[an error occurred while processing this directive] ■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
文体模写してください ☆601 〜 700☆
601 名前: 清涼院流水(人名辞典編) 投稿日: 2000/07/25(火) 02:47
 Dネーム:グレゴール・ザムザ
 本名:逸菟麓賢(いつと・ろっけん)

 JDCに所属するメタ探偵。もともと馬に乗って真相を
看破する「馬求推理(ばぐすいり)」の使い手だったが、
ある朝、虫(BUG)に変わってからは犯罪計画のあらさが
しをする「バグ推理」しかできなくなった。事件解決には
役立たないため、現在は第7班に降格。極度の暑がりであ
り、Dネームはそこからつけられている(くれ、凍る寒さ)。
また「バグ推理」は犯人からの恨みを買いやすいというハ
イリスクな面もある。

 ばぐすいり
 はいりすく


602 名前: 岸田秀 投稿日: 2000/07/25(火) 02:55
人間は虫という幻想を共有しているというのがわたしの出発点である。もちろん、幻想であるから、虫に本来備わっている変態能力も壊れている。変態能力が壊れているということは、人間は環境要因によってはいわゆる正常な変態、変身ができないということである。人間は、変態能力によってネオテニー状態を脱し、成体として男が女を求め、女が男を求めることはない。正常な変態ができないということは、人間は基本的に虫ではないということなのである。しかし、それでもまれに人間は幻想に頼ることで、朝の目覚めから虫に変身してきた。もちろん「まれに」であって、虫に変身した人間が変態を遂げるまでに虫の本能、変態能力を発揮した例は見られない。フランツ・カフカによれば、人間が毒虫化したのがグレゴール・ザムザである。固い甲殻の背中、丸く膨らんだ褐色の腹部、その弓形の分け目の入った固い節などの虫類的特徴は、人類の進化の過程で突然変異的に獲得されたものではなく、ザムザのみに特徴的なものであって、ザムザ以外の人類においては幻想にすぎないというのである。すなわち、ザムザが共同幻想によりかかるあまりに人間的特徴を失い、ある朝目覚めて見出したのが一個の巨大な毒虫である。


603 名前: X-FILE 投稿日: 2000/07/25(火) 03:09
「変身」


■スカーリー:モルダー、一体今度の事件はなに? 容疑者がベッドで毒虫に変身しているなんて。まるで、カフカの「変身」そのままじゃない。

■モルダー:スカーリー、よく聞いてくれ。カフカは宇宙人にアブダクトされ、実験材料として使われた。その時の記憶を元に「変身」を書いたんだ。実験中の記憶を絵や文章に残すのはよくある例だろう。

■スカーリー:そんなの非現実的だわ。



604 名前: ジャン,リュック,ピカード 投稿日: 2000/07/25(火) 03:13
宇宙暦、41875、3。
艦長日誌補足。朝目覚めると、気分が重い。なんと虫になっているではないか。
またQの仕業だろうか...

「ライカー副長、至急艦長室まできてくれ。」

「はい、艦長。」

「それと、非常警報だ。」

「なにかあったのですか?」

「あぁ、おそらくQの仕業だろう。」


605 名前: 立川談志(家元は帰るぞバージョン) 投稿日: 2000/07/25(火) 03:20
(談志)うー……、朝起きたら虫になってたって話があるね。カフカの「変身」ってやつ。
    あれをもって不条理文学の傑作だなんて持ち上げる連中が、ずいぶんいるけども。
    あの程度の不条理なら、落語の世界にゃいくらもあるんで。別に驚きゃしない。
    ……朝起きたら、犬が人になってた、朝起きたら、頭から桜の樹が生えてた。
    で、そうなったらなったで愉快に話が進んでいくのが、また落語の良さで。
    我が身に起こった不条理を受けとめつつ、あるがままに生きる。
    これすなわち、あたしがいつも言っている「業の肯定」というやつね。
    ザムザには、というかカフカ自身にこの視点がなかった。哀れなもんですな、考えてみれば。
    ……ちょっと。お客さん悪いけどね。目の前で寝られたんじゃ、やりにくくって仕方ねーんだけどな。

(客) ……うるせーな。ところどころ聞いてるよ。それとも師匠、聞きたいけど眠くてしょうが
    ないっていう俺の業は肯定してくれないのかよ。

(談志)な、何を偉そうなコト言ってやがる。……今日はもうしまいだっ。帰る!!



606 名前: ラシャーヌ! 投稿日: 2000/07/25(火) 03:24
父「ラシャーヌ!」
ラ「おや? 誰か来たよ」
ば「まあぼっちゃまが虫になってる所なのに」
父「いるのはわかっとる! 出てきて説明せんか!」
ば「すみません 甲羅はクリアーしてもう六本足になってるんですけど」
父「はあっ?」
ば「あらまああらまあだんな様どうされたんです」
父「どうもこうもない! ラシャーヌの部屋に巨大な虫が出入りしとると朝から近所の苦情がきとるんだ!」
ば「巨大な虫? ああ あれね。ぼっちゃま、だんな様が」
ラ「細い足、六本って案外バランスがとりにくいなあ」
父「うん?」
ば「ぼっちゃまが朝になったら虫に変身してたんです」
父「ああ それで甲羅とか六本足とか。はやっとるからなあ
  で、ラシャーヌは何に変身してるんだ?」
ば「毒虫です」
父「いーかげんにせー! 毒虫なんぞに変身されてたまるか!」
ラ「じゃあ父様はアゲハに変身すると貯金がたまるんですか?」


607 名前: 麻原彰晃 投稿日: 2000/07/25(火) 03:30

1995年杉並道場にて

変身するぞ!!
変身するぞ!!
変身するぞ!!
変身するぞ!!
変身するぞ!!
変身するぞ!!


608 名前: 虚偽スポ 投稿日: 2000/07/25(火) 03:32
今日のグレゴール・ザムザ:虫に!

 虫と言えばこれはもう間違いなく蟲でありごめんねあたし蟲だから愛されないの
きっとと言ってディー坂に土下座をした娘の世界が鏡地獄でありどちらを見たって
蟲だらけなのは改めてオーケンに聞くまでもないことではあるのだけれどそれにし
てもまさか自分が目がさめたら蟲になってたんですよ奥さん!なんてことになって
しまうとはさすがの頑固偏屈あごつかみじじいことグレゴール・ザムザさん(誉め言
葉)にとっても青天の霹靂であり観客のわれわれとしてもいきなり虫になったとか言
われても困るんですよ勘弁してくださいよ二つで十分なんですからと言わざるを得
ない事態であるわけだけれどもそれはそれとして今回のこの件で体は楕円形だし口
からは毒液が出るしという大変いい塩梅のボディを不本意ながらもゲットしてしま
ったグレゴール・ザムザさんにおかれましては今後はぜひ若松監督(毒アリに噛ま
れる選手権優勝)に毒液を浴びせてただでさえ泣きそうな彼をもっともっと素敵な顔
にしてあげるなどの方向で頑張ってくださいとか言うのは他人の不幸を完全に他人
事あつかいにしたナイスな態度であり死刑とかと思った。あと悪夢を見ただけで毒
虫になっちゃうんだとしたら高橋智が半笑いでヒットを打つ場面を目撃した少年が
次の日には全員毒虫に!なんてことにもなりそうな感じがするんですけどその辺は
どうなんですか>カフカさんとも思った。あと毒虫といえば王貞治さんのアレはス
ゲエ(中略)風呂に入るときには三回チャポンという音が(中略)それはあたかも毒虫
のような(中略)やっぱバッティングは股間で(中略)そういえば篠塚も(中略)野球選
手はみんな股間に毒虫を飼ってるんですネというのはいくらなんでも言い過ぎだと
も思った。

http://www13.bird.to/~calvino/Baseball/new.html


609 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 03:41
横槍入れてすまぬが、
このスレはこれぞポストモダーン!ってかんじですな。



610 名前: 上遠野浩平(あとがき風) 投稿日: 2000/07/25(火) 03:59
 今ではあまり見なくなってしまったが、昔のぼくはよく不安な夢というのを見ていた。
現在進行形で、自分の姿が虫に変わっていくのである。蝶とかバッタみたいな
見栄えのいいやつでなく、甲殻に覆われた毒虫に、である。しかも夢の中で、
ぼくはとうに人間の姿でなくなっていることを知りながらも、しらばっくれて
外に出ているのである。この「しらばっくれる」というのが、さすが夢なのだが、
なぜか周りの人間はぼくがもうここにいていい存在ではなくなっているということに
気づかず、両親さえわからず、ぼくは「本当はここにいちゃいけないんだけどなー」
と考えながら、堅い甲羅を下にして、部屋の隅っこに転がっていたりするのである。
夢の中で。

 で、そうしているうちにベッドの中で本当に毒虫のようになっているのに
気づくのであった。すっかり丸くなって、節までできた自分の腹を見ていると、
「これじゃ世間様に顔向けできねえよなぁ」と思ってしまうのである。困った
もんなのであるが、曲がりなりにもプロの小説家としてやっていこうとする
人間がこれでは困るので、何とか人間らしくなろうとするのだがどうも
うまくいかない。これはもう「とりかえしのつかないこと」なのだ。だから
「」もうちょっと利口になった今ならもう少しまともな人間やれるのになー」
とか思って夢にまで見たのだろう、たぶん。

 しかし、それでも人間を目指さねばならないのだった。それはもうぼくの人生の
テーゼがそういうものだから仕方がない。そうやって生きてきた形がどっか
毒虫のようになってしまうのはぼくのせいじゃない、といいたいのだが
ぼくのせいだな、やっぱ……。それでも生きるのだ。ブギーな人間もどきでも、
いつかは本当の人間になれると信じて。

(で、いつまで毒虫になってりゃいいんだ?)
(まぁいいじゃん)

    BGM "Let it be" by Beatles


611 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 04:06
>601
ついに出ちゃいましたね、清涼院が。
この人がアナグラムにこだわるのはそれ以上のことが考えられないからでしょう。
あと過剰な自意識が文字・数字への強迫観念を生んでる。
しかし、どんどん壊れてきてますね。一人の人間の壊れていく軌跡を見たって感じ?


612 名前: 白土三平 投稿日: 2000/07/25(火) 04:13
読者諸兄には説明しておかねばなるまい。
この斬武三の行動であるが、極端な飢餓状態に於いて
人が皮膚を極端に硬化させさながら虫の様になるというのは
ままあった事で、筆者も学生時代、赤貧を洗っていた同居人が
固い甲羅と節くれだった腹を持つ毒虫になったのを見た記憶がある。
斬武三の場合、自由自在にこの変身を行える訳だが、
原理については「火不花七変化」に登場する物と同じである為割愛する。


613 名前: ジ・アーティスト改めプリンス 投稿日: 2000/07/25(火) 06:37
この詩は夢を見ながら書いたんだ
だから血迷って聴こえても許してくれよ
でも、今朝目を覚ましてみたら
裁きの日が来たに違いないと思ったんだ   んッぇ

僕の腹部はぜんぶ褐色で
あちこちから足が飛び出てた
そうさ、僕は毒虫になってたのさ、
でも分かるだろ?僕は気になんてしなかった   んッぁ

だってみんな言うだろ?
2000年ゼロゼロ、パーティは終わり、時間切れ
だから僕は今夜、1999年のつもりで遊び狂うのさ

ア〜ぅアッ


614 名前: BJC浅井健一 投稿日: 2000/07/25(火) 06:49
神様のおりてきた朝 目覚めたんだ 水色のベッドの中
黒いブーツのグレゴール・ザムザ 見ているのは不安な悪夢
自分の姿は一匹の 大きな毒虫のような鉄のかたまり
メタルクリスタルの背中 仰向けになって空を見れば
頭をもたげて 麻薬にいかれた男が悪い遊びに誘う
まるくふくらんだかたち 弓形のボディの褐色ポンティアック
愛しているぜBABY そして何もかも消えてしまうまで
愛しているぜBABY そして世界が終わりを告げるまで




615 名前: JoJo 投稿日: 2000/07/25(火) 07:04
毒虫ィィィィィィィィィィィイイイイイイイイ!!!!!!!


616 名前: 太宰治 投稿日: 2000/07/25(火) 08:08
変身してごめんなさい。


617 名前: >614 投稿日: 2000/07/25(火) 09:47
ブランキー解散。
もう聞けないと思ってました。


618 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 09:57
>605
談志うまいねーどうも。
声が聞こえてきそうです。


619 名前: 別ジュリ 判例百選 投稿日: 2000/07/25(火) 11:17
司法試験板より参入
<事実の概要>
裁判所が認定した本件の事案は次の通りである。
被告人ザムサ(以下S)は、かねてより不仲であった、ある朝不安な夢からふと覚めてみると、
ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた
息子のゲレーゴル(以下G)を邪魔に思い、Gが被告人の妻を不注意に驚愕させ卒倒させるに及んで、
憤激し、Gに林檎を投げつけたところこれが遠因となりGを死亡せしめた。
第一審、二審共に殺人罪を認めた。これに対し被告弁護人は林檎をなげた行為とGの死との間に
相当因果関係がなく過失致死にすぎないこと、この行為は妻のための正当防衛であったこと、被害者は人ではなく
虫だったから殺人ではなく器物毀棄であることを理由に上告。
<判旨>
上告棄却
「被告人の行為が被害者の死の結果を生じさせた以上因果関係は認められる余地があるといわざるを得ない。
被告人はかねてよりGを厄介物だと思っており、殺意は肯定できる。被害者の行動はせいぜい心理的圧迫を
与えるに過ぎず、何ら肉体に危害を加えるものではなかったからこれに対する正当防衛は認めることができない。
被害者は当時は偶々虫であったとしても、以前は人間だったのだから犯行当時の様態をもって人間でないと
するわけにはいかない。仮に過失だったとしても被告人はGが衰弱していくのを知っておりかつ完全に
これを支配できる立場にあったのだから、これに対する適切な治療もせず病院にも連れて行かなかったのであるから
結局不作為による殺人を肯定できることになる。ただ、当時の一家の状態を考慮すると情状酌量は認められる。」
<解説>
判例は「米兵ひき逃げ事件」で相当因果関係説を採用したと思われたが本件により再び条件説に戻った。
通常、人に林檎をなげてそれが相手の体に刺さりその中で腐って相手が死ぬというようなことは予想できないから
相当因果関係説をとるとこれは過失致死となる。ところが、判例は条件関係を満たすと理由だけで因果関係を
認めた。この判例に対し学説の多くが反対したが、相当因果関係説をとっても犯行当時被害者が人ではなく虫だった
ということを考えれば、このような結果が生じる可能性があるとし、相当因果関係を認めるものや、どのみち
不作為による殺人は認められるのだから、結論においては判例は妥当との意見が多い。
これ以後判例がどのような立場を取るのか注目したい。
フランツ・カフカ(カール大学教授)
さて、勉強、勉強。カフカだって法学部


620 名前: 森首相 投稿日: 2000/07/25(火) 11:37
「毒虫 ことば」(朝日新聞4面)

記者「お疲れさまです。今日一日終わられた感想を。」
毒虫「いや、まだ終わってないよ。これから飯を食いながら…(甲殻の背中を見せる)」
記者「それでは、毒虫になられた感想を。」
毒虫「だからまだ終わってない。」
記者「そうするとまた変身なされるんですか?」
毒虫「メイビー(多分)」
記者「メイビーですか。こちらで変身なされるんですか?」
毒虫「そりゃわかんないよ。またその時にならないと。」
 (午後7時25分ごろ ザムザ邸で)



621 名前: キャロル 投稿日: 2000/07/25(火) 12:25
「変だわ! とってもおかしいわ!」
 ザムザは可哀相にすっかり動転してしまい、そう叫んでわんわん泣きました。
 どうしたことか、朝目が醒めると体がすっかり毒虫になっていたのです。
「いえいえ、そんなにむざむざと泣いてどうするの、ザムザ。それはとっても
みっともないことよ(ザムザは自分で自分を叱る癖がありました)。
 けれどもこんな姿になってしまってどうしましょう。皆が見たらどう思うか
しら。これではきっと無視はできないわね。上司はきっとこう言うわ。『まあ
ザムザさん、その格好で仕事が出来るのかね?』 そうしたらこう答えましょ
う。『ええ平気よ。足がこんなにたくさんあるのだから、きっといつもの倍
は効率がいいはずですもの!』
 ああ、でもそれより先にこれでは私と分かってもらえないかもしれないわ!」


622 名前: 大江健三郎(80年代) 投稿日: 2000/07/25(火) 12:52
 朝目ざめると、それまで見続けていた筈の夢の内容は何も思い出せないのに、水を滲ませた麻紐で喉を締め付けられるような、惨憺たる自責の思いだけが残っている───「転換」が起こった当時、そのような朝を幾度も迎えることがあって、僕は寝室の枕元にファクシミリ版のウィリアム・ブレイク詩画集を置いて、目覚めるとすぐに見られるようにしておくようになりました。例えばブレイクの「枯れ果てた草原に痩せたみみずの群を追う若き農夫と年老いた息子たち」の水彩画と、それに添えられた詩のことばは、「転換」を経て、古くなったフランスパンほどの堅さと脆さを併せ持つ甲羅を背負い、使い慣れたペリカンの万年筆を触角に縛り付けて書くことしかできぬ毒虫に生まれ変わった僕の、夜毎訪れる悪夢の、朝まで消えぬ残滓を根こそぎ浚い取ってくれる、たしかな力を持っていたのです。その詩画集の扉に印刷された、ブレイク自身の筆跡による「目覚めよと小鳥が謳う/朝(あした)の大気は、痩せた大地に抜け穴を穿ち/枯れ果てた川に、怒れるみみずたちの流れをつくる」という詩句は、若くして小説家となり、この世界に生きる人間としての経験も積まぬうちに甲虫になった僕が、やがて過ごすことになる永い人生の時間の、内実をかたちづくっていくであろう日々の生活の具体的な側面の一つ一つを、僕の新たな器官(オルガン)となった複眼の一つ一つに顕現するヴィジョンとして教えてくれたのでした。そして、このようにブレイクを読む経験を重ねたある朝、僕は、自分がもはや「転換」を乗り越えていることを自覚したのです。



623 名前: バーネット 投稿日: 2000/07/25(火) 13:06
まだ、小さかったけれど、グレゴリックは、ある朝めざめてみると、この下にしている固い甲殻の背中、
まるくふくらんだおなか、その褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられたところはじぶんのものだ、
よその人がこうなったとは一度も聞いたことはないけれど、自分は虫になったのだとわかった。でも、
いったい、どういうわけで、こんなに悲しいめにあうのか、はっきりとのみこめなかった。


624 名前: 浦賀の果て 投稿日: 2000/07/25(火) 13:07
気が付くと静謐な朝になっていた。
ラジオからYMOのライディーンが流れている。
不安な夢から覚めると、段々と昨日と今日の違いが
認識されてくる。
――俺は毒虫になったんだ。

ベッドの中で、固い甲殻の背中を下にして――仰向けに
なっていた――俺は静謐にコンピューターの電源を入れた。
〔あなたはだれ〕
〔グレゴール・ザムザ〕
〔あなたはどうなったの〕
〔毒虫になった〕
――ちくしょう、止めろッ!

静謐に頭をもたげると、腹部が見えた。
……まるくふくらんで……褐色の……弓形の固い節で……
分け目が入っていた。
こんな腹部なら、ない方がいい。
――俺は静謐で自分勝手な人間なのだ。

そこまで考えて俺は止めた。
一体、俺は何を考えているんだ?
毒虫になったのは親父じゃない。
俺だ。それだけだ。

そして俺は静謐に泣いた。


625 名前: 半虫 投稿日: 2000/07/25(火) 13:08
人間よりも
もっと深く
愛していたよ
おまえを

林檎をぶつける憎しみも
かなわぬほどに
憎んでいたよ
おまえを

わたしに重なる甲羅
わたしの虫

こんな夜は

涙が
止まらない



626 名前: 吉田戦車 投稿日: 2000/07/25(火) 13:10
「さて、今日もザムザールをするかな。」

これは、毒虫に変身して周囲を驚かせる、
私が考案したザムザールという遊びである。

「あら、社長、『変身』ですか?」

…カラン、コロン



627 名前: John Lennon 投稿日: 2000/07/25(火) 13:10
変身なんて
僕達が不安な夢の度合いを
はかる観念にすぎない
くりかえして言おう
変身なんて
僕達が目覚めの度合いを
はかる観念にすぎないのさ

ベッドの中なんて 信じない
自分の姿なんて 信じない
一匹なんて 信じない
大きな毒虫なんて 信じない
固い甲殻なんて 信じない
仰向けなんて 信じない
頭なんて 信じない
丸いふくらみなんて 信じない
褐色なんて 信じない
弓形なんて 信じない
固い節なんて 信じない
分け目の入った腹なんて 信じない
”かぶと虫”なんて 信じない

僕は自分だけを信じる
ザムザと自分だけ
それが現実なんだ


628 名前: サイコ 投稿日: 2000/07/25(火) 13:11
やめろ!
ザムザ
殺すな!!

「チッ
るせんだよ!!
グレゴールぅ」

「今はオレだ!!
毒虫のザムザなんだよ!!!」



629 名前: 山岸涼子 投稿日: 2000/07/25(火) 14:15
寒い・・寒い。ここはどこ?
ザムザは暗い森をさまよっている。あたしはだれ?
ザリッ。なにかを踏む。虫?虫の脚・・こわい。ここから逃げよう。
逃げる?どこへ。どこでもいい。逃げなければ。
どこかにあたしの行くところがあったはず。あったはず・・・!
遠くに明るい窓のようなものが見える。
目を覚ますザムザ。顔に光が射している。ガサッ。虫がザムザの顔の上に落ちる。
「キャッ」手で払いのける。(だからあんな恐ろしい夢を見たのね・・・
いやね・・どこから入り込んだのかしら。あとでパパに言って始末してもらわなければ。
醜い・・・どうしてあんな生き物がこの世にいるの・・・)
いつものようにザムザはキッチンに行こうと階段を降りる。
ママは言うだろう。「おはよう。ザムザ。お寝坊さんね。ザムザの好きなパイを
今日は焼くのよ。手伝ってくれるわよね。」(もうママったらいつもそうなんだから)
暖かいコーヒーの香りで部屋は満たされているだろう。
キッチンの扉をザムザはあける。そこで見たものは、
埃だらけの机、もう何年も使われてない様なくらい部屋。
「何!これは・・」そこへ虫がボトリとザムザの上の落ち這う。
いやだ。いやだ。何も思い出したくない。みたくない・・。

ああ、そうだった。この虫こそがあたし・・・誰からも愛されず、家族を夢見ていた。
でも、自分から何もすることが出来なかった・・・
私は毒虫・・・
暗闇をさまようしかない・・・
いつからかおちてしまった。この無限地獄。毒虫という名の地獄に・・


630 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 14:19
野田秀樹きぼーん。


631 名前: >625 投稿日: 2000/07/25(火) 14:20
萩尾望都!!


632 名前: 変身モノ 投稿日: 2000/07/25(火) 14:55
誰か、変身モノで少女漫画、
篠原千絵をー!


633 名前: レネ・デカルト 投稿日: 2000/07/25(火) 15:05
当時私はドイツにいた。あの戦争に惹かれて旅に出ていた。
炉部屋に籠もり自由に思索を巡らし暮らす日々だった。ある
朝、目を覚ますと私は一匹の毒虫になっているのに気がつい
た。私が知覚した私自身の姿を確実なものとして、私自身が
信じることができるのであろうか。本当に確実なものを手に
するまで、私は私が見た私の姿を疑うことにした。固い甲殻
の感触も疑う。頭をもたげ見た褐色の腹部も疑う。これは夢
や幻想と同じく真ではないのであると仮定した。しかし、そ
うするとすぐに気がついたことがあったのである。私が、す
べてが偽であると考えている間も、そのように懐疑しつつ考
える私自身が存在すると。すべてを懐疑する自分は確実に真
なるものとして存在すると。私は、これこそ思索を発展させ
真なるものを求めるための第一原理として受け入れようと判
断したのであった。




634 名前: 中国製花火注意書き風 投稿日: 2000/07/25(火) 15:18
ある朝、グしゴール・ザムザが不安た夢力らふと覚めてみると
へシ卜の中て自分の姿が一匹の、と乙つもなく大きな毒虫1こ
変ねつてほつているのに気がついた。固い甲殻の背中を下に
して、仰向1十になつ乙い乙、ちおつとはカリ頭おもた1十ると、
まるレふレらんだ、褐色の、弓形の固い節乙分1十目おいねらねた
腹部カ見えに。


635 名前: 一年前が旬でした 投稿日: 2000/07/25(火) 16:46

グラスゴーの軍勢がアルハンブラを包囲する
漁師たちが捕らえる蟹の群れ
マルセイユの官吏は銀の燭台を獲得するが
不条理な夢にさいなまれるだろう

 フランツ・カフカの「変身」を予言した詩。
 1行目の「グラスゴー」は、「変身」の主人公の名前
「グレゴール・ザムザ」を暗示し、「アルハンブラ」には
カフカが過ごした街「プラハ」の地名が埋め込まれている。
また2行目の「蟹」は、甲殻類であるところから、作中で
ザムザが変身する「毒虫」の形態(固い甲殻の背中)を指
しているのは間違いない。
 さらに4行目では、ザムザが不安な夢から覚めるという
「変身」の冒頭に言及し、さらにこの作品の「不条理」と
いう性質をも見事に言い当てている。3行目は一見関係な
いように見えるが、ノストラダムスがカフカの職業(官吏)
を見抜いていたことは明白である。



636 名前: ↓そのまんまだね、どうも。 投稿日: 2000/07/25(火) 17:17
−きょうてえ夢を見た?
なんと、酸無残さん、子供みてぇじゃな。
妾もいろいろと見てきましたけん、虫くらいではおどろかんよぉ。
仰向けがええて?
妾もそうしろ?
それは出来ん。
女郎は、決して仰向けに寝るもんじゃない、言われてますじゃろ。
でも、旦那さんは、ええんよぉ。
楽にしとったらええ。
え? 腹になんか当たった?
もう朝っぱらから、ようまぁそんな面白いことを。
これは夢じゃ。
覚めたら忘れられる。
忘れられんかったら‥‥?
旦那さん、あんた今度こそほんまに、この部屋から出られんようになるよ。


637 名前: かまいたちの夜 投稿日: 2000/07/25(火) 17:20
「毒虫っ!」
真理がザムザを一目見て、声をもらした。
固い甲殻の背中を下にして、仰向けになっている。
こんな妙な毒虫は見たことも聞いたこともない。
まるくふくらんだ褐色の腹部はほんとに気色悪く、体の芯まで不快な気持ちになった。
その後に出て来た毒虫も、どれも味も量も納得のいかないものばかりで、あちこちからため息に
近い声が聞こえる。


638 名前: むぎ茶 投稿日: 2000/07/25(火) 17:37
━━━━━ある朝のオレの姿は笑えた!
腹部の分け目1個ずつカウントしてたのってオレだけ?
(よっしゃー5個突破!よーし次は10個突破しろーって)
でも結局は20個にしか分かれてないんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
ある朝のオレの姿は笑えた。まじで
とてつもなく大きな毒虫に変わってるの知って、手を叩いてわらったなぁ。
おまえらが出かける準備してる間、ベッドで仰向けになってた。
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざオレの姿を記念撮影しようかと思ったよ。
でもおれの変身のおかげで不条理文学に目覚めた人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしか家族がオレの変貌ぶり認めるの渋っていたけどさ、
オレの変身後のあまりのカッコよさに嫉妬してそのまま死なせたかったんだよね。
今でもオレのこと書いてある本を売ってる出版社があるらしいけど、
せこいんだよ!オレのプライバシーなんだよね。むかつく。
ところで文体模写スレッドで著作権のこと持ち出してきた奴どうしたの?
もしかして逃亡?意気地ねぇなぁー。
どちらにしろ固い甲殻の背中はまさにカチカチで快感だった!
気持ちの良い夕刻でした


639 名前: H.P.ラヴクラフト(訳) 投稿日: 2000/07/25(火) 17:46
 ある朝、わたしは慄然たる夢を見た。その夢は名状しがたい色と動きに満ち満
ちており、人間の想像することもできぬような宇宙の不浄な秘密を匂わせるもの
だった。緑色の泥土に覆われた、非ユークリッド幾何学的な角度を持つ、巨大な
建築物の中からは声に似て声でない音が響いてきていた。なかに頻繁に繰り返さ
れるいくつかの音があり、それを文字に移しとると<ォマゑ><モナ><ヰッテ>
<ヨシ>という、ほとんど発音不能に近い言葉だった。宇宙的な深淵の中に、
口に出すのもはばかられるような冒涜的な存在を感じ取り、わたしは悲鳴をあげ
ながら目を覚ました。
 目を覚ましたわたしは再び恐怖の悲鳴をあげることになった。わたしの寝室の
中におぞましい怪物がいるのを目にしたからだ。その怪物は、奇妙にも人間の姿
を邪悪に歪めたような形をしており、ぬらぬらと光る褐色の外殻に被われ、無数
の触角を震わせていた。わたしはそいつから逃れようと必死でもがいている内に
冷たく固いガラスの表面に触れた。

 イァ……イァ、クトゥルフ、ルリエー、フタグン、逝ってよし!オマエモナー!
なんてことだ。そのおぞましい怪物こそわたし自身の姿だったのだ!


640 名前: イノマー(二代目アゴ&キンゾー)風 投稿日: 2000/07/25(火) 19:06
ち〜んぽ! この間ハイスタのケンくんを取材した後、高円寺で一緒に飲むことに
なったまではいいが、呼んでもいないのにどこから聞きつけたのか、編集部の番長
もいつの間にか酒宴に加わっていた。番長だってもういい年の乙女なんだから、
女々しくしてりゃーいいものをこともあろうにケンくんに向かって
「ベースがなっとらん!」とかなんとか説教はじめちゃって。
ケンくんはギターだっつーの(笑)。

そんなこんなでゲロゲロに酔払って今家で目覚めたとこだけど、
どうもオイラのちんぽの位置がおかしい。
ポリポリかきながら目覚めるのがオイラの日課なのだが、
今日はその、いとしの我がちんぽがない!
嫌な夢だなーと思い込もうにも、どうやら夢じゃない。
 夕方からはイースタン取材…(合掌)。



641 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 19:25
>555,556,557

554さんの「※著作権についての〜」は
アランジ・アロンゾの文体模写(?)だと思います。
水を差しているわけではなくて、ネタですね。



642 名前: 美内すずえ 投稿日: 2000/07/25(火) 19:25
月影「マヤッ、なんですかその演技は!!
今のあなたは毒虫として失格です!」
マヤ(毒虫・・・。
固い甲殻・・・褐色の弓形の固い節で分け目を
入れられたお腹・・・。
ダメ、私、毒虫の仮面をかぶれない!)
月影「どうしたの!マヤ!
ザムザをごらんなさい!
ザムザの演技は、もう毒虫そのものですよ!
さあっ、マヤ!!」
(毒虫に見とれる速水)
秘書「あら真澄さま、嬉しそうなお顔をなさって
どうなさいました?」
速水(ハッ・・・。
この俺があの毒虫に恋だと!?
仕事の鬼と言われたこの俺が・・・。
どうした、速水真澄!)



643 名前: 美内すずえ 投稿日: 2000/07/25(火) 19:29
月影「マヤッ、なんですかその演技は!!
今のあなたは毒虫として失格です!」
マヤ(毒虫・・・。
固い甲殻・・・褐色の弓形の固い節で分け目を
入れられたお腹・・・。
ダメ、私、毒虫の仮面をかぶれない!)
月影「どうしたの!マヤ!
ザムザをごらんなさい!
ザムザの演技は、もう毒虫そのものですよ!
さあっ、マヤ!!」
(毒虫に見とれる速水)
秘書「あら真澄さま、嬉しそうなお顔をなさって
どうなさいました?」
速水(ハッ・・・。
この俺があの毒虫に恋だと!?
仕事の鬼と言われたこの俺が・・・。
どうした、速水真澄!)



644 名前: 人間失格 投稿日: 2000/07/25(火) 19:33
私たちの知ってる葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、
あれで毒虫でなければ、いいえ、毒虫でも、・・・神様みたいないい子でした。


645 名前: ガラスのお面(中期) 投稿日: 2000/07/25(火) 19:42
今日の昼に書き上げても、何度かトライしてもカキコできず・・・
重複しちゃいますが、許してね。

まだ私は”毒虫”をつかんでいない・・・。

マヤ「どうすれば虫の気持がわかるんだろう?
教えて下さい!月影先生。どうしたらいいかわからないんです。」
月「自分で考えなさい。あなたに教えることは何もありません!
そんなことで紅天女が演れると思っているんですか!」

-マヤ不安になりライバルの亜弓の稽古場をのぞく。-

振付けの先生「トレビアン!アユミ!!」
黙々とダンスを続ける亜弓。
マ(なんて軽やかな虫の動き。躍動感があふれて
虫のたくましい生命力が伝わってくる・・・すごい・・・
亜弓さん。私にはあんな風に踊れない・・。)
華麗な亜弓の演技にショックを受けるマヤ。
マ「ああ、やっぱりサラブレッドの亜弓さんには
かなわない。私は本当に何のとりえもない平凡な
人間なんだ・・・・」
-落ち込むマヤに、近付く速水。-
速「チビちゃん!こんなところで何やってる。
ふ、そんな顔をしているようじゃ、まだ役柄をつかんでいない
ようだな。まあこれで、大都芸能は安心して亜弓くんに成功を
預けられるというものだ。月影さんの紅天女は
考えるまでもないだろう。」
去っていく速水。
マ(人が落ち込んでる時に、なんて嫌味なやつ!
大っきらい。)

-アパートに戻ると紫のバラが届ていた。-

『あなたの虫を楽しみにしています』
マ(ああ・・。紫のバラの人!)
「どこかで、紫のバラの人が見ててくれる。その人の為にも、
がんばらなくっちゃ。そうだ。虫と同じ生活をするのよ。」
-しばらく虫的な生活を続けるマヤ。突然閃きが。-
「この感じ!!」-マヤむしゃむしゃと虫を食べる。
これだわ。この考えずに本能で動く虫の感じが。つかめた!
虫。できる。私は虫になれる!!」
-口のはしより虫の足をはみださせながら興奮するマヤ。-
<次週へつづく>

-稽古場にて-
「今日は通し稽古を行う。主役の毒虫は姫川と北島、交互に演って
もらう」
稽古場に現れたマヤ。
ざわざわ。
(なにあの子、この前と全然雰囲気が違う。)
(人間の表情とは思えない)
マ(夢からさめると、虫になっていた私。私は虫。虫!!)
-稽古場に現れた亜弓。マヤを見てギクリとする。-
亜弓(恐ろしい子!少し前まではびくびくして
何もできなかったというのに・・・・・・・この子にだけは
負けたくない。私は完璧に虫を演じきってみせる!)

<次週は作者取材の為お休みします>


646 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 20:03
あ〜あ・・・。


647 名前: くねこ 投稿日: 2000/07/25(火) 20:10
ネタつきないね。面白すぎ。
長野まゆみ、花村萬月希望!


648 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 20:11
長い……。


649 名前: >639ラヴクラフト 投稿日: 2000/07/25(火) 20:35
うーんその手があったか。くやしい。



650 名前: くるしいじょいす 投稿日: 2000/07/25(火) 20:36
 あるあさきゆめみしんつうおぼえつつめざめたるのようなせなかなかおきあがれないー
むぐむぐれごおるざむざむするあしたちのかんじにんげんではないようだぞっとしておな
かをみるとふしふしてなきたいきもちになったぞなむし。



651 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 20:44
や、やられた>650


652 名前: 大ザムザ帝国の興亡:ウィリアム・シャイラー 投稿日: 2000/07/25(火) 20:47
 彼(服地のセールスマン)は徐々に、そして、どんどん目が醒めてきて、ベッドの上で
仰向けにのたうちながら、「カフカが這いずらせたいなら、俺は這いずる。カフカが俺を
四つん這いにしたいなら、俺は狼になる……」と叫んだ。そして、しばらく黙ってから、
金切り声になって、さらにはげしくのたうちながら、「カフカが六本脚で歩かせたいなら、
俺は昆虫になる……」と絶叫した。
 その頃には、彼の体は嵐の海のなかの端艇のように揺れ、最後に「そして必要なら俺は
十節の毒虫になる」と喚いたときには、背中を曲げてほとんどCの字になるかと思われる
まで、丸まった。
 突然、ベッドの中央で静止すると、棒のように真っすぐになった。声は人には聞こえず、
その動作は死んだ虫のそれだった。そして途切れ途切れにしゃべっていたつもりだった。
 「カフカはそのつもりだ。俺の腹節は弓形でいっぱいだ。弓形だ。弓形だ。弓形だ」声
はどうにも聞こえないのだが、しまいにはこういいたかったらしい。そのうち、また動き
だすと、大きな聴衆を前にしているかのように反り返って絶叫した。「俺は毒虫だ。毒虫
だ。毒虫、毒虫、毒虫、そしてトホーにくれている」その姿はどうみても、石を引っ繰り
返されてうぞうぞしているワラジムシのそれだった。縮尺は別として。


653 名前: チャレンジしてみる:多湖輝・頭の体操 投稿日: 2000/07/25(火) 20:50
第99巻「物語の世界にようこそ」

問 1 :
  ザムザを診た医者の証言:
 「彼の話によると不安な夢からふと覚めてみると、毒虫になっていたっていうん
 ですよ。そんなんじゃいくら私が名医でも手の施しようがありませんよね」
 しかしターゴ博士はこの医者の嘘を一瞬で見破った。なぜか。

答 1 :
  毒虫になったザムザはしゃべることが出来なかった。したがってザムザは、夢を
 見たことを医者に伝えることはできない。

 +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
 <物語メモ>「変身」カフカの名作。なぜ毒虫になっ
  たか等の説明を一切いれずに物語を進めていく手法は
  21世紀間近の今でも斬新さを感じられる。
 +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+




654 名前: ブルワーカー2000 投稿日: 2000/07/25(火) 20:50

1.女性達は私を「貧弱な坊や」とバカにした。

2.私は、カフカを買い、悪夢で鍛えることにした。

3.効果はすぐに現れ、私は固い褐色の外皮を手に入れた。

4.今では誰もが私を立派な毒虫として認めてくれる。



655 名前: > 641 投稿日: 2000/07/25(火) 20:51
554の元ネタってこれね。なあるほど。
http://www.aranziaronzo.com/copyright/index.html


656 名前: 輝ける朝 投稿日: 2000/07/25(火) 20:55
 その朝目がさめるまで、何やら不安な夢を見ていた。しかし、いつもと変わった朝であ
るべき理由に、私は思いいたらなかった。
 夢で予告されたとおり、不安は登場しており、覚醒が浮上するにつれて逆にそれは深く
なり、広くなった。そして自分の見ているものがいつもと違った角度からの、見えるはず
のない角度から見た枕やシーツ、ベッドのヘッドボードであることに気付くとそれははっ
きりしたかたちを示しはじめた。どうにも背中がシーツにはまりこんでいて起き上がれず
足掻くと、多数の脚が空気を掻く感覚を意識した。そのときに至っては、その不安を触知
できそうだった。
 努めて頭を腹に向けると無数の脚と膨れて弧を描く腹節が見えた。私は巨大な毒虫に
なっていたのだった。瞬間、血がつめたい流れとなって頭から流れくだった。仰向けに寝
たまま、頭がくらくらした。視界は輝くようだった。


657 名前: 653 投稿日: 2000/07/25(火) 20:56
書き込んでおいてなんだが・・
何か、本家にすでにあった気がするが、気のせいか?(汗)
あと、ザムザたしか虫になってからしゃべれなかったよねえ?(大汗)


658 名前: 取節 投稿日: 2000/07/25(火) 21:18
■グレゴールザムザは、しがない服地販売雇用人のくせに不安な夢から目覚めると人間サ
イズの毒虫になっていた男です。
1.グレゴール・ザムザは、まるっこい背中と数えているうちに気分の悪くなる多数の体
  節に加え、それぞれの体節の腹側に一対ずつの脚をわしゃわしゃ配し、そのわりに融
  通の効かない関節を備えていますので、仰向けから起き上がること、狭い戸口から外
  に出ることには並々ならぬ苦労をします。
2.グレゴール・ザムザは変身後、床をはいずることのほか、死ぬことぐらいしかしませ
  んので、冒険活劇を期待するとがっかりすること受け合いです。
<効能>
  不快感,不条理感,ひまつぶし,教養
<特殊な使用法>
  欲求に応じて、表面にプラスチックフィルムをかぶせて、患部にご挿入ください。
<成分>
  人間:たぶんかなり  キチン質:かなり  毒:言及なし
  ※ 筆者もそろそろ、倦怠感を含有する。
<使用上の注意>
1.次の人には使用しないでください。
  (1)ビョーキのヒト   (2)失神,宗教かぶれ,ヤク中
2.次の人は使用前に医師または薬剤師にご相談ください。
  今までに読書や鑑賞によって過剰な反応(たとえば失神,発射,こすぷれ,カブレな
  ど)を起こしたことがある日とつぜんふたりだまるの。
3.使用に際して、次のことに注意してください。
  (1)読書,朗読鑑賞以外の用法についての効果は遊びでなければ売名です。
  (2)上項以外の目的に使用した場合、投下した資本は回収できません。
  (3)患部が濡れていない場合には、よく濡らしてから、もしくはよく濡れるように
     してから使用してください。
  (4)林檎を投下すると死ぬことがあります。
4.使用中または使用後は、次のことに注意してください。
  使用により、失神,発射,こすぷれ,カブレなどの症状があらわれた場合、この注意
  書きまでも読んでいる場合には、使用を中止し、精神神経科の医師にご相談されるこ
  とをお薦めいたします。
<保管および取り扱い上の注意>
(1)読書に興味のないものの手のとどかないところに保管してください。
(2)なるべく邪険にあつかってください。
(3)未読分は、忘却を防ぐため、栞や折ったページを挟みこむぐらいなら、どうせ頭に
   入っていないので、ハナから読みなおしてください。
(4)栞代わりに折ったページは不快なので古本屋に卸さず、焚き付けにするなり、尻を
   拭くなり、網棚にくれてやるなりしてください。


659 名前: 593 投稿日: 2000/07/25(火) 21:29
>653
悪くないですよ。脱帽はしないけど敬意は表します。
>何か、本家にすでにあった気がするが、気のせいか?(汗)
気のせい、気のせい(笑)。


660 名前: 無綺堂 投稿日: 2000/07/25(火) 21:44
 ザムザ氏は名をグレゴオルと云つて、服地の小商売をしていた。ある朝、不吉な夢から
醒めるとベッドから起きあがれなかつた。かれは毒虫となつていたのである。どうにかし
て腹に目を向けると弧を描く多数の腹節が見えたのだつた。


661 名前: 虫まる子ちゃん 投稿日: 2000/07/25(火) 21:47
『まるちゃん毒虫になる』の巻
 わたしは寝ることが至上の楽しみである
 毎朝 寝床で1秒でも安楽の時間を過ごそうと
 あの手 この手を考えている
母「まる子っ!アンタいいかげんに起きなさいよっ!」
まる子「ああんおかあさんたら い・け・ずぅ〜」
母「バカッ!なにふざけてんのこの子はっ!」
まる子「わ〜ん さむいよォー」
母「げっ まる子っ!?」
 今日は毒虫になってみたのである
背中→じいさんの部屋でみつけた亀のこうら
腹部→次郎長セットの笠
母「このおバカッ!」
まる子「ねむいんだよォー ねかせておくれよォー」
 毒虫のまま 母に茶の間までひきずられ
 廊下の冷たさを味わったあと
 家族の冷たい視線にさらされたのはいうまでもない



662 名前: 虫の国星 投稿日: 2000/07/25(火) 21:48
外はどしゃぶり
朝めざめたら だれかがベッドにおりました
「おはようっ!」
「……」
「おはようったら!おはようっ!」
(これも猫かな?体はかたくってつるつるしてる)
「わたしチビ猫 あんたは?」
「…ザムザ」
「あんたも猫?」
「……」
(ザムザはぜんぜんしゃべんない
 お腹はふくらんでぎざぎざ
 お母さんが使うせんたく板みたい)
「ザムザ 遊ぼうっ!」
「…遊ぶ気になんないのさ 夢見が悪かったんでね」
(ザムザの背中が あっち行け って言ってる)
雨はまだまだ やまない模様


663 名前: バキ 投稿日: 2000/07/25(火) 21:57
「玄武の方角ッ!
グレゴール・ザムザ選手の入場です!」

オオオオオオォォォ
ドドドドドド…

「お前にはどう見える、あの体躯」
「どう見えるかより、どう造ったのか、なんだけど」

「な、なんとザムザ選手!
相手を前にして、自ら腹を見せる、余裕のデモンストレーションだーッ!!」

「こ…ッ、これほどのものか! ドイツ文学ゥッ!!!」

「強い、強い、強い、グレゴール・ザムザ!
固い甲殻、褐色の節目が入った腹部ッ、
まさにゴキブリ並みと言ってさしつかえないでしょう。
しかし、物語の主人公は文学の冠を頂くことで、
ここまで影響力を与えうる存在になれるのです」

ワアアアァァァ!!

「お見事、フランツ・カフカ!!
ブラボー、ドイツ文学ッ」


664 名前: 颶烈豪留雑無座経 投稿日: 2000/07/25(火) 21:59
如是我聞。颶烈豪留雑無座醒自悪夢。不能起床。知成毒虫。以俯瞰、観腹節。
仰天、仰天、波礼仰天、波羅証仰天、吃驚叱多奈呼、蒙迂


665 名前: 日野日出志 投稿日: 2000/07/25(火) 22:06
君は虫!
あなたは虫!
おまえも虫!
きさまも虫!
貴兄も虫!
貴女も虫!
てめえも虫!
そっちも虫!
あっちも虫!
みんな……
虫〜っ!



666 名前: 松っちゃんの「紙猫芝居」風 投稿日: 2000/07/25(火) 22:37

(紙猫芝居についてはここを参照→ http://www2s.biglobe.ne.jp/~shu-mh/menu.htm

「なんやこれ?」

「アカン、さっきまで夢の中で不安やったけど、夢が覚めてもえらい
不安なことになってもうてるわ」

「固い虫みたいな腹から出た虫みたいな足がピクピクして…、う、動
くな。動くな。俺の足動くなや。まあ、こんだけ動くっちゅうことは
健康でもあり、とりあえず死んでしまうようなこともないという点で
は安心やけども。それにしても、動くなや俺の足」

「あ〜、しかしこれは隠れなあかんぞ。人に見つかってもうたらこん
なもん変態やと思われるからな。とにかく隠れなあかん。って、見つ
かってもうたっ!」

(林檎を投げつけられる)

「ニャー!」

「なんやこれ?」

「アカン、さっきまで夢の中で不安やったけど、夢が覚めてもえらい
不安なことになってもうてるわ」

「固い虫みたいな腹から出た虫みたいな足がピクピクして…、う、動
くな。動くな。俺の足動くなや。こんだけ動いているというのも、ど
こにも怪我がないということで何はなくともささやかな幸せとともに
日々これ安心で過ごしていけるという道理やけども。それにしても、
動くなや俺の足」

「あ〜、しかしこれは隠れなあかんぞ。人に見つかってもうたら、俺
の革命的なああいう部分が世間の人にバレバレになってしまうさかい
な、とにかく隠れなあかん。って、見つかってもうたっ!」

(林檎を投げつけられる)

「ニャー!」

「なんやこれ?」

「アカン、さっきまで夢の中で不安やったけど、夢が覚めてもえらい
不安なことになってもうてるわ」

「固い虫みたいな腹から出た虫みたいな足がピクピクして…、う、動
くな。動くな。俺の足動くなや。自律神経的に動くものというのも改
めてみてみるとこんなにも動くものかと思わされて、生命の神秘にち
ょっと感動してしまうようなところもあるのは確かやけども。それに
しても、動くなや俺の足」

「あ〜、しかしこれは隠れなあかんぞ。こんなところを寝起きレポー
トでもされた日には俺のアイドル生命が木っ端微塵になってまうさか
いにな。まあ、運良く俺をマネージャーやと勘違いしてくれるという
神様の粋な計らいが待ち構えとるんかもしれんけど。とにかく隠れな
あかん。って、見つかってもうたっ!」

(林檎を投げつけられる)

「ニャー!」

「なんやこれ?」

「アカン、さっきまで夢の中で不安やったけど、夢が覚めてもえらい
不安なことになってもうてるわ」

「固い虫みたいな腹から出た虫みたいな足がピクピクして…、う、動
くな。動くな。俺の足動くなや。一瞬もしかしたら動いてへんかもし
れんと思ったけどやっぱり動いてるみたいやし、我が事ながら動きす
ぎていて怖くなってくるところはあるけども。それにしても、動くな
や俺の足」

「あ〜、しかしこれは隠れなあかんぞ。こんなところを写真週刊誌に
撮られてもうたら、何クープなんかもわからへんし、何ラッシュに掲
載されるのかもわかれへん上に、何者会見を開いて弁明したらええの
かもわからんやん。とにかく隠れなあかん。って、見つかってもうた
っ!」

(林檎を投げつけられる)

「ニャー!」

「なんやこれ?」

「アカン、さっきまで夢の中で不安やったけど、夢が覚めてもえらい
不安なことになってもうてるわ」

「固い虫みたいな腹から出た虫みたいな足がピクピクして…、う、動
くな。動くな。俺の足動くなや。こんなに勝手に動かれると俺の足じ
ゃないんちゃうかとも思えてくるけど、じゃあこの足について思って
いる俺の心も俺の心やないんかって言われたらちょっと疑問であると
言わざるを得ないところではあるし。それにしても、動くなや俺の足」

「あ〜、しかしこれは隠れなあかんぞ。隠れて隠れて隠れ続けた先に
なにかがあるんかということが今は俺から絶対的に隠されてしまって
いるし、もしかしたら未来ではなんであのときあんなに隠れたがって
たんかも今となってはわからへんなぁとかいってるんかもしれんけど
、それこそが今は俺から隠れてしまってるさかいにな。とにかく隠れ
なあかん。って、見つかってもうたっ!」

(林檎を投げつけられる)

「ニャー!」

「なんやこれ?」

(続けようと思えば続く)


667 名前: 変身基準点碑文 投稿日: 2000/07/25(火) 22:46
 ベッドの中央に仰向けになっている人間サイズの毒虫は、服地販売雇用人のグレゴー
ル・ザムザである。
 このベッドは彼が前の晩とくに変わったこともなく体を休めたところで、ベッド上の毒
虫は、グレゴール・ザムザのなれの果てである。
 この男は、変に心をおびやかす夢をみた眠りから、目覚めて以来、すこしばかり体を動
かして得た情報にもとづいて、西暦2000年2ちゃんねる文学板・文体模写のように、おの
れの体の現状を知るのである。
    体節  いっぱい
    脚   いっぱい
    目   ある
 なお、この文体模写についての様々な表現を蓄積するため、引きつづき緻密な思索投下
が行なわれている。


668 名前: 平田オリザ 投稿日: 2000/07/25(火) 23:00
凡例
★同じ数の虫が同時に飛び交う
。殺虫剤に寄る会話の中断
△虫の音はいる
○長めの間


*現代
六月初旬
ある部屋の中

舞台下手には大きなベッド
その周りを囲むように二三の虫
会場五分前
井上香と水谷佑司が下手から登場大きなリンゴを抱え上手に去る

2分後井上が戻ってくる
下手から山下典子登場

山下 △あれ、いいの
井上 え。
山下 やめたんじゃなかったの。
井上 え、うん…、そういうんじゃないけど
山下 虫かあ
井上 え。
山下 虫。
井上 ああ。
山下 ○てゆうかさ、悪夢だよね。
井上 やめなよ。
山下 だってさ

下手から根元弘登場

根元 お、早いね。どう、虫
山下 ★やめなよ
根元 ★え。
井上 いいよもう。虫はさ。根元君あっち大丈夫だった。
根元 まあなんとか。△褐色っていうのもどうかと思うよ、俺
山下 △ああ。




669 名前: 川原泉 投稿日: 2000/07/25(火) 23:14
 ある日グレゴール・ザムザ君が目覚めると、なんと体が毒虫になっていた。
 妹もとーちゃんもとてつもなくべっくらこいた。
「にーちゃんヘンだよっ! 毒虫になってるよっ!」
 妹は指さして大騒ぎ。
「おまえは性根が曲がっているからうんたらかんたら」
 とーちゃんはここぞとばかりに説教する。
 ザムザ君だってべっくらこいている。何で毒虫? 英語でbeetle。beetleは鞘翅類甲虫目の総称だったりする。
 ちなみにこの毒虫とゆーのは抽象的な表現で、ほんとはゴキブリに似た毒のある甲虫らしい。でも実際にはゴキブリに毒はないし、ゴキブリならゴキブリ目だったりする。その辺どーなんだカフカ君。
 ともかくハネは真っ黒、腹は茶色、節のある手足にカサカサ触角……自分で見てて笑っちゃったさ。
「触角……触角だってよおい。うぷぷ。朝起きてこれはギャグだぜ」
 しかし、笑っている場合でもない。
 ザムザ君は考えた。何で虫になったのか? どうすれば元に戻るのか? じっと座って考えた。
 ――結論。
「……とりあえず寝よう! もっかい寝て起きたら元に戻ってるかもしれんっ!」
 ――消極的対策。


670 名前: 無理難題 投稿日: 2000/07/25(火) 23:14
えーと。清水義範だれかやってください。


671 名前: 黒玉姫様(戸川ピーク時) 投稿日: 2000/07/25(火) 23:18
ひと月に一度大胸筋の奥で昆虫様の発作は起きる。
それはあなたを思い過ぎてかわり果てた私の姿。
私は昆虫・無脊椎・眼複眼・毒在中
超音波でお話し・・・
嗚呼!いつも同じ動きで変哲もない生活。
それより欲しかったのは
私の為の虫の為のロックンロール
思い通りにうごけな・・い・・・・
いつの日にかあなたが気付く頃、不思議な草に寄生されて、
今さら印度へは・・・・・
サブウェイ乗って
目黒寄生虫館へ行こう。
キンコンカン! キンコンカン!

★すみません。いまいちやね。


672 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/25(火) 23:23
セリーヌさんとかマルケスさんとか三原順さんもやってくださいな。


673 名前: 吉田タクロー 投稿日: 2000/07/25(火) 23:26
変身なんてララーラーララララーラー

毒虫なんてララーラーララララーラー




674 名前: 北の国から 投稿日: 2000/07/25(火) 23:50
母さん……
ぼくは困っています。
いつの間にかぼくは、大きな毒虫になっており、
まともに動くことができません。
でも、父さんは、そんなぼくのことなど眼中になく、
いつまでも、夢物語のような丸太小屋を作っており、
妹も、父さんと仲良くやっていて、
ぼくのことを完全に忘れており……

やはりぼくは、ザムザ家の一員ではないと思われ、
ぼくがいなくなった方が、家族のためにもよいと思われ、
やはりぼくは、死んでしまうしかなく……

母さん、ぼくは……

(BGMは勿論さだまさし)



675 名前: 清水義範 投稿日: 2000/07/25(火) 23:54
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=book&key=963421916


676 名前: 675>670 投稿日: 2000/07/25(火) 23:58
似たような発想でやってる人が前にもいるけど、こっちの方がいいかな
と思って……いずれにしても反則だけど……。


677 名前: 675>670 投稿日: 2000/07/26(水) 00:00
似たような発想でやってる人が前にもいるけど、こっちの方がいいかな
と思って……いずれにしても反則だけど……。


678 名前: 宮沢章夫氏エッセイ風 投稿日: 2000/07/26(水) 00:04
グレゴール・ザムザが、だめになっていく。
今朝の彼は、毒虫なのではないか。
まるい腹が、ばかにみえる。
ことはかなり深刻だった。


679 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/26(水) 00:08
ハーレクインロマンスのワンパターンなエンディング
誰かやっていただけないでしょうか
なにしろ、我が家には一冊もないものですから、、、



680 名前: ネタつきないね 投稿日: 2000/07/26(水) 00:16
たとえばノストラダムス。


681 名前: 忌野清志郎 投稿日: 2000/07/26(水) 00:44
Hey Baby オイラ毒虫
石を投げられて 誰からも嫌われて
Hey Baby オイラ毒虫
いつからか 固い甲羅に覆われて

Oh Yeah でもお前だけは
オイラを抱きしめてくれる
不安な夜も お前だけが
オイラの中に入ってきてくれるのさ


682 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/26(水) 00:47
>680
635は?


683 名前: BIKKE 投稿日: 2000/07/26(水) 00:56
いつもと同じはずの朝。
救いのない予感はざわめきを連れて、私の目を覚まさせる。
黒い羽根。やわらかなぬくもりとともに。
触覚。なだらかな流線形のカーブ。

心地よいはずの日曜日は、どうやらこうして壊されてゆく。
ベットのなかに横たえて、午後の予定を数えだす。
ありきたりな毎日は、もうやってこないのだけど。
覚悟を決めて、歩み出す。
大きく一歩。また一歩。
そうさ、すべてはそこから始まってゆくのだ。

終わらない夢の続きのように。




684 名前: 小野不由美十二国記偏 投稿日: 2000/07/26(水) 02:13
蟲が出た、との声にグレゴール・ザムザは身を翻し大門からまっすぐに広途を駆け抜けた。傭兵と言えば聞こえはいいが、戦中に蝕に流され言葉も通じず戸籍を持たないザムザにとって拠所となるのは己の腕のみ。老いてなお巌のような体躯と実戦を幾度も潜り抜けた経験と老獪さは、同じ傭兵集団の中でも海客のザムザを一目置いた存在として誰もが認めるところだった。しかし今や五十を過ぎたその肢体は若かりし頃の体格には及ばず、日に日にその動作は緩慢に衰えていくのをザムザは自覚している。
駆けつけたザムザらの目前にはすでに広途の反対方向から駆けつけた師士と逃げ惑う人々、そして暮れ始めた陽を背に鈍い光を放つ外殻を纏った蟲が数匹。赤子よりも一回り大きなものから人の背丈一丈程あるものもいる。互いに横目で合図をし、ザムザ達は速やかに戦闘へ没頭していった。
広途の蟲があらかた仕留められるまでさほど時間はかからなかった。粘液よりは体液に近い大刀についた蟲のそれをザムザは大きく振って落す。ふと右方から――蟲とは別の――臭気を感じ大刀を思わず身構えるのと、付近の軒から先程とは比べ物にならないくらい巨大な蟲が飛び出してくるのは同時だった。何処に潜んでいたのか皆目もつかないほど身の丈の数倍はありそうな蟲、それをただの蟲と呼んでもよいものか。妖魔ではありえないその風貌、外側は完全に外殻に覆われ左右の褐色の体節からのびる無数の肢にも節がある。ザムザはその巨大な蟲と切結び、上体をそらしてその肢に斬りつける。同じく駆け出した師士の刃が肢を落した。多勢に無勢、いくら巨体といっても十数の師士に敵うはずもない。瞬く間に横倒しに倒れた蟲に、ザムザは止めを指そうとその顔面に近寄った。
大きく開かれたその口腔から、蟲が触手にも似た臓器を吐き出したのは突然だった。その触手の先端、鉤爪のような牙がザムザの腹部を貫通する。ぐぅっと呻き、触手を震える大刀で叩き落すと、蟲はそのまま動かなくなった。大丈夫か、との傭兵の問いに腹部を抑えてずるずるとその場に足をついた。
意識半ばに同僚に両脇から抱えられて戻った宿舎の寝室で、そのまま手当てを受け昏睡するように深い眠りに落ちた。
そして幾度目かの朝、不安な夢から覚醒しなかば朦朧とした状態で目を覚ますと、体中の傷は痛まなくなっていた。そんな馬鹿なと目を見開き、そしてもはや己の体ではなくなったものをザムザは自覚した……。



685 名前: エピクロス 投稿日: 2000/07/26(水) 02:16
虫は、我々となんらかかわるところがない。なぜなら、我々が人間として生きているかぎり虫としての
我々は存在せず、虫としての我々が存在する時は、我々は投げられて食い込んだ林檎によってもは
や生きていないからである。



686 名前: 春と修羅 投稿日: 2000/07/26(水) 02:18
わたくしといふ現象は
変身せられた有機交流夢交換の
ひとつの茶色い毒虫です
家族や上司を巻き込んで
せはしくせはしく触覚を動かしながら
いかにもたしかに毒液をまき散らす
因果交流夢交換の
ひとつの茶色い毒虫です



687 名前: ブラウン神父 投稿日: 2000/07/26(水) 02:23
彼女はあれを幽霊と呼びました。しかも、それはそんなに見当はずれでもなかったようです。彼女が悪夢にとりつか
れやすい人だということは事実です。しかしそれは別に異常でもなんでもない。
ただ、あの人は変身の不思議を妖怪の神秘と取り違えてしまった。それが間違っ
ていただけです。夜の夢に現れるくらいのことは妖怪じゃない毒虫にだってで
きることですのに。それはともかく、彼女の感受性は、甚だ鋭敏ではあっても
狂ってはいなかった。窓に現われた顔をみたとき、亡んだものをおおう光芒の
ようなものを感じてぞっとした、とあの人は言いました。それはまったく正し
かったのです。ある意味では、あれは妖怪とは反対のものでした。肉体から解
放された妖怪のいたずらではなくて、霊から解放された肉体のいたずらだった
のですから。


688 名前: 佐々木丸美 投稿日: 2000/07/26(水) 02:25
冬が彼方からこな雪を運んできた。目が覚めた。寒い。私は毒虫になってしまった。毒虫になるほかなかった。後悔していないといえば嘘になる、しかしもうこの罪は取り消せない。願わくばこの固く歪んだ甲殻を、愛の羽衣に変えることだ。こんなふうに醜い甲殻に覆われた私を知ったらあの人はどう思うだろうか。驚き、怒るだろう。本望だ。私はその潔癖さを愛したのだから。それでも私が毒虫になったのは、ただあなたの愛が欲しかったからだと知って欲しいと、この時までは思っていた。
ノックとともにドアが開いた。彼だ!
彼は私を見た。「ザムザ」と短く言った。水のような目だ。私は頭をもたげ、頷こうとしたが、出来なかった。代わりにまるくふくらみ、弓形の固い節で分け目をいれられた腹部が見えるばかりだった。
私は懸命に彼の胸中を計った。わからない、彼がどこを見ているのかわからない。
もうどうなってもいい。私は毒虫の生き方を確立する。ついに私は一つぶの涙もこぼさない。彼の前で意志をもつ一匹の毒虫。彼と平等でありたいという愛の自己顕示だ。泣く必要がどこにある。


689 名前: 687 投稿日: 2000/07/26(水) 02:25
ちょっと失敗…


690 名前: 乙武 投稿日: 2000/07/26(水) 02:36
毒虫は不便です。
だけど、不幸ではありません。


691 名前: 消えるヒッチハイカー 投稿日: 2000/07/26(水) 03:42
これは作り話じゃありません。本当に、本当にあったことなんですよ。
私の母親の友人の同僚に起きたことなんですから間違いありません。
その人はアパレル関係のセールスの人らしいんだけど
普段から精神が不安定で、ある晩にひどく不安な夢を見たんだそうです。
そうしたら、翌朝、毒虫になってしまったんですって。
家族はいろいろ手を尽くしたらしいけど、結局もとには戻らなくて
毒虫のまま死んじゃったんです。
そしたら家族は晴々した気分になって
ピクニックに行っちゃったんだそうです。
本当なんですよ、この話。



692 名前: 桂枝雀 投稿日: 2000/07/26(水) 04:26
ありがとうございます例によって一生懸命のおしゃべりでございます。面白い
所がありましたらあは、あは、なんちゅよなことで笑って頂くわけでございま
す。
あのー、最前ですね、ちょいとウツウツとしてましてですね、そいでこのー、
なにか夢を見ていたような気もするんですがね、ええ、夢、でございますね。
(夢に関する枕入る)
で、まあ夢でございますからいつかは眼が覚める訳なんでございますけどね、
眼が覚めましたらですね、どーもおかしいちゅうんですよ。なんやわからん、
なんやおーきな虫になってしまってるんですな。おや?ちゅよなことですな。
まてまて、と。なんですかこう背中の方がごろーんとしてましてねえ、頭を
ひょいっともたげてみるとですよ、お腹の辺は褐色で、あのー褐色ってわかり
ますかな、茶色のことですな。でまあお腹の方は褐色で筋までが丁寧にしゃ
しゃーっと何本もついてましてですね、そいでこう脚がですな、ほっそいのが
何本もざわざわっと、ついとるワケですよ。
わたしゃもうびくーっとしましたですな。なーんじゃこりゃ。こりゃ一体何事
じゃちゅよな事で。


693 名前: ドラゴンボール 投稿日: 2000/07/26(水) 04:43
!!!!!!!!


694 名前: グレゴール・Zからの手紙 投稿日: 2000/07/26(水) 04:51
2ちゃんねるのスレッドに書き込んだ投稿に
つくレスに一喜一憂している親愛なる日本人の皆さん、
私はある朝、目が覚めたら大きな毒虫に
変わってしまっていた、グレゴール・Zである。

しかし、毒虫になろうが毒蝮三太夫になろうが
私が世界一の金持ちであることは変わらない。
なぜなら私は神なのだからね!
固い甲殻の背中も褐色の弓形の腹部も
神様のものだと思えば神々しく見えるだろう?



695 名前: 倉阪鬼一郎 投稿日: 2000/07/26(水) 05:32
ザクは赤色
ムサイは緑色
ザビエル頭が禿頭
はむかうものは刃を喰らう
毒の入った瓶を持ち
虫の羽を毟り取る。
にわには二羽にわとりがいる。
変わってお願い死刑執行
身体壱つじゃ足りませぬ。

ドラゴンの頭を打ちぬけ。


696 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/26(水) 06:45
>573
銀色サンクス!


697 名前: Yahoo!オークション 投稿日: 2000/07/26(水) 06:49
オークション > 電化製品、カメラ > その他

変身マシン(本物)
[ ウォッチリストに追加 ]
------------------------------------------------------------------

出品者(評価): samsa0 (*)
商品の数: 1
Yahoo!オークションID: 13508734
注:
早期終了する場合があります。
海外発送します。
残り時間: 1 日 (詳細な残り時間)
入札件数: 388 入札履歴
現在の価格: 99,999,899,713,536 円
最高額入札者: franz_kafka (*)
入札する前にログインを
今すぐ登録を
Yahoo! JAPANID: __________
パスワード: __________
ログイン
ヘルプはこちら

商品の情報
入札履歴
Q&A

質問 2
waca036: (*): 毒虫の大きさを教えて下さい。部屋から出られるかどうか検討し
たいもので。あと、落札者は試変身できるということですが試変身後のキャンセ
ルは可能なんでしょうか。 6月15日 10時45分
samsa0 (*): 突起、装飾部も含めると、幅152体長215高さ150(cm)
と比較的コンパクトに仕上がりました。試変身後のキャンセルは可能です。もし
キャンセルの方が多い場合は、実費として電気代をいただくかもしれません。
6月15日 19時24分

質問 10
Kageneko_99 (3): 毒虫にのみ変身可能ではなく、人間にも変身可能と考えてよろ
しいでしょうか? 6月16日 20時29分
答え
samsa0 (*): いいえ。6月16日 23時32分

質問 11
toco_t(2): 『怖い夢』というのは具体的にどのような夢を見る場合があるのでし
ょうか。それはマシンの誤作動で生じるのですか。また、SAMSA0さんは体験なさ
れたことはありますか。 6月16日 21時16分
答え
samsa0 (*): 「常識では想像しえない様々な事態」とご認識下さい。ここではお話
できません。落札していただくしかありません。マシンの誤作動はありません。私
ももちろん経験しています。 6月16日 23時44分

質問 15
komugico (0): マシンの外観ですが、目立ちますか。私は自分が変身する瞬間に立
ち会いたいのですが、立ち会っている間、林檎を投げられない様にしたいのですが、
どうしたらいいのでしょうか。 6月17日 3時56分
答え
samsa0 (*): 目立ちます。デザインにもそれなりに手をかけています。マシンの盗
難についてですが、そういう危険性も含めて綿密な変身計画が必要なのです。これ
を怠ると大変怖い思いをすることになります。不条理コミックの「ドラいもん」の
ようにはいかないです。 6月17日 11時46分

質問 20
kawaharada_akio_1999 (*): 僕は乗り物酔いが酷いんですが大丈夫ですか? 6月17
日 14時14分
答え
samsa0 (*): 振動はしますが周波数が高いので、通常の乗り物酔いはしないと思い
ます。それどころではありません。 6月17日 20時17分

質問28
higaeri777 (6): 何色ですか? 私はオレンジ色が好きなんですが、その様に変身も
できるんでしょうか? 6月17日 23時53分
samsa0 (*): 私もオレンジ色は大好きです!! しかし今回の毒虫はアールヌーボー
調に立体装飾されています。色はどちらかというと褐色系です。お気に召さなけれ
ば、変身後に御自分でペインティングなさってください。6月18日 13時8分

質問29
k1san (*): マシンを起動させてから変身が完了するまでにはどのぐらいの時間がか
かるのでしょうか?
samsa0 (*): マシンの起動から完了までですが、起動(電源オン)から変身可能状
態になるまで約20秒、それから変身開始まで2分〜2日くらいです。ちなみに変
身開始から変身完了までの体感時間は3年くらいと考えてください。 6月18日 13時
33分

質問76
swiwamo (1): 赤く塗ったら、3倍早く変身できますか? 6月19日 16時52分
答え
samsa0 (*): それは気づきませんでした。今度実験してみます。 6月20日 1時28分




698 名前: ■森毅(インタビュー編) 投稿日: 2000/07/26(水) 06:50

――ザムザさんが朝起きたら虫になったとのことですが。
森 そんな奴やったら、けっこう京大におったよ。あのころは僕も
若かったから野次馬してたけど、本人それほど困っとらへんかった
で。足が増えて便利や言うとった(笑)。「ザムザ変身問題の総
括」っていうレポートを書いた奴もおって、よう出来てるから単位
やった覚えがある。

――ですが、彼は数学教室のホープだったわけで。
森 うん。小針なんかわりかし涙もろいから、ごっつう同情はして
たみたい。せやけど、僕はそのへんドライというか割りきっててね。
ポントリャーギンっちゅうのは盲目の数学者で、彼は四次元が見え
るなんてホラ吹いてたけど、虫には虫にしか分からへん数学がある
かもしれんから、むしろラッキーと言うことも出来る。



699 名前: ■森毅(七〇年代エッセイ編) 投稿日: 2000/07/26(水) 07:15
 僕は数学少年であると同時に昆虫少年でもあったから、少しひい
き目に見てしまうかもしれないのだが、一生のうちに二回や三回、
毒虫になるのも悪くないと思う。
 近ごろの大学生を見ていると、わざわざ想像で硬い殻を作って、
そこに自分を入れ込もうとしているのが多い。それだけなら背伸び
をしている、と大目に見られぬこともないが、殻の破れることを恐
れて外部との接触を遮断するようになるとかなわん。そうした生き
方を自由という向きもあるが、それはむしろ自閉である。
 自分が毒虫であることを自覚すれば、毒虫に徹するよりない。普
通人に戻ろうとすればするほど、かえって世間の目は冷たくなるも
のだ。毒虫であることに居直ってしまえば、いつか一皮むけたと感
じる時が来るであろう。それが「脱皮」というものだ。



700 名前: 新井理恵 投稿日: 2000/07/26(水) 07:19
「いやー朝起きたら毒虫になっててさー」
「いやらしい!」
(ガターン)
「毒虫……! 毒虫だと!? あんな破廉恥な形状の……
 あの腹! 甲羅! あまつさえくいこんだリンゴ……!
 おおいやだ! お前は欲求不満か!」
「お前だろう」



: ホーム :