/13(金) 04:02
あれは田中のオヤジが大蔵大臣になって間も無い頃でした。
ある朝、オヤジが寝室から起きて来ていうのです。
「おい、不安な夢をみたゾ」と。
私は直ぐに田中派の議員と、全国各地の大小のボスに電話を
入れました。
二階堂さんなんかは「早ちゃん、気にし過ぎだよ」と言う。
しかし、田中のオヤジに何かがあってからでは遅い。
下手をすれば自民党そのものを揺るがしかねない。
しかし、田中本人はベッドの中で、とてつもなく大きな毒虫に
変わってしまっていました。
尋常小学校を出て、新潟から東京に出て来て、
人の何倍も働き政界のトップにまでのぼりつめたオヤジの事です。
これぐらいでは、諦めない。

206 名前:浅田彰(初期)@馬克思 投稿日:2000/10/13(金) 04:13
グレゴール・ザムザの不安な夢・・・
スタイルといい、感性といい、いかにも軽薄な響きである。
もし、君がある朝、ベッドの中で一匹の、とてつもなく
大きな毒虫に変わってしまっていたとしよう。
この時点で君はすでにパラノ人間からスキゾ人間への
転換を果しちゃっているわけ。
背中が固い甲殻に、腹部が褐色の、弓形の固い節で分け目を
いれられた状態に組み替えられていくダイナミズムこそが、
脱コード化のメカニズムとしての資本主義の本性である以上、
弁証法的なかたちで革新の見通しを得ると言うような事は
全くナンセンスなんだよね。

207 名前:ねこぢる@馬克思 投稿日:2000/10/13(金) 04:17
1995ねん10がつ13にち

子供の頃、近所の公園にコ○キがいた。
友達とからかったりして遊んでいた。
ある朝、見たらとてつもなく
大きな毒虫になっていた。
なにか見てはいけないものをみた気がした。

208 名前:中島らもの明るい悩み相談室 投稿日:2000/10/13(金) 05:53
朝、起きたら毒虫になった私
 Qある夜、とても嫌な夢を見ました。私は汗びっしょりで目を覚ますと
  体が、ヘンなのです。
  体は茶色。背中に硬い殻、腹には3段腹のような分け目があり、手足
  が節になってました。そして尻から緑色の液体が出ていました。
  どうやら、毒虫になったようなのですが、どうすればよいでしょうか?
  家族にも合わす顔がありません。
 (プラハ・グレゴール=サムザ・?歳)

 Aあなたは考え方が間違ってます。
  「人間に戻りたい」
  そう思うから悩むのです。
  あなたは、毒虫であることを誇りに思うべきです。そして、人と共存する道
  を選ぶべきです。間違ってもその毒で人を殺してはいけません。
  私は、楽器集めが趣味で、世界の楽器を所有しています。そのなかのいくつか
  の楽器には、わざとクモが入ってます。
  この中でクモがクモの巣を張るため、音がまろやかになるからだそうです。
  つまり、この楽器にはクモは必要不可欠なのです。
  ですから、あなたも
  「何本もの手足で素早いマッサージ(軽い毒の刺激付き)」とか
  「象が踏んでもつぶれない毒虫ショー」
  等で、人との共生を目指せばよろしいと思います。
  その為の努力は当然必要と思われるので、いまから頑張ってみては
  いかがでしょうか。
  そうすれば、家族も「一家の大黒柱の毒虫」を追い出すこともなく
  家族円満に・・・なりませんか?
 


209 名前:これで合格!原付免許 投稿日:2000/10/13(金) 07:49
毒虫になるのは難しいことではありません。16歳以上で健康な身体を
持っている人なら誰でもなれます。ただし、以下の方には免許証が発給
されないので注意してください。
1.アルコール・麻薬中毒の人
2.ダダイストの人
3.精神力強固な人
4.足の三大関節のどれかがきかない人、ロボトミー手術を受けた人
以上は毒虫になる資格がない人と定められていますから、毒虫になる
ために眠りにつくこと自体ができないことになります。

毒虫は大きいため、歩行者には含まれません。国家公安委員会により
軽車両に指定されていますので、歩行者専用道の通行は禁じられて
います。

自動車は二重追い越しが禁じられていますが、毒虫は自動車ではない
ので、毒虫を追い越そうとしている前車を毒虫が追い越すのは禁止
されていません。

荷物の積み下ろしの際に、どうしても毒虫をやめたくなった場合は
駐車と見なされますので、駐車禁止場所で寛ぐのは止めましょう。

いくらウザイからといって、老人や身体障害者に注意のための毒液
を吐いて通行を妨害するのは、3ヶ月以上10カ月以下の懲役刑になる
のでご注意ください。

毒虫がリヤカーを牽引する場合の制限速度は25キロ毎時です。

後半の模擬テストにもチャレンジして、目覚めた時には立派な
毒虫になりましょう!くれぐれもアフリカ象やマングースにな
らないように、気をつけましょう。



210 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/13(金) 08:16
>どうしても毒虫をやめたくなった場合は
駐車と見なされますので

この部分にはまりました。

211 名前:特攻の拓 投稿日:2000/10/13(金) 11:38
「・・・・・・・・っつ!!!!」
「・・・・毒蟲・・・・?」
「!」
「っんっだらぁ!!!」
「へぇ・・・なめられたもんだな愚黎瑚屡挫無沙も・・・」
「てめぇらビッキビキにしたんぞぉ!あぁ?!?!」
「!!!!!!!」

212 名前:こうねいのおろねぶりしつまどろめば・・・ 投稿日:2000/10/13(金) 11:50
>203
Nevermore---またとなけめ

213 名前:203 投稿日:2000/10/13(金) 13:27
>212
正解!! エドガー・アラン・ポウの「The Raven」
某サイトからのパクリでした (汗)

--もう二度としません

214 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/13(金) 13:44
>213
確かポーの小説風はまだです
頑張ってくだされ

215 名前:CHARA 投稿日:2000/10/13(金) 16:01
やだ こんなんなって
でも まだ あたし虫やめらんないの
こわいからね… ずっと ずっと 抱きしめててよ
−−−−−−−−−永遠の毒で

茶色のおなか ずーっとあたしの前で なんでってくりかえして
迷子のことを考えてるの?
それは愛だと こたえてくれない きっと

−−野蛮なのは あたしが虫だから
こわれてく・・・まって まってて
あの林檎をきらめかすのは
こわれてく・・・

216 名前:プリンス 投稿日:2000/10/13(金) 16:30
目 became a big poisonous insect 4 U.

217 名前:グルグル 投稿日:2000/10/13(金) 22:48
有る朝、THE GUREGOOLU-ZAMUZA以為がいつも乍ら不安な夢or睡眠から
ふと覚めて見るといったことは、ベッドの中で自分の姿が一匹のand徒手
つもなく大きな毒虫に以為変わってしまって居るのに氣が付いたので有り
ま仕手、
a)固い甲殻orCRUBの背中を下に仕手、
b)仰向けになっていているのですよ、
c)ちょっとばかり頭をもたげることは、2億語がどうのとわざわざ言
う程の事でもないので有りまし田以為ど。
至いには、丸くふくらん田and褐色のor弓形の固い節で分け目尾居れ
られ田腹部が見え田ので氏てね。

218 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/13(金) 22:55
ワラタ...
懐かしいね。

219 名前:>217 投稿日:2000/10/13(金) 22:55
ワラタ...
懐かしいね。

220 名前:新宿虫@大沢在昌 投稿日:2000/10/14(土) 00:15
歌舞伎町はあいかわらずの人間量だった。
コマ劇場前に向かう道は、夜の新宿で最も人の多い通りだ。
ザム島は新宿署を出ると今日も独り、その人波の中をすりぬけ、かわして歩いた。
単独捜査だった。
めざす現場が歌舞伎町広場の向こうに見えたとき、ザム島は立ち止まった。
ゲームセンターの前に人だかりが出来ていた。
喧嘩だ、それもやくざがからんだ喧嘩だと、ザム島は直感した。
舌打ちしたくなった。それは喧嘩と呼べるものではなく、ただの袋叩きだった。
うずくまった男を三人のやくざが蹴っている。
花井組の盃をもらってるチンピラだ。
ザム島は無造作に花井組の男の左足を払った。見事に仰向けにひっくり返る。
「何しやがる!!この野郎ぅ!」
残りの二人が血相を買えてザム島に向き直り、誰なのかを察知した。
「や、やめろ・・・デカだ。」
「勘弁して下さい、虫の旦那。こいつはまだ知らないんで。」
「兄貴、この野郎、誰なんすか。」
「馬鹿野郎!虫だよ。新宿虫の旦那だ。」
思えば三年前の朝、突如として毒虫と化してしまったザム島を、署内で快く思う者はいなかった。
あの一件以来、ザム島とチームを組もうと言う刑事は一人もいないのだ。
警視庁上層部にとってもザム島の存在は爆弾を抱えたも同じだった。
なにしろ確実に出世街道を約束されたキャリア組の警察官が、
一夜にして一匹の虫になってしまったのだから無理も無い。
同僚たちは、ザム島の固い甲殻の背中や丸く膨らんだ褐色の腹部を横目で見ては、
------奴は危ない。
------いつか退治されるかもな。
などと囁き、ザム島を孤立させた。
それでもザム島は警官として、「死んではいなかった」。
そのことがかえって、ザム島をして、新宿署唯一の、単独捜査官にしたてた。
三年間の独歩行が、新宿署防犯課での記録的な重要犯罪検挙率を生んだのだ。
そして、挙げられる側からは、ぶうぅんという羽音を出して近づき、不意にタカってきては、
纏わりつく、この新宿署の刑事への恐怖をこめて、「新宿虫」の渾名がザム島につけられたのだった。

221 名前:新宿虫@大沢在昌 投稿日:2000/10/14(土) 00:23
歌舞伎町はあいかわらずの人間量だった。
コマ劇場前に向かう道は、夜の新宿で最も人の多い通りだ。
ザム島は新宿署を出ると今日も独り、その人波の中をすりぬけ、かわして歩いた。
単独捜査だった。
めざす現場が歌舞伎町広場の向こうに見えたとき、ザム島は立ち止まった。
ゲームセンターの前に人だかりが出来ていた。
喧嘩だ、それもやくざがからんだ喧嘩だと、ザム島は直感した。
舌打ちしたくなった。それは喧嘩と呼べるものではなく、ただの袋叩きだった。
うずくまった男を三人のやくざが蹴っている。
花井組の盃をもらってるチンピラだ。
ザム島は無造作に花井組の男の左足を払った。見事に仰向けにひっくり返る。
「何しやがる!!この野郎ぅ!」
残りの二人が血相を買えてザム島に向き直り、誰なのかを察知した。
「や、やめろ・・・デカだ。」
「勘弁して下さい、虫の旦那。こいつはまだ知らないんで。」
「兄貴、この野郎、誰なんすか。」
「馬鹿野郎!虫だよ。新宿虫の旦那だ。」
思えば三年前の朝、突如として毒虫と化してしまったザム島を、署内で快く思う者はいなかった。
あの一件以来、ザム島とチームを組もうと言う刑事は一人もいないのだ。
警視庁上層部にとってもザム島の存在は爆弾を抱えたも同じだった。
なにしろ確実に出世街道を約束されたキャリア組の警察官が、
一夜にして一匹の虫になってしまったのだから無理も無い。
同僚たちは、ザム島の固い甲殻の背中や丸く膨らんだ褐色の腹部を横目で見ては、
------奴は危ない。
------いつか退治されるかもな。
などと囁き、ザム島を孤立させた。
それでもザム島は警官として、「死んではいなかった」。
そのことがかえって、ザム島をして、新宿署唯一の、単独捜査官にしたてた。
三年間の独歩行が、新宿署防犯課での記録的な重要犯罪検挙率を生んだのだ。
そして、挙げられる側からは、ぶうぅんという羽音を出して近づき、不意にタカってきては、
纏わりつく、この新宿署の刑事への恐怖をこめて、「新宿虫」の渾名がザム島につけられたのだった。

222 名前:向田邦子 投稿日:2000/10/14(土) 02:58
 ハショウフウ、という言葉が怖かった。
 今では、かかる人もほとんどいないのだろうが、子供の頃は、割合身近な病気であった。
買い物から帰ってきた母が、祖母と
「角の××さんの所のお兄ちゃん、傷口から菌が入って亡くなったんですって…」
「あぁ、ハショウフウは怖いねぇ」
などと話しているのを幾度となく聞くうちに、ハショウフウ=死、という
イメージを抱いたのだろう。ちょっとでも傷を作ると、死んでしまうかも、と
口には出さずにびくびくしていた。
 ある時、珍しく父が子供たちを釣りに連れて行ったことがあった。
川に向かうまでの道は、草木がはえ放題で、子供には難儀な道であった。
ふと、父が歩みを止め
「この草が血止め草というもので、傷口によく揉んではりつけるといい。
殺菌にもなるから、覚えておきなさい」
と教えてくれた。よく見ると、どこにでもはえていそうな草だった。
それからは転べば血止め草、手を切れば血止め草と、とにかく血止め草に
思えるものを傷口にあてるようになった。
 果たしてそれらが血止め草であったか、血止め草であっても
本当に殺菌効果があったのかは定かでないが、どうにかハショウフウには
かからずに済んだ。
 ハショウフウは『破傷風』と書く、と知ったのは、女学校にあがった時分だった。

 何だかうなされたような気分で目覚めると、私は虫になっていた。
 虫、と認めたくはないが、目に映る手足は、合わせて6本。背中の感触も、何となく硬い。
どう考えても虫である。自分が虫になったというのに、何だかなつかしいような、
かなしいような、おかしいような、奇妙なものがこみあげてきた。
 ハショウフウだ。
 私の節目だらけの褐色の腹は、子供の頃に想像していた、破傷風の傷口にそっくりだった。
こんもりと盛り上がった部分はてかてかとし、ケロイドのようである。
 私は慌てて、血止め草を探そうとした。

 血止め草は、どこにあるのだろう。


223 名前:ギレン毒虫 投稿日:2000/10/14(土) 10:21
我々は一人の毒虫を失った。
しかし、それは敗北を意味するのか。

否!
始まりなのだ。

人間達に比べ、我が毒虫の生息数は30分の1以下である。
にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのは何故か。
諸君!我が毒虫の生存目的が正しいからだ。

一握りの人間達が、全世界にまで膨れ上がった人間社会を支配して50余年。
全世界にすむ我々が、自由を要求して何度人間達に踏みにじられたかを思い起こすがいい。
毒虫公国の掲げる、毒虫一匹一匹の自由のための戦いを、神が見捨てるわけはない。
私の弟、諸君らが愛してくれたグレゴール・ザムザは死んだ。

何故だ!

(シャア「毒虫だからさ・・・」)

戦いは、やや落ち着いた。
諸君らは、この戦争を対岸の火と見過ごしているのではないか。
それは、決めがたい過ちである。

人間達は、唯一の地球を汚して生き残ろうとしている。
我々は、その愚かしさを、人間達のエリートどもに教えねばならんのだ。

ザムザは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、死んだ!

戦いはこれからである。
我々の軍備は、整いつつある。
人間達とて、このままではあるまい。

諸君の父も兄も、人間達の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない。
それを、ザムザは、死をもって我々に示してくれたのだ。
我々は今、この怒りを結集し、連邦に叩きつけて、はじめて真の勝利を得ることができる。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大のなぐさめとなる。

毒虫よ立て!
悲しみを怒りに変えて立てよ毒虫!
毒虫公国は諸君らの力を欲しているのだ!!
ジーク毒虫!

224 名前:ファッション誌風 投稿日:2000/10/14(土) 14:39
―――流行り甲殻を誰よりもカッコよく着こなしたい!―――

買っても買ってもまた欲しくなっちゃうほど、今年は甲殻が大充実。
どれにしようか悩んだときには、流行カラー・エンジを選ぶのが正解
です。これだけで今年っぽく見えるから、どんな虫種にもOK。明日か
らソク、成虫スタイルへの仲間入りが可能なはず!

エンジコウカク \16,000(ウヨウヨヤマダ)
セッソク \8,800(コンチュ/コンチュ新宿店)

☆☆☆ 特集 ☆☆☆
おしゃれ通のモデルたちは、どこの甲殻を背負って、どんな生活をし
ているのか。やっぱり気になります。
今月は、大人気モデルのグレゴール・ザムザさんに密着取材しました!

キュートな存在感が雑誌やCMで人気のザムザさん。
そのニヒルな笑顔の源は、家族や友達とは一線を画した自分の時間が
充実していることに尽きるよう。
「最近凝っているのは、ネイルのお手入れや関節もの。あとは、粘液
にもこだわってますね。」と、ザムザさん。
一見派手めの甲殻でも、ザムザさんの透明感あるキャラクターとマッ
チして、モードな雰囲気になるからフシギ。どんな甲殻を着けていて
も、しっとりとした品の良さを感じます。シンプルで体のラインが
きれいに見えるアイテムがお気に入りという。
「最近よくつけるのが、パールの爪。デザインが可愛いんですよ。
爪質も堅過ぎないし、とにかくおすすめ」
幼虫を思わせるような愛くるしさ・・・。
そのほのぼのとした存在感が印象的でした。

●グレゴール・ザムザ
1910年生まれ。ドイツ在住の人気モデル。フランツ・カフカの「変身」
で大ブレイクの後、本誌をはじめ、ドラマやCMなどで活躍中。
逝き逝きとした表情がカワイイと大好評です。

225 名前:さくらももこ 投稿日:2000/10/14(土) 16:40
ある朝起きると、私は毒虫になっていたのである。
足は六本に増え、腹はいつくもの節に別れて非常に気持ちが悪い。
いかにも「毒虫です」といった姿である。
私は普段から健康にはかなり力を入れているのだ。
それが突然こんな致命的にバカげた姿になるとは一体どういう了見であろうか。
対処に困った私はとりあえず居間へ行くことにした。
足が六本もあるおかげか意外なほど速く歩ける。
これなら漫画も普段の3倍のスピードで描けるかもしれぬ。
そんなことを考えながら居間に行くと姉がこたつでテレビを見ていた。
姉は虫になった私を見ると「ぎゃあ」と叫び、こたつの上に乗っているみかんを私に向かって思い切り投げてきた。
”ちょっとアンタいくら虫になったからといって実の妹にみかんを投げつけるなんてひどいんじゃないの”
と言ってやりたかったが、口から出るのは「ぎぃぎぃ」という情けない音ばかり。
私って一体…。

226 名前:邪悪神父@騙りです 投稿日:2000/10/14(土) 17:24
ある朝、アタシはイヤ〜ンな夢見て朝起きたら、毒虫になっていた(^▽^ケケケ。

しかし、よく見れば見るほど、イヤ〜ンな体になったなヽ(;´Д`)ノ

でも、アタシ自身はマッタリと糸を吐く毒虫のほうが性に合うらしい。

人間なんてやってると疲れてくるしね(笑)。

世に「癒し系」なんてものが数多くあるが見ててもあまり癒されない。

何故ならばそこに「癒してやろう」という押しつけがましさを感じてしまうからだ。

アタシはアタシに会い来たヒトを癒そうなんて考えは毛頭ないが一緒に毒でも吐いてマッタリしようぢゃないか。

それと、アタシが毒虫だからって、アタシのサイト攻撃しないようにしてもらいたい。

できれば、「また、毒虫が毒吐いてやがるぜ。」ぐらいで見てもらうとありがたい(^▽^ケケケ。


ああ、全然意味不明な文章に(泪)
全然面白くない
鬱だ氏のう


227 名前:清水義範 投稿日:2000/10/14(土) 22:32
或る老ザムザのワープロ日記

10月12かにち 晴れ
思うところあて、京より日記をちけることとした。
小生も時代に送れ茶遺憾とおもてワープロナルモノヲ、アレレカタカナニシタラモドラン。
シパイ。四敗質牌。失敗。くそ。小さなつはどうしたら出るのかわからん。
年寄りだて、わあぷろ暗い屋欄と、孫たちに笑われるとおもたのだが、
どうもこの機種は性能が悪い。電気屋にねぎ田せいか。くそ。まともな児は打線のか。

10月13にち 亜紀バレ。快晴。
小さなつの出しかた、わかたぞ。わかったぞ。どうだ。簡単なモンだもん。もんだ。
出もまだ消し方がわからん。ここまで書くのに半日かかつた。かかった。
今日はこれでやめ。

10月14にち あめ
どう夏照るんだ。なってるんだ。はてな。あれ。?。出た出た。
大変なことだ。朝起きた裸、小生、蒸しに名っ撮った。蒸しと言うのはこの児じゃないぞ。
あの無視だ。違う違う。無死。務市。むC。なかなかでないな。
ほら、あの跳ねの栄えた部ん分と部あのムシシシシシシsだ。うううう嘘じゃない。
手手手手というかあああ足Csがぎょうさんあるからボタンを何度も押してしまううう。。
狂ってるのか和紙は。?。たたたたたたたたた助けてくれ。
にきなんか買取る場合じゃないぞ。

228 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/15(日) 01:47
>222さん、
向田邦子最高でした。お上手ですね。

229 名前:小林信彦 投稿日:2000/10/15(日) 13:56
「ベッド」の中で<自分>の姿が一匹の(この場合あえて一匹とする)、
とてつもなく大きな『毒虫』に 変・わ・っ・て・しまっているのに気がついた。
固い甲殻の背中を下にして【仰向け】に
(やっぱ`あおむけ`ですね。アタシとしては)なっていて、
「ちょっとばかり」<頭>をもたげると・・・・・
(このほかあちこちに濁点がつきます。)

230 名前:陳寿 投稿日:2000/10/15(日) 20:12
座無雑伝・巻十二

座無雑(ざむざ)は姓は座無、名は雑、字を愚礼古里といい、河内省温県の人である。
家は代々温県の経理を担当しており、座無雑も成人すると家業を継いでいたが、
司馬宣王と同郷であり、また、人並み外れた計算能力と人事の才能を買われて、
司馬宣王の推挙により洛陽に出、偏将軍に任命された。

明帝の三年、司馬宣王に従事してキ山に赴き、諸葛亮の賊軍を征伐した。
諸葛亮が五丈原に出ると、諸葛亮の命数はもう尽きかけているから、絶対に
出陣してはならないと司馬宣王に進言。これが受け入れられて魏軍は軍門を
固く閉ざして攻撃しようとしなくなった。これに怒った諸葛亮は司馬宣王を
挑発しようと手紙に毒虫の装束を添えて使者に渡した。
 諸葛亮の手紙に言う「司馬仲達におかれては、漢軍の快進撃に万策尽き、
遂には毒虫風情を軍師につけるほど人手不足に陥った。もし我が軍に降る
ならば、その目障りな毒虫を必ず成敗して差し上げましょう」
 この手紙を読んだ司馬宣王は怒ったが、座無雑は高笑いをすると毒虫の
装束を取り上げ着用し「足が6本もあれば、その神速を得て、諸葛亮ごとき
あっという間に倒してみせるでしょう。これは素晴らしい賜り物をいただいた」
と、使者を一喝した[1]。


231 名前:ハイ松之・注 投稿日:2000/10/15(日) 20:31
[1]
王沈の『魏書』にいう。座無雑は司馬宣王に命じられて毒虫の装束を
着用した。
習麹歯の『漢晋春秋』にいう。座無雑は幼少の頃、その醜い体躯を
指して毒虫と仇名されていじめられていた。諸葛亮はその事を魏の
降兵から聞いて、こうした挑発に出たのである。
魚カンの『魏略』にいう。座無雑は五丈原に布陣した直後のある晩、
悪夢にうなされ、翌朝本当に毒虫になってしまった。これは諸葛亮
の妖術によるものとも、座無雑が司馬宣王の命を受け徐晃とともに
滅ぼした孟達の祟りともいわれているが、このため魏の陣は混乱し、
攻撃に出なくなったのである。

臣ハイ松之は考える。魚カンの如きはまったくの妄言で信じるに
値しないが、習麹歯の説は、今でも温県の座家には毒虫を祭った
寺院があり、信用してみる価値はある。しかし、諸葛亮の陣営に
降った魏兵が、そのようなことを果たして知っていたかというと
甚だ疑わしい。座無雑はどちらかというと座学の徒であり、若い
時は家から出ないことも多く、また、陣中においても座して計略
を練る事が多かったから、このような悪口が魏の陣中に蔓延し、
諸葛亮はそれを巧みに利用したのであろう。



232 名前:ザム厨 投稿日:2000/10/16(月) 13:48
あれほど言ったのに、まだそんなスレッドつくるですか!もう許さんです!
あんたを許すわけにはいかんです!こんなスレでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーよです!あんたみたいなバカ初めて見たです!
あんたみたいなバカ、ウジ虫以下です!あんたみたいなバカ、毒虫以下です!
死んでほしーです!つーか、死ぬべきです!あんたは絶対に許されないです!
毒虫になったと勘違いしたバカを許すわけにはいかんのです!
面白半分にいい加減なスレつくるヤツなど許さんです!
キャラメルコーンの固い甲殻をケツの穴に詰めて死ねよです!!!
今まであんたがどんな悪夢をみてきたか知らんけど、どーせひどい夢
だったと想像出来るです!
あんたのスレから読みとれるです!毒虫特有の匂いがするです!
あんたのことが全く理解出来んです!あんたは絶対許さんです!
死んでも許さんです!地獄で苦しめよです!それでも足らんくらいです!
豆腐の角に頭ぶつけて死ねよです!!!
あんたもっと現実を知れよです!いつまでもベッドの上で引きこもって毒虫になっている 場合じゃないよです!
でも、もー手遅れです!あんたは何をやってもダメです!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメです!
あんたは生まれ変わっても どうせ毒虫に決まってるです!
絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なのでやめるです!
でも、あんたみたいな毒虫は死ねよです!風呂の排水溝に吸い込まれて死ねよです!!!
絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!
あんたみたいな毒虫は 絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも人間に戻れると勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!
このまま生きててもお前にはいーことなんにもねーよです!
何でもいいからさっさと石切り場で犬死にです!!!

233 名前:みかんちゃん 投稿日:2000/10/16(月) 20:27
>>224
 すごくおもしろかったです。おおわらい。

234 名前:藤本ひとみ@マリナシリーズ 投稿日:2000/10/16(月) 22:18
なっ、なんなのこれって……。
うっ、うそでしょ、夢だわ、あたしは夢の続きを見てるだけなのよっ!
わーん、お願いだから、誰かうそだと言って!!

思い返せば、昨日の晩。
あたしはとってもいやぁな夢をみていた。
そしてやっとその夢から覚めたかと思えば、ベッドの中にいる自分が、
昨日の自分の姿と変わってることを知ったのだった。
あたしは固い甲殻の背中を下にして、仰向けになっていた。
ちょっとだけ頭を持ち上げてみると、 まぁるくふくらんだ、弓形の固い節で
分け目が入れられてる褐色のお腹が見えた。
思わず眼が、点々。
うっ恐ろしい、これってもう人間じゃ絶対ないわ。まるで虫になったみたい。
ん、そうだ、きっとそうだ、あたしはでっかい虫になったんだ。
しかも虫は虫でも、これは毒虫に違いない。
なぁんてすごい状況判断力だろう、天才みたい、ワッハッハ。
といい気になりかけたあたしは、すぐにそれどころじゃないということに気づき、
さあっと一気に青ざめた。

きゃぁっ!
どっ、どっ、どっ、毒虫っ?

あっ、あたしは、あたしはね、これでもちゃんとした人間なのよ。
いっくら三流漫画家だからって、日ごろミソクソに言われてる容姿だからって、
毒虫にされちゃたまんないのよ、アンポンタン。
それに、だっ、だめ、だめなの、ほんと、やめてほしい。
あ、あたし、毒虫だけは大のニガ手。
だって食べられないもん。
わーん、神様のばかやろう。

235 名前:倉坂鬼一郎 投稿日:2000/10/16(月) 22:35
 目覚めると、もう朝だった。壁にうっすらと日の光が差していた。
 何か悪い夢を見ていたような気がする。門があり、川から角張ったものがぞろぞろ出て
きて……そこから先は思い出せない。頭全体が靄に覆われているかのようだ。
 わずかに朝の焦燥感に追われながら、仰向けに横たわったままグレゴール・ザムザは今
日の仕事の段取りを考えた。そうしているうち、ふと妙なことに気づいた。どうもいつも
と微妙に感覚が違っているのだ。ある瞬間は二本の足で直立して歩いていたようで、また
ある瞬間は多数の脚で床を這っていたような気がした。
 なんだか不安が差してきた。
 とにかく起きだそうと、上体を起こそうとした。一動作で起き上がれるつもりだったの
に背中の重みに耐えきず、もとどおりにベッドに返ると、妙な具合にシーツの上で身体が
揺れた。
 目覚めに違和感があったときには病気を危惧したけれども、どうやらその心配はなさそ
うだ。しかし、現在いかに疲れているかに気づいて、いささかげんなりしてきた。
 今度は勢いよく上体を持ち上げて、仰向けの状態から起き上がろうとした。
 見ると、お腹が出ていた。いや、それをお腹と呼べるならばだ。
 光沢のある褐色で弓形に膨れ硬そうな板の連なり。そして、その両側に蠢く多数の脚……。
 急に頭がはっきりした。むろん、怒りのせいだ。大体、自分が巨大な毒虫に変身すると
は、いったい何を信じていいのか。非常識にもほどがある。

236 名前:株式速報 投稿日:2000/10/17(火) 02:59

株式会社グレゴール・ザムザ
アパレル小売業からの撤退が報道され朝方は小安く始まったが、
場中に発表となったドイツ、ドク・ムシ社による買収決定のニュースに
一時ストップ高。
ドク・ムシ社は人間と昆虫の遺伝子研究に定評があり、骨格を
強化する骨粗鬆症薬の領域で多数の特許を獲得している。
今後(株)グレゴール・ザムザはバイオ〜ゲノム関連企業への
変身が市場では期待されている。
なお、同社は今後の事業展開についてアナリスト向け会社説明会を
行う予定。
ドイチェ証券では今回の買収を好感、投資判断を「ストロング・バイ」に
引き上げた。

237 名前:半信半疑 投稿日:2000/10/17(火) 03:08
はたらけどはたらけど
わがくらしらくにならず
じっと手をみる

ふしくれくろずんだ手
なきぬれてつぶやく
くもはてんさいである

238 名前:age 投稿日:2000/10/17(火) 08:45
age

239 名前:秋月こお? 投稿日:2000/10/17(火) 08:53
グレゴール・ザムザはイヤな夢を見た。

目がさめると一匹のでかい『毒虫』に変わっていた。
固い甲殻の背中を下にして、仰向けになって。
まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられた腹部が見えた。


240 名前:pre-school 投稿日:2000/10/17(火) 09:24
I am a poisonous insect,yeah
(俺は毒虫、イェー)

241 名前:山田芳裕 投稿日:2000/10/17(火) 19:06
すとすと
どがら
「起きゃ〜〜〜!求列呉尾流 坐無座!」
「…障子越しの陽も又一興。フフフ…いやなに。ちょいとばかり気掛かりな夢を見たが…もの憂きも又良い。」
どがば
「ぎゃ…ぎゃ〜〜〜!の、のに〜〜〜、坐無座…!」
フト
「…ん?ほう。これはまた興味深い姿になったものだ。
これは、…大きいな。うん?堅い殻で節ごとに覆われている…。
酔狂な、フッ…。だが面白い!これでは貴様も手も足も出せまい、虎之介!
なにしろ関節毎に鎧に覆われているような物。」



242 名前:岬兄悟 投稿日:2000/10/17(火) 23:48
 頭蓋が鋼でできているかのように、頭が重かった。
 街の朝の雰囲気に起こされて目を覚ましたものの、グレゴール・ザムザはベッドから起
き上がることができないでいた。
 昨晩の悪夢のせいであろうか。
 グレゴールは仰向けのまま、夢のことを思い出そうとした。だが不安な感触以外は思い
出せなかった……。
 平たく体を伸ばして寝床によこたわり、硬く重い背中を支点にふらふらと揺れていた。
 主観的にはJの字に頭をもたげ上げ、仰向けのまま、ぐにっと自分の腹を見下ろした。
 暗い部屋にシングルベッドが壁に押しつけてあり、中央に身体は伸びている。
 グレゴールの上に向けた腹に褐色で伏せた弓形に膨れた節の連なりが照かっていた。呼
吸に合わせて上下している。
 寝室は暗かったが、今はもう朝といえる時刻だった。
 わさわさわさ……。
 身体の左右のたくさんの脚が足掛かりのない空中を這い回る。
 頭がぼんやりしていたが、かなり変なことが起きているらしい。だが、これは幻覚なん
かではない。しかし、夢でもない。なぜならば先ほど夢から覚めたからだ。
 ああ、そうか。私が見ているのは私の腹なのだ。そして……。
 そのとき、ふいに膨れた腹節とたくさんの脚のことがくっきりと脳裏に浮かんできた。
 グレゴールはうろたえた。すでに彼は人間ではなくなっていた。
 その朝に目覚めた瞬間からグレゴールは人間ではなくなり、床を這いずる巨大な毒虫に
変身してしまったのである。

243 名前:あまんきみこ 投稿日:2000/10/18(水) 08:11
 茶色のぴかぴかの毒虫が、一匹、仰向けになっていました。
 しゃがみこんで、さっきから、ねっしんに腹部をしらべているのが、
このベッドに寝ていた───グレゴール・ザムザさんでした。丸い
背中には、つぶつぶ毒液がひかっています。
 不安な夢を見て、今、おきたところでした。
 ちっ───
 ザムザさんは、らんぼうなしたうちをしながら起きあがりました。
思ったとおり、おなかに分け目が入っていたからです。

244 名前:ジェフリー・ユージェニデス@ヘビトンボ… 投稿日:2000/10/18(水) 10:09
 グレゴール・ザムザが突然毒虫になった日の朝の事を、ぼくらは一連の資料から次のように理解している。雑然と散らばった布地のサンプルがテーブルに乗ったいつもの部屋で、グレゴールはまず最初に、何か気をひどく滅入らせるような夢を見た。「それまでも夢の話をときどき聞いた」と訪問販売員仲間だったジェレミー・フォンテインは後年、自動車のパンフレットをプラスティックケースに納めながら語った。「その話ほど俺を退屈させるものはな
かったんだが。いや、聞いてやったさ。布地の訪問販売なんて、そう希望に満ちあふれた仕事とも言えないからな」

245 名前:栗ちゃん2号 投稿日:2000/10/18(水) 11:29
今日、朝に部屋で目が覚めて起き上がろうと思ったんですが
一瞬自分の体がなんか変な感じがして
しばらく自分の体を見つめていたんです
そしたら僕の手らしきものがワラワラ左右に動くんで驚いてさらに見ていたら
手足が6本もあるのです
思わず「6本ぞー!」と叫んでしまいました
たしかに毒虫のようになってました
腹部は平面でなく節がいくつもついていて、
ちゃんと腹の中まで見えました
しかしなんで毒虫なのでしょうか
毒虫にお心当たりのあるかた教えてください



246 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/18(水) 17:05
>>227
良かった

247 名前:買ってはいけない 投稿日:2000/10/18(水) 17:34
堅い甲殻と褐色の腹部、常識はずれの巨大さで大人気の
グレゴールザムザ。
輸入解禁以来のフィーバーぶりは皆さんご存じのとおりである。
しかし消費者はその危険性に気づいているのだろうか?
まず、ザムザは立派な毒虫である。その毒性は以前より指摘されており
ザムザの体液30rをラットに投与したところ80%以上が死亡したという
報告がある。さらに体液5%を混入させた餌を3ヶ月間与えたウサギは、
発ガン率が通常の30倍以上との実験結果もあり、原産地のチェコでは
とっくに国内での販売は禁止されている。
ところが、外圧に負けた日本政府が輸入を受け入れてしまった為、
今や日本中がこの巨大な毒虫だらけである。
こんな危険な生物を飼う必要があるのか?
どうしても毒虫が欲しければ、私は日本古来の「百足」で充分だと思う。


248 名前:名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日:2000/10/18(水) 18:36
>>247
巧い(笑)

249 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/18(水) 20:08
>私は日本古来の「百足」で充分だと思う。
笑った。

250 名前:挫無残邸事件 投稿日:2000/10/18(水) 23:26
 意識下の警告。
 それはどこからやってくるのだろう。文字どおり意識の床下か。体表によって肉体から隔てられた外界から感覚器たちに取り入れられた情報が、ハシゴ型の神経を通り、日ごろは忘れられているルートをたどって意識へと−−脳へと届く。そして黄色い警告灯が明滅する。異常。異常。異常。
 だがそれには言葉がなく、音もなかった。グレゴール・ザムザを不安な夢から覚醒へと移行させたのは朝という習慣だったかもしれない。ベッドの上で目を覚ましたとき、部屋のなかはひっそりとしていた。
 背中を下にして、身体を真っすぐ伸ばし、一秒か二秒のあいだ、目覚めた状態のまま、グレゴールは見えているものを理解しようとしていた。いきなり目覚めて、なにかおかしな感覚に驚いていた。夢が実際の生活に影響を与えるわけはないのに、どうして?
 寝起きははっきりした性質(たち)だ。一度目覚めてしまえば、すっきりすっぱりパッチリ目覚めしまう。仕事がきつい時期だって、それが自慢の種だったのだ。どれだけ前日はげしい仕事をしても、少し眠れば翌日に残すことがない。隣の部屋にいる妹が忍び足で夜中ににやってきて、ふざけ半分にシーツをかぶって、彼の顔を羽はたきで撫ぜたことがあるのだけれど、そのときだって、朝食の時になるまで、何とも目がさえて寝なおせなかったほどだ。
(きっと、殺されるんじゃないかと思ったわね、お兄ちゃんに)
 だが今は違う。よこたわったままグレゴールは、しだいに身体が強ばり、緊張が高まってくるのを覚えた。
 部屋のなかに、また妹がいるのか?
 最初に考えたのはそのことだった。他人の気配で目覚めたのか?
 動くに動けない。瞬きさえできずに、息を殺して周囲の物音に耳をこらした。でも、何も聞こえない。
 よし、寝返りをうってみよう。できるだけさりげなく、自然にやるんだ。そうして気配をうかがう。部屋のなかに誰かいるのなら、きっとリアクションがあるはずだ。
 目はどうしたわけか閉じることができない。それから身体を反転させるために勇気をふりしぼらなければならなかった。悪い予感ばかりがどんどんつのっていた。絶対、普通じゃない。なんかおかしい、今のこの状態は。
 一、二の三で身体を動かしたそのとき、背中がひどく重かった。それを証明するようなベッドの大きな軋み。
 グレゴールはベッドの上で引っくり返ろうと身体をゆさぶった。覚醒が進んだ意識に仰向けに寝ていて枕を見ることができる不条理を、ほんの一瞬意識した。そして深く考えたわけでもなく、反射的に身体をゆさぶるのをやめた。背中の丸みに合わせて身体はゆっくり振れた。ベッドの軋みに合わせて背中が乾いた音をたててシーツを押しつぶす。
 違和感の元を探り当て、考えた。いったいどうなっているんだよ? 叫びだしそうになりながらも手も足も出ずにいるとき、初めてパニックが支配した。今度は力を奮って、腹の底から勢いをつけて、ズドーンと起き上がるつもりだった。
 今やすべての分別を忘れ判断力も失って、グレゴールはベッドから飛び起きようとした。頭がある程度持ち上がったとき、自分の腹が見えた。なめらかに艶のある褐色で横に筋目のあるふくれた腹が目に入った。その両端にはたくさんの足が蠢いていた。気力を失くして力を抜きながら、グレゴールは元通りベッドに倒れ込んだ。
 認識が下腹のあたりから駆けのぼってきた。神経全体がピンと張ったワイヤになって、その一端をひっぱたかれたみたいだ。グレゴールが掴んだ認識は、それ自体が恐怖で硬直と痙攣をもたらしながら、身体中を駆け回った。
 でっかい虫だ。どうしよう、毒虫になっちまった。

251 名前:尾崎放哉 投稿日:2000/10/19(木) 10:48
虫になっても一人

252 名前:中也 投稿日:2000/10/19(木) 12:12
変わつちまつた悲しみに

253 名前:ぞうさん 投稿日:2000/10/19(木) 20:47
「僕さあ、この前、何か嫌な夢を見たんだよね。
 それで目が覚めたら、、、毒虫になちゃった」
「・・・・・・・・・・・そうゆうことってよくあるよね」
「それでね。まあとにかく起き上がろうとしたんだよね。
 でも上半身を起こそうとしたら、背中がごつごつとしたせいか
 ごろんって一回転して、またもとの姿勢に戻っちゃってね。
 で、また起き上がろうとしてもごろん、起き上がろうとしてもごろん
 何回やっても元の姿勢に戻って、結局起き上がることは出来なかったんだ」
「・・・・・・・・・・・オートリバースだね」

254 名前:中也2 投稿日:2000/10/19(木) 22:14
私の上に降る林檎は
いとしめやかになりました

255 名前:放哉 投稿日:2000/10/19(木) 23:55
悪い夢を見て虫になる

256 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2000/10/20(金) 02:19
33>>204の紫式部さま
堪能いたしました。
何か気に障ったのなら、ごめんなさいです(笑

257 名前:ひょうきんベストテン 投稿日:2000/10/20(金) 13:17
 「さーて今週の第1位は?」
と、KANSAIを着た山村美智子アンド島田紳介。
「恋のぼんちシート」ザ・ぼんちのお二人です!!」
異常な量の紙ふぶきのなか登場する2人。紙ふぶきが口にはいったりして苦しそう。
 「アレ?どちら様でしたっけ?」と紳介

「ぐ、ぐ、ぐ、ぐれご−−−る、おざむざちゃんです!!!
ありー?コン(頭をたたく)潮来のいーたろうおぉーちょっとみなぁれぇばぁーー
薄情そうな渡り鳥〜。あ、むひょおぉ〜。むひょおぉ〜。(もう覚えてない)」

やっちった。


258 名前:フランツ・カフカ@高橋義孝訳 投稿日:2000/10/20(金) 15:35
 ある朝、グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、
自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。彼は鎧の
ように堅い背を下にして、あおむけに横たわっていた。頭をすこし持ちあ
げると、アーチのようにふくらんだ褐色の腹が見える。

259 名前:高志@邦楽板 投稿日:2000/10/20(金) 16:17
ザムザ最高!

260 名前:永井均 投稿日:2000/10/20(金) 22:06
「なぜ人を毒虫にしてはいけないか」という問いは本来単純で素朴な問いだが、発するに
憚られる問いでもある。問い自体を封じようとする何かの力。それを感じることが、この問い
を発する動機になるのだが……。

この問いには(毒虫にしてはいけないという結論に導くための)答えがない。もし、正直に
答えたければ、究極的には理由はないが、「とにかく」毒虫にしてはいけないのだ、と答え
るしかない。しかし、それはすでに問うてしまった者をけっして納得させないだろう。

もし、無理に答えようとすれば、「きみ自身やきみが愛する人が毒虫にされる場合を考えて
みるべきだ。それが嫌なら、自分が人を毒虫にする場合も同じことではないか」という「相
互性の原理」を持ち出すことになる。でも、そんな説明が説得力をもたない場合だってある
のだ。

・自分などいつ毒虫になってもいいと思っているし愛する人などいないという場合。
・自分が毒虫になるのは嫌だが、だからといってそれがどうして自分が他人を毒虫にして
 はいけない理由になるのかわからないという場合。

道徳の要求を凌駕するようなもっと強い動機をもった場合にも、説得力をもたない。その場
合、道徳は一旦考慮された上で捨てられるのである。

「なぜ人を毒虫にしてはいけないのか」という問いに対する本当の答えは、実ははっきりし
ている。

「重罰になる可能性をも考慮に入れてどうしても毒虫にしたければやむを得ない」という肯
定である・・・だれも公共の場で口にしないがこれが本当の答えであり、誰もが知っている
自明の真理でもあるのだ。


261 名前:おねがい 投稿日:2000/10/20(金) 23:31
自分文才ないので、おねがいですが、週刊文春の「淑女の雑誌から」で誰か・・・

262 名前:結城彩雨 投稿日:2000/10/21(土) 04:06
源三はザムザの頬をたたいた。
ザムザは低くうめき、顔を右に左にと振るようにして意識を取り戻した。
「フフフ、お休みのところ悪いが、奥さんの為におもしれえものを用意したんだ」
ベッドの前には全身の写る鏡が用意されており、いやというほどザムザの姿を映し出した。
その姿はまさにおぞましい毒虫そのものだった。
「ひ、ひどいわ!・・・こんなのひどい!」
源三はザムザの背中をまさぐった。ザムザはその行為のおぞましさにガチガチと歯を鳴らした。
「フフフ、どうしたんだい奥さん、こんな背中を固くして」
「いやあ・・・かんにんして」
もうどうにもならない絶望とあきらめがどす黒くザムザを覆った。
「驚いたぜ。分け目の入った腹から足が6本も出てるじゃねえか」
「あ、ああ・・・いや、言わないで」
源三は狂ったようにゲラゲラ笑った。まだ肉宴ははじまったばかりなのだ。

263 名前:虫愛ずるネカマ 投稿日:2000/10/21(土) 05:44
英米文学もお願い!

264 名前:星新一 投稿日:2000/10/23(月) 04:13
ノックの音がした。

ここは郊外の住宅地。Z氏はベッドから起きあがろうとしてどきりとした。
自分が毒虫になっているのに気づいたのだ。自分のからだは中肉中背、とりたてて
美男子というわけでもない。しかし今の自分は褐色の腹部をあらわにしたみにくい
毒虫なのだ。

Z氏はあわててふとんをかぶろうとしたが、うまくかぶれない。そうこうしている
うちにまたノックの音がした。

「どうしたんだい、気分でもわるいのかい。」
「なんでもないんです。ほうっておいてください。」

そう言おうとしてZ氏は自分の声が声にならないことに気づいた。

265 名前:朝、でっかい毒虫が泣く投稿日:2000/10/23(月) 22:28
 その朝、自分のベッドの上で目を醒ましたグレゴール・ザムザは立直れないほどのショッ
クを受けた。仰向けのまま体がままならなかった。彼は大いに焦った。そして、怯え
たりもした。
 グレゴールは自分の腹が見えるまで頭をもたげると、光沢のある褐色の弓を伏せて並べ
たように膨れて横に分け目の入ったたくさんの節をしげしげと見つめ、あんぐりと口を開
けて、しばらくの間それを眺めていた。そのあと頭をまくらに落として、軽く唸ったり尾
を振ったりして、さかんに口をモゴモゴさせた。たぶんグレゴールは、「あそこにいるば
かでかい生きものは何だ?」と、訊きたかったのだろう。少なくとも百足や紙魚の仲間だ
とは考えていなかったに違いない。それからしばらくして、自分のことがわかってきたと
きに人間ではない毒虫になってしまったと気がついて、ひどいショックを受け……

266 名前:電報対決@とんねるずのオールナイト投稿日:2000/10/24(火) 12:24
ドクムシミッキーヤスカワ

267 名前:吾輩は名無しである投稿日:2000/10/25(水) 01:36
ソムトウ・スチャリトクル 冬川亘訳

ドクムシノ    おお!毒虫が
アシヲタタミテ  正座をして死んでいる。
シニニケリ    何と美しい死に様であることよ!

―― 蕪村(一七一六〜一七八三)


目覚めるとムシダ・リョーコは毒虫になっていた。
日本民族の偉大なる父祖、夢を見る毒虫「ゲゲゲゲゲグゴゴゼザムザ」の
遺伝子が子孫たちの間で発現すると予言された日だった。
リョーコは不思議な安堵感を味わっていた。毒虫とのファーストコンタクト
により自分たちの祖先が毒虫であると判明した日以来、
全ての日本人は自らが侵した先祖殺しの原罪に苛まれ続けていたのだ。
その重荷から逃れる術は毒虫になることをおいて他になかった。

リョーコは辺りを見まわした。この特別な日に「シコク」に集まった
人間の中では他には何人かが毒虫になっていたが大部分は人間のままであった。
近くにいた人間のままの男がリョーコに近づいてきた。
「おぉ!なんと美しいのだ。せめてその完璧な美の風景の中で死なせてくれ!」
そういうと白キモノからナイフを取りだし、自分の胃袋に突き刺した。

リョーコと一緒に来ていたジョッシは叫んだ。「あんたらジャパニーズは
みんなクレイジーだ!この毒虫のどこが美しいんだ!分からない!教えてくれよ!」
しかしセップクした男は既に息絶えていた。混乱したジョッシはリョーコの脚をつ
かんで揺さぶった。「おい!教えてくれ!どうなってるんだ。何とかいってくれよ!」
しかしリョーコの頭に浮かんだのは人間の言葉でなく、毒虫の真の話法トゥルー
スピーチだった。

   茶毒  飛沫蟲生
    ↓
光甲 ←不→ 触悪
    ↓ 
    節息 グポザゲモモモデバズズ

脚 脚
脚 脚
脚 脚


それらは到底人間の言葉には翻訳できるものではなかった。


シコクの特設舞台ではガガク・ミュージックに乗せてカブキ・スターの
ウタエモンが「懺無惨白暮浪漫(ざむざはくぼのろまんす)」をえれがんとに演じ
ていた。人々は少女と毒虫の美しい悲恋の物語に涙を流し、少女が身投げする
シーンでは恍惚とした表情を浮かべていた。そして黒サムライ達が近づいてカタナを
振り上げても微動だにせず、首を切り落とされていった。


「逃げろ!殺されるぞ!何してるんだ、早く!逃げろ!」
ジョッシは走り回って叫んでいたが老人の声に一喝されて立ち止まった。
「たわけ!」それはキンカクジの管長であった。
「そなたは生を一面的にしか見ておらぬ。そのような者には死の瞬間の持つ重大な
意味なぞ分かろうはずもない。『毒虫の、脚を取ったら、柿の種』そなたにはこの
ハイクの意味するところが分かるか!」
「分からない!分からない!分からない!」そう叫ぶとジョッシは
再び駆け出していた。


268 名前:吾輩は名無しである投稿日:2000/10/25(水) 11:58
>>264
「ゼット氏」とした方がより良い。

269 名前:木村卓球屋投稿日:2000/10/25(水) 15:18
朝起きたら大きな毒虫に変わっていた、
グレゴール・ザムザにスマーッシュ!!!


270 名前:264投稿日:2000/10/25(水) 15:36
> 268
ご指摘の通りでござんす。でもエヌ氏はよく出てもゼット氏ってほとんど出て
こないから語呂的にどうかなーと思ってしまったわけです。んで、日和って
Z氏にしてしまいました。

271 名前:宣伝投稿日:2000/10/25(水) 22:19
前回のスレッド同様、こちらのログにも 100 個刻み版を作りました。
よろしければご利用ください。

http://jove.prohosting.com/~oliinkai/

このスレッド全部
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx.shtml

100 個刻み
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx0.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx1.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx2.shtml

#番号で直接飛べます。使用例:
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx0.shtml#10
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/btx2.shtml#235

272 名前:264投稿日:2000/10/26(木) 17:50
よく読んだら前スレッドの126に星新一があるじゃないか。
しかも同じ「ノックの音がした」を踏襲しているしー。はずかちー。
いやしかし、「ノックの音がした」は傑作だなあ。


273 名前:名無しさん@1周年投稿日:2000/10/27(金) 15:37
フランス書院文庫はないのか?無理か・・・

274 名前:264投稿日:2000/10/27(金) 16:25
> 273
いや、実にやってみたい題材ですな。
フランス書院でも、ファンタジー系と実写系(?)とがあるし、作者によって全く
異なるし、面白そう。

275 名前:フランス書院では無いですが投稿日:2000/10/28(土) 09:50
 程よく肉付いているヴィーナスの丘には、ようやく生えそろった感のある恥毛が小判型
に薄く茂っている。
 だが、男は自分の本当の感想とは正反対の事を口にする。
「フン、かわいい顔してるわりにすごいはえっぷりだな、見てるこっちの方がはずかしく
なってくるぞ」
 悪魔のささやきに、ザムザはもう悲鳴をあげる事もなく、泣きながらイヤイヤを続けて
いる。
「さて、中身の方はどうなってるかな?」
 夢にまでみた毒虫の、誰にも晒した事のない秘苑をついに暴く事ができるのだ。男は
生唾をゴクリと飲み干して、マクラをザムザの腰の下に敷いて、腹を折り曲げて縛り上
げた。そして、その縄尻をベットの脚に括り付けると、ザムザは大開きの状態から一
切丸くなる事ができなくなった。
「見ないで……見ないで……」
 ザムザはしゃくりあげながら弱々しく哀願している。
 そんな毒虫のあられもない姿を見下ろし、男は激しく興奮している。大開きにされて
いても、男を知らないザムザの美苑は、ピッチリととじあわさっている。その下に視線
を落とすと、セピア色の菊座が小さなつぼみを咲かせていた。
「ザムザのオマ○コもケツの穴も丸見えだぞ」
 男はわざと卑猥な言葉を使って、ザムザに必要以上の屈辱を与えてプライドをもぎ取ろ
うとする。
 そのザムザは時々鳴咽をもらす以外は、しくしくとしゃくりあげているだけだった。
「じゃあ、どんなに汚いオマ○コか一応確認しておかないとな」
 男ははやる気持ちとは裏腹なことを言って、両手を緋ザムザ肉門に添えて、ゆっくりと
開いた。
 その瞬間、ピクンとザムザが痙攣したが、もう何も言わない。ただただ泣き続けている。
 恥辱の沈むザムザをよそに、男は露呈したザムザの美苑に感嘆の声をあげる。
「おお……」
 鮮烈なエメラルドグリーンの粘膜がキラキラと輝いている。汚れをしらないとはまさに
こと事だろう。と、少しだが濡れているようだ。多分キスのときに分泌されたのだろう。
「何だ濡れているじゃないか? キスだけでこんなベチョベチョになるなんて、おまえ淫
乱じゃないのか?」
 男は執拗にザムザを貶める。人間としてのプライドを打ち砕き、奴隷である事を認識さ
せるためだ。
 しかし、何を言われても、ザムザはしくしくと泣くだけで反応しない。
 一切の思考力がなくなっているようだ。そんな時の方が、味わうエクスタシーは強く印
象度は高い。今イク事を覚えさせる事ができれば、今後の調教は楽になるだろう。
「よし、ザムザ、イカせてやるから、たっぷり味わえ」
 男はそう言って、甲殻に覆われた肉芽をクルリとむき出し、微妙なタッチでくすぐり
はじめた。
 途端、ビクン、ビクンとザムザの腹部が痙攣をはじめる。
「どうだ、どんな気持ちだ」
 クリ○リスへのやさしい愛撫を続けながら男はザムザに尋ねた。しかし、答えは返って
こない。
 しかし、辛抱強く肉芽をいじり続けると、小さな喘ぎ声がザムザの口から漏れ出した。
「ああん……イヤぁ……」
 ――ああ、何なの? この感じ……
 せりあがってくる初めての感覚に、ザムザは戸惑いをおぼえる。
 ザムザの気持ちとシンクロするように、秘苑から愛液が溢れ出してきた。意外なほど多い
量に男は驚きつつも、順調に感じているザムザに更なる快楽を与えようと、粘膜にそっと
中指を挿入した。続いて、肉芽を口に含み、舌先でコロコロと転がし始める。
「ああっだめぇ!」
 生まれて初めて異物を挿入され、ザムザは恥辱にわななく。が、それも一瞬で、再び快感
の波に溺れ始めた。
「どうだ、気持ちイイだろう?」
 愛撫を続ける男に聞かれ、明らかに先ほどとは変化しているザムザがうわごとのように
答える。
「……ああん、わかりません……ああん、イヤん……」
 その感覚が気持ちイイかどうかはまだよくわからないが、ずっと浸っていたい誘惑にか
られてそれから逃げ出せない。
 そんなザムザを見て男は本格的にイカせるべく、中指のピッチをあげ、クリトリスをき
つく吸い上げる。
「ああ……イヤ……あん……だめぇ」
 ひっきりなしに喘ぐザムザは、その感覚を自分から求め出すように、遠慮がちに腰を動か
し始めた。
 その様子を見て男はほくそえむ。
 ――こいつ、きっちりし込めばド淫乱のスケベマゾ毒虫になるぞ。
 そうなれば、将来的にザムザを使って商売が出来るかもしれない。


276 名前:264投稿日:2000/10/30(月) 12:20
> 275
こんな文章でチンコピンコ立ちな俺様のナニは虫並。

277 名前:根岸鎮衛投稿日:2000/10/30(月) 22:12
南蛮の一國、チエコと云ひしか、布を商ひし、グレゴルザムザ為る名のもの有り。或朝
人ほどの毒むしに為るよし。古銅にて造りたる鉢のごとき甲を背負ひて、あまたの脚に
て這ふと。むかでや紙魚の類なりしか。家のもの祈祷などなすとも験なく、家の女過ち
て落としたる水菓子にて負ふ傷が元で患ひ、身まかるよし。

278 名前:アンドリュー・クラヴァン投稿日:2000/10/30(月) 23:14
はっきりと自分を知ることはとても難しい。だから、ザムザは毒虫になった。
ある朝のことだった。ザムザは自分のベッドに、どうにか横たわっていた。横たわることには成功していたのだ。


279 名前:「ものみの塔」風に投稿日:2000/10/31(火) 00:28
*** 目01 2/30 31 ザムザ―人間から毒虫,そして蝶に ***
ザムザ―人間から毒虫,そして蝶に

ドイツの「目ざめよ!」通信員

幼い少女が,細くて柔らかい髪をそよ風に波打たせながら,チョウを追いかけています。さあ,わたしたちも少女に加わることにしましょう。そうすれば,神の創造物の中でも特に色彩豊かな創造物に対するわたしたちの認識も深まるでしょう。

人間から毒虫へ

夜明けの薄明かりの淡い光が徐々に空に広がっています。冷気と霧が立ちこめる早朝,グレゴール・ザムザは不安な夢からふと目覚めてみると,ベッドの中で自分の姿が一匹の,とてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がつきました。「固い甲殻の背中を下にして,仰向けになっていて,ちょっとばかり頭をもたげると,まるくふくらんだ,褐色の,弓形の固い節で分け目を入れられた腹部が見えた。」(カフカ『変身』1:1)

ドイツ地方を旅行したいと思っておられるなら,この素晴らしい変態の様子を見つける喜びにあずかれるかもしれません。あるチョウの専門家は「目ざめよ!」通信員にこう語りました。「6フィート(約180a)の成人男性が,一夜にして1インチ半(約4a)のイモムシに変化する様子は,まさに自然界の神秘である」。

しかし,醜いイモムシとしての生活も,やがて終わりを迎えます。さなぎの中で長い眠りを迎えた後,蝶として新たな人生を始めるのです。

わたしたちが最初に見ていたチョウは,鮮やかな色を放って再び舞い上がり,どこか知らない場所に行こうとしています。毒虫はとかく嫌がられる虫ですが,蝶へと変化する驚くべき設計図を持つこの昆虫は,確かに創造者が科学の天才である証拠を提出しています。―箴言 30:24と比較してください。

280 名前:W・H・ホジスン投稿日:2000/10/31(火) 20:59
 久しぶりのカーナッキの夕食の招待にわたしたちはチェイン・ロードに集まった。夕食が済み、めいめい葉巻でくつろぐと、カーナッキは切りだした。

 今回、間が開いたのは、ヨーロッパに行っていたためだ。いろいろな街に滞在したが、今日はチェコのプラーグの事件を話そう。たいへん興味深いものを見たが、写真はない。フランスで赤帽に乱暴に扱われて、カメラは壊れてしまったからだ。
 さて、プラーグの事件だが、ある朝グレゴール・ザムザと云う名の若い服地販売員が失踪した。もちろん仮名だ。そのアパートに同居していた家族はその両親と妹だ。つてを頼ってその妹がわたしの元を訪れ、わたしに調査を要請した。わたしが当地の言葉に慣れていないせいか、この時の会談では失踪後の家族自身による調査の進展については要領を得なかった。しかし、なんらかの巨大な生物、あまり一般的でない、が関与しているという印象をわたしは受けた。そこで興味を感じたわたしは、失踪したその兄の部屋について調査することにした。
 着いてみると、両親ともひどく怯えていた。それもそのはず、足元を巨大な毒虫が這い回っているのだ。
「あれはわたしたちに決して危害を加えようとしたことはありません。」彼女は生真面目な若い娘にありがちの真摯な口調で説明した。
 さらに説明を求めると、その虫はグレゴールが失踪した朝に現われたことがわかった。わたしはその褐色の身体を仔細に観察した。体長は6フィート以上でわれわれの身長よりも長い。背中は丸く盛り上がっており、硬い鎧状の甲殻で覆われていた。人間ならさしずめ腰というべきところから後ろは、幅の狭い節が連なった尾になっていた。どうやら身体の左右にたくさんの脚があるらしい。その甲殻の左右の端はひどく傷んでいた。体重はわれわれと同じくらいだろう。
 次に失踪したグレゴールの部屋を測定した。ドアの軸側の低い位置、また、間口のほぼ同じ高さにかすかに擦った跡があり、床にはあの虫の脚の一部とおぼしき組織が落ちていた。母親に訊ねると、そんな気味の悪いもの、と言うだけであった。ベッドの乱れ方からみても彼の失踪後のまま現場は保存されていたようだった。調査のためにはたいへん有り難い。間口の状況と虫の傷、それぞれの寸法から、あの虫はこの部屋から外に出たことがあるらしい。したがって、その巨大な虫がグレゴールである、もしくはあったかもしれないということだ。
 これは人間の霊的防壁が外界からの影響に屈した事例だろう。グレゴールは外界からの干渉の焦点になりやすいなんらかの条件を持っていた。しかし、心霊的門となるには不完全であったために、いわゆる取り替え児現象が発生した。すなわち、肉体のみ外界の怪物を通過させてしまい、彼の精神はこの虫に閉じこめられているとわたしは考えた。この見解のもとでは、官憲の手が入っていないことは事件解決のために僥倖であった。もし、この変身と同じ条件を再現できれば、その不安定な平衡を利用して逆変身させられるかもしれない。それから防壁の強化を行なうことでグレゴールを人間に戻すことができるだろう。

281 名前:モンゴメリ投稿日:2000/11/01(水) 05:42
「ああ、目が覚めたら全く別の生き物になるなんて、どんなに
 わくわくすることでしょう。悪い魔法使いに、白鳥の姿に変えられて
 しまった王女様も、こんな気持ちかしら。ああ、私の髪も目が覚めたら
 この子の甲羅のように、突然真っ黒になったりしないかしら。
 変身してから見る夕日は、湖は、いつもと違って見えるのかしら。
 そうだわ、私、この子をグレゴール・ザムザって呼ぶわ。
 グレゴールはeのついたグレゴールよ。ただの毒虫って呼ぶのって、
 ロマンチックじゃないと思うの。」

282 名前:椅子投稿日:2000/11/01(水) 10:01
>281さん
モンゴメリ、と言うより、村岡花子さんですね(^^)
(でもお上手〜♪)

283 名前:>279投稿日:2000/11/01(水) 12:09
うまい。笑わしてもらいました。ありがとう。

284 名前:大岡昇平投稿日:2000/11/01(水) 20:37
 或る朝グレゴール・ザムザは悪夢をともなう眠りから醒めた。眼を覚ますと、部屋のな
かは暗く、彼はベッドの上に仰向けで横たわっていた。
 奇怪な観念がすぎた。彼は眼を見張り、見廻した。あたりが自分の部屋であることに気
がついて、なんの変哲もない朝だと思い、悪夢に想起された観念と感覚の混乱と判断した
が、実はその時既に変身していたのである。
 彼の体はただだるく感じられた。病気だろうかという観念が彼の心をかすめたのはこの
時である。彼は初めて悪夢から覚醒した時の異常な感覚から、こういう重大な感覚の違和
感を誤解してしまった。
 起き上がろうとしたが、背中が重く頭を持ち上げることが出来ただけであった。
 咄嗟に頭を落とした彼は、自身の胸の先に、夜の海のように鈍く輝く、膨れた数個の波
が並んでいるのを認める暇があった。そして、その弓を伏せたように盛り上がった褐色の
曲面の両側に、硬い艶をもつ細い草のようなものが風にそよぐように並んでいるのも。
 彼の眼は我にもあらず視線の先にあの褐色の波を探したが、既に枕に頭をついた眼の位
置からは、それは見えなかった。まだ、重い背の丸みに合わせて彼はベッドの上で揺れて
いた。
 もう一度、見究めなくてはならない。逡巡が彼を捉えたが、彼は押し切った。或る行為
をしたいと欲し、結果の確率が不明の場合、彼はいつもやってみることにしていたのであ
る。家族が彼を起こしにくるまで待つことは、彼のこのような性質上、不可能であった。
 狼狽と逡巡の裡(うち)に眺めれば、腹節は一層硬質に輝きを増すように思われた。彼
はもう一度それが自分の腹であるかどうか疑ってみたが、無駄であった。見凝めれば、そ
の外骨格はますます明らかに、自身の呼吸に合わせて上下していたのであった。

285 名前:吾輩は名無しである投稿日:2000/11/02(木) 01:57
ザムザ

どくむしポケモン
1.7m 62.0kg
タイプ1:むし タイプ2:どく
あさ めが さめたら どくむしに なっていた。
むしなのに りんごが きらい。

グレゴールからレベル18で進化
(グレゴールはプラハ21ばんどうろでゲット)

基本 たいあたり
基本 にらみつける
レベル6 いとをはく
レベル8 つのでつく
レベル12 どくばり
レベル18 いやなおと
レベル24 ちょうおんぱ
レベル32 どくどく
レベル35 みだれづき
レベル40 すてみタックル

286 名前:ディア ダディ ロング レグ投稿日:2000/11/02(木) 21:28
 わたしは朝目が覚めました。昨夜ベッドで6時間眠りました。とても奇妙な胸がむかむ
かするような夢を見ました。だってわたしは今までこんな変な夢を見たことがなかったん
です。
 毒虫って、とっても大きくって、とってもまごついています。――わたしは朝起きたら
毒虫になっていたんです。もっと気が落ち着いてから体の様子をお知らせするつもりです。
 知らない人に手紙を書くなんて変な気がします。第一手紙を書いてること自体変です。
わたしは蟲になってから、体の両側にむやみやたらと脚が生えています。ですけど、ペン
を持てないのですから、字が書けるわけないですね。
 おう!!!
 こう悲鳴を上げたつもりだったんですが、ひどく具合の悪いことに声にさえならないの
でした。それはこの図のような虫の体のせいです。
 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
⊂□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□○
 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
 それはひどく恐ろしいことに、ちょうど目が覚めて仰向けから体を起こしたときに――
ひょいと――頭をあげるとそれが目に入ったのです。わたしは倒れる直前に小さく膨れた
茶色の節がたくさん並んでいるのを見てしまいました。わたしはいきなりベッドに背中を
打ちつけて――そのとき硬い背中の丸みで二度ほど揺り返しました――体の後ろ半分は見
えましたが、残りの半分も50本の脚がわさわさとわたしの意志と関わりなく逃げようと
しているのでした。
 お粗末さまでした。
                               グレゴール・ザムザ

287 名前:中井英夫?投稿日:2000/11/03(金) 20:51
「あゝ」
 主ザムザの嘆きに他愛もなく薔薇の精はたいへん、
逃げなくっちゃ、とひととき綾なる尾を曳いて、
「あゝ、口惜しい、冷たい牢獄にもにた甲羅を身に、
わたくしはこれから生きていかねばならないのね、
たまたま虫として生まれ変わったばかりに、もう薔
薇の棘さえあじわうことも叶わぬとは」
 眼を伏せて主がお泣きになられたころには、もう
窓の外で螺旋を織りなしてい、むせぶばかりの香は
幽かにも残っていなかったのです。

288 名前:hau投稿日:2000/11/03(金) 20:55
zamuza=musi

289 名前:吾輩は名無しである投稿日:2000/11/05(日) 07:37
age


290 名前:さまぁず 三村投稿日:2000/11/05(日) 22:13
毒虫かよっ!

291 名前:南木佳士投稿日:2000/11/06(月) 20:16
 早朝のプラハの街の喧騒が漏れ入る自室のベッドの上で、グレゴール・ザムザは目を覚
ました。小鳥たちのさえずりが閉じた板戸を通して窓の方向から降ってくる。服地の販売
員になって数年、この時刻に目覚めるグレゴールだが、いまだに鳥たちの声を聞き分けら
れない。窓から部屋のなかに入り込む様々な鳥の声は、グレゴールにとって幼い頃から呼
吸している街の空気の一部となっていた。
 その朝目覚めてから、グレゴールはおかしなことを感じるようだった。十本以上の脚と
硬い甲殻で覆われた体というのは今朝方見た悪夢がもたらした感覚の錯誤のようだったが、
ごく常識的な指向の彼のときおり感じる奇妙な印象は、彼の意識に巨大な落し穴を開けて
いた。
 部屋はいつもと変わらなかった。グレゴールはあおむけに横たわっていた。彼は人が虫
に変身するような馬鹿馬鹿しい夢から覚められないのはどうしたことだろうか、と真剣に
考えた。そんな想いを頭の中で回しながら、ベッドのシーツの上で、ままにならない感覚
がなくなるまですごした。そうやってから足もとを確かめずにはいられなかった。
 グレゴールが枕から顔を上げると、体節が段を造っている茶色い下腹部が延びていた。
弓型の甲殻の波の連なりが、彼の呼吸に合わせて上下している。彼は巨大な毒虫になって
いるのを確信した。

292 名前:名無しさん@1周年投稿日:2000/11/07(火) 07:34
>>286 今ごろですが、絵がいいですね。そう、あの子って、手紙に絵を書くのよね。

293 名前:愚痴スレッド@2ch Leaf・Key板投稿日:2000/11/09(木) 04:14
朝起きたら虫になっとったぞゴルァ(゚д゚)

294 名前:都築道夫投稿日:2000/11/09(木) 19:57
 目がさめると、部屋のなかは薄明るくなっていた。
 どういうわけか、首すじにうそ寒さをおぼえながら、彼はあおむけに身をよこたえてい
た。頭のなかの暗闇を、背中に硬い甲殻を並べた、巨大な虫が這いまわる。昨夜の悪夢が
奇妙な錯覚を生みだしたのだろう。気が狂うのを予知して脅えながら待っているような不
安な気持ちだった。
 けれど、こんな疲れはてたからだで、無理に行動を起こすよりも、何も考えないことに
したほうがよい。そう思ったのは、まったくのごまかしだった。理解できるような気はし
ていたが、とつぜん新しい意味を持ってきたのは、背なかの重さと硬い丸みに気がついて
からのことだった。疲れではなかったか、と考えはじめたのだ。それを彼はたしかめたかっ
た。どうして、昨夜の悪夢と目がさめてからの現実とを間ちがえるほど似ているのか、そ
のわけも知りたかった。自分のからだは、どうなっているか、見たい、と思って、重い頭
を振りながら、寝床の上で起きあがろうとした。けれど、そのとちゅうで彼はあおむけに
夜具のうえにひっくり返った。背なかが、思いのほか重かった。
 ふたたび彼は力をこめて起きあがった。上半身だけが寝床の上に起きあがる。彼は口の
なかで叫びをあげて、硬直した。
 褐色の蛇の腹の鱗みたいなものが、彼の腹の上でいくつもいくつも折重なって、にぶく
光っていたからだ。彼のこころの状態から考えても、それが幻覚だとは思えない。小さく
縁を光らして、彼の呼吸は起伏を波うたせていた。恐怖のあまり、目をそらすことも出来
ないで、彼はその恐ろしいものを見つめつづけた。

295 名前:大屋政子@グレーテ投稿日:2000/11/09(木) 23:25
うちのおにーちゃん、虫になってもーたーっっ。

296 名前:ひみつ日記投稿日:2000/11/10(金) 17:19
9月20にち

今日カフカのところへいった。
ザムザはいなかった。
リンゴをいただいた。
エラーが出るほどなでられた。
声に出しそうだった。

今日はどくむしを手に入れた。ラッキー。

----------
モモ

297 名前:荒木飛呂彦投稿日:2000/11/10(金) 17:56
こッ…これはッッッ!!
ムシ!ムシかッ!  ・・・・・・・・・・・・
なんということだッ!おれがムシになっただとッ!!!!!
(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……)
そうっ!この褐色の硬い腹ッ!
我慢できるのかッ?いや!それは無理ッ!!!
(ドキューン)
戻ろうとしてもッ!!無駄だというのかッ!!!!!
無駄無駄無駄無駄無駄無駄ッ!!無駄だッ!!!!!!!!!

298 名前:ザムザのダチ投稿日:2000/11/11(土) 14:51
彼は虫になりました。半年は戻りません。

299 名前:街角美人投稿日:2000/11/13(月) 21:11
朝になったら毒虫美人。
無論、私がその女。
褐色かつ、甲羅が固い。
その毒々しさたるや、家族が林檎を投げつけるほどだと言うわ。
今日も私は下水を彷徨っていたのだけれど、それは毒虫小僧なのかもしれないわ。
そんなプラハの春、残る未練は会社の給料。
支配人に直。
毒虫「虫になりました。有給休暇ください」
支配人「・・・」
毒虫「虫になりました。有給休暇ください」
支配人「・・・はい」
虫になって、よかったわ!

300 名前:吾輩は名無しである投稿日:2000/11/14(火) 09:59
age

: ホーム :