[an error occurred while processing this directive] ■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
文体模写してください ☆401 〜 500 番まで☆
401 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 01:06
寅さんもしくは座頭市きぼー。


402 名前: あとがき 投稿日: 2000/07/23(日) 01:41
お待たせいたしました。「グイン・サーガ」第*巻「文体模写してください」
をお届けいたします。

今回は −「あとがき」から読んでおられるかたにはネタバレになって
しまいますが(苦笑)*****・***が夢から覚めてみると、
自分の姿がベッドの中で大きな毒虫になっているのに気がついたりして(爆)、
なんかものすごい勢いでラストにむかっていってるという感じがしてなりません。

しかも、まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節(笑)で分け目を
いれられた腹部(^^;)が見えたりして、今の展開で百巻でおさまるとは思えなく
なってきました(核爆)。

ということで恒例の読者プレゼントは、ひろゆきさま、名無しさま、
モナーさまの三名様です。

それでは次巻をどうぞお楽しみに。

                    二〇〇〇年七月二三日



403 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 01:54
わっ!ここすごい面白そう。
今から読むね〜!


404 名前: readme.txt 投稿日: 2000/07/23(日) 02:09
[ザムザ] Ver. 1.00

[ザムザ]をダウンロードしていただき、ありがとうございます。m(__)m

[ザムザ]は人間(*.men)を虫(*.bug)に変換するためのソフトです。
bug形式といっても、今の所対応しているのは毒虫(^^;だけなんで
すが、できるだけ早い内にVerupして他の形式にも対応させたいと
思っています。

・使用方法
men形式の生物をベッドにドラッグアンドドロップして下さい。
[ザムザ]が自動的に起動してbug形式への変換が行われます。

・注意
・このソフトを使って起こった問題について作者は責任を負いません。


405 名前: 四海楼カスタム 投稿日: 2000/07/23(日) 02:11
本当にすごい…。
ネタレスだけになることなく、ちゃんと作家さんたち版も新出してきて…。
脱帽です。


406 名前: プロ野球解説 投稿日: 2000/07/23(日) 02:14
アナ「あ、ここで代打ザムザのようですよ」
掛布「ザムザ君はたくさんある軸足をいかに有効に使って打つかが
   ひとつのポイントでしょうねぇ」
江川「彼は体が大きいですからピッチャーの側からするとストライ
   クゾーンを広くとれて結果的に攻めやすいんですよ」
アナ「なるほど、そういう見方もあるんですね」
掛布「あとはお腹が固い殻ですから、体を早く開きすぎないように
   注意しませんとねぇ」
江川「ちょっと静かに見守りましょうか」


407 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/07/23(日) 02:19
>394 三枝師匠
 いつかでるかと思ってたけどイマイチ似てないっす・・・
 内容はともかく文体はもっと似させられるのではないかと・・・。
 自分がやるとなると難しいのはわかるのですが。


408 名前: パソコン用ゲームONE(ネタ被っているかも) 投稿日: 2000/07/23(日) 02:20
カシャアッ!

いつものようにカーテンの引かれる音と、そして目の奥を貫く陽光。

長森 「ザムザ! 起きなさいよーっ!」
ザムザ「うーん、俺はいま毒虫になっているんだ…。
    人間じゃないんだ…。だから学校にも行かない」

長森 「また馬鹿なこと言ってるーっ。そんなこと考えつけるんなら、
    起きられるでしょ?」

がばぁっ!

長森 「わぁーっ! 本当に毒虫になっている〜! ザムザいったいどうしたの〜!」
ザムザ「…俺にもよくわからん。」
長森 「なにのんきに自分のおなかをつっついているのよ〜」
ザムザ「いや、毒虫だな…って」



409 名前: 大前研一@ネタ?文学?教えてね 投稿日: 2000/07/23(日) 02:23
このような国際事情のドラスティックな変化を当然のものとわれわれサラリーマンも考慮すべきであり、それができない「旧人類」がおいていかれるのは、日本の未来のe革命の為には、必要な犠牲といえるのではないであろうか。
つまり、朝起きたら虫になっていた、そんな変化を当然のものと考えることは、私がスタンフォード大学で教鞭を取っていたときにはもうアメリカの優秀な学生の間では当たり前であり、固い甲羅に身を包んだビジネス戦士を量産することがいまのアメリカの好景気を支えているのである。


410 名前: パソコン用ゲームKANON(ネタ被っているかも…その2) 投稿日: 2000/07/23(日) 02:24

俺は朝起きてキッチンへ向かった。

祐一 「おはようございます。」
秋子 「おはようございます祐一さん。ザムザはまだ寝ていますか?」
祐一 「一応、ここにくる途中で声はかけましたけど…」


ザムザ「おはようございまふぁ〜」

祐一 「早く食べて…おわっ! ザムザどうしたんだ! その体!」
ザムザ「どくむし」
祐一 「毒虫っておまえ…」
ザムザ「どくむし」
祐一 「…」
ザムザ「…おなかは、ここ」


# おまけ
# ザムザ「はね〜。はねがあるよ〜。可愛くないはね〜」



411 名前: 通販生活 投稿日: 2000/07/23(日) 02:34
ある朝、グレゴール・ザムザさんが不安な夢から
目覚めたにもかかわらず熟睡できたのが、この伊
・ファベ社のメディカル枕。
小誌でも何年もピカイチ商品に選ばれている、ホ
ワイトクラウドの毛布にくるまっていたことも快
眠の手助けになっていたとのことですが、自分が
毒虫になった朝でも目覚めがすっきりしていたの
は、やはりこの枕のおかげ。固い甲殻の背面部分
を、適度な深さでしっかりへこみをつくり支えて
くれます。また、一般的な枕よりひとまわり大き
いサイズなので、固い甲殻でも自由に寝返りがう
てます。
<使用後返品OKマーク>商品だったので、安心
して1週間前に申し込んだばかり、というザムザ
さん。「変身後、ますますフィットする」と、1
か月たった今ではすっかり手放せない様子。家族
用・来客用にと、お一人でさらに10個も購入して
いただきました。


412 名前: 落合信彦 投稿日: 2000/07/23(日) 02:48
驚くべき情報が飛び込んできた。
ドイツの情報組織”ゲーレン機関”の中心人物グレゴール・ザムザ
少佐となのる男の経歴は全て偽装(カバー)で、その正体は一匹の
昆虫だというのだ。
私も当初、このニュースを聞いたときは信じられなかったが、
しかしぞの情報源はトリプルAである。
私は、裏を取るため、百万円単位の国際電話を世界中にかけ続けた。
そのうち、モサドのX氏がこう私に情報を与えてくれた。

「ノビー、この件は深入りすべきではないと思う。わが情報部も、
徹底的にザムザを洗った。その結果、甲羅と節の形状からこれが
中東及び欧州の安全保障の一大危機に発展することを付きとめた」

こうまで言われて黙っているわけにはいかない。
私はすぐさま、ワシントンに飛んだ。


413 名前: 394>407 投稿日: 2000/07/23(日) 02:50
あんま「お大事に」「やでやで」等、指摘し尽くされたフレーズを使用する気には
ならんかった (他の人がやるのはいいんだけど) し、それでもなお似せられるほどの
能力なかったし、でまあ、他の誰かが遠慮なんかしないで面白いのをアップして
くれることを、きぼーん。
# このスレッドでは皆さん重複を避けてるみたいだけど、第一号(?)がいいと言えば
# いいんですよね? 乱立したらまずいかもだけど。




414 名前: 転載君@ムーノー 投稿日: 2000/07/23(日) 02:57
グレゴール・ザムザとかいうわりと日本人ばなれした名前の人が朝ベッドで寝てて、
なんか変な夢とか見てて、ガッとこう起きたらカラダが何?すげーでかい?毛虫?
なんかそういうのになっててビビったわけですね。毛虫なのに一応人間だった時の
クセとかで仰向けで寝てて笑えます。つーかこのあとどうやって起きるつもりで
しょうか(笑)。で、とりあえずあちこち見回してみたらちゃんとあれですね、
ハラとかは節目みたいに筋とか入ってたりしててかなりブキミなわけですね。
さよなら人体(笑)。


415 名前: シーザー 投稿日: 2000/07/23(日) 03:08
起きた、見た、なった


416 名前: 初心者・元気だぞ/鐵扇會(偽) 投稿日: 2000/07/23(日) 03:11
わーい ぼくだぞ

はじめましての こにゃにゃちは

まいんち とうだいのまえで つったっていたものです

祈りと言うのは 大事

で そのお祈りは つーじなくて

そのかわりに あさ おきたら

虫ころに なっていた

だから 今のぼか

なんか 黒くて ぴかぴかしてる

アブラムシみたいで おっかない

でもって かなぴー

またくる

さよなら


417 名前: 上の 投稿日: 2000/07/23(日) 03:13
初心者・元気だぞって誰だよ!(笑)


418 名前: 故藤子不二夫 投稿日: 2000/07/23(日) 03:23
のび太「ドラえも〜ん、朝起きたら虫になっちゃったよ〜」
ドラ「しょうがないな〜」
ティティティティッティティ〜〜〜ン
ドラ「どこでもドア〜〜」
のび太「それじゃ直んないよ〜〜」
ドラ「ごめん、ごめん」


ヤベッ


419 名前: 林雄司(やぎコラム) 投稿日: 2000/07/23(日) 03:36
虫になってもげぼ。
---

きのうはビールを飲みながら「死ぬかと思った」を
更新していたけど、そのまま寝てしまった。

起きたら虫になってた。

とかいって、会社の人がこれを読んでも
僕が「虫になった」なんてバレバレな嘘をついて
仕事をサボろうとしているように見られてしまうかも。

病院に行くのでこれにて。




420 名前: ダウンタウン 投稿日: 2000/07/23(日) 03:58
松本「いやー、今朝起きたらね、虫になってたんですわ」
浜田「はぁ?誰がやねん」
松本「いや、ボクがですよ」
浜田「……あー、そんで?」
松本「信じてないでしょ」
浜田「信じるかい! んなもんボケェが」
松本「なんてゆうたらええのんかなあ、ホンマなんですよ」
浜田「お前のその姿どう見ても虫ちゃうやん」
松本「いやわたし虫ですよ」
浜田「……あーそー」
松本「どうも楽屋でもスミのほうスミのほうに行きたくなるんですわ」
浜田「なにゆうとんねん、お前楽屋の真ん中で雑誌読んでたやないけー」
松本「何読んでましたか?わたし」
浜田「はぁ?」
松本「いやだからなんという雑誌を読んでましたか? と聞いてるんです」
浜田「なんや、ジャンプやなかったかな」
松本「でしょ! それが動かぬ証拠です」
浜田「……」


421 名前: 集計しようよ 投稿日: 2000/07/23(日) 04:01
無理矢理投票開始。
つうより、別のお題に移したいので。

勝手に決めてイイかな。
イイね。決めるよ。
328さんの分類に従って、
A 純粋に似てると思える

B 単純に笑っちゃう

C なんかよくわかんないけど、こんなの書けるのってすごい

この三つのジャンル
でひとり一つづつ候補をだそう。

ちなみに僕は
A 2の町田   B 89のファミ通 C 284岡村
がいいと思いました。
てきとうなところで1が集計して
それぞれ賞を決定してハンドル名を授ければよろしいでしょう。

防ぎようないので、無制限応募Okで。
自分のに入れるようなセコイ人はいないと信じましょう。では


422 名前: スタパ様@「PC道」風 投稿日: 2000/07/23(日) 04:19
 翌日イカすデジタルガジェットをゲットするために連続20時間気絶した俺
は、目が覚めると一匹の毒虫になっていた。とにかく気分を落ち着かせるた
めに8袋のポテチを16リットルのペプシで胃に流し込んでオエッとなったあと、
オークションでDECのハイトラを手に入れてウハウハなノートパソコン衝動買
い技術者の船田戦闘機氏に無料の電話相談をした。
「はい、こちらスティーブ・ジョブス改め船田戦闘機でーす。G4Cubeかなり
イカしてるんだよねー。すっげえ欲しいんだよねー。でも金無いんだよねー」
「朝起きたら毒虫になっちゃったんだヨ! これじゃ秋葉原巡礼に行けないん
ダ! どうしたらいいのか教えて欲しいんだヨ!!」
「貴様とかってホントバカだよね。そんなのフォーマットしてOS再インスト
ールすりゃいいじゃん。そういえば君ってシネマディスプレイ持ってたよね。
弊社はそれを1万円で買い取りたい。売るでしょ売るでしょ売るしかないで
しょ」
 船田氏の無理難題を丁重にお断りしてどっと疲れた俺は、とりあえずまた
32時間ほど寝ることにした。


423 名前: スタパ様@「PC道」風 投稿日: 2000/07/23(日) 04:23
すみません、イマイチです。修行し直してきます(涙)。


424 名前: チャンドラーは他にもありましたが 投稿日: 2000/07/23(日) 04:36
「オーケイ、グレゴール」私は歯のあいだから声を出した。
「君は毒虫だな。六フィート。百九十ポンド。甲殻も発達している。褐色の腹
部も弱くない。家族にかまってもらえず、リンゴを投げつけられたが、それで
も参らなかったんだ。そして、腐臭を放っている。さあ、このへんで、何とか、
目にもの見せてくれないか」
私は再びベッドに横になった。


425 名前: >423 投稿日: 2000/07/23(日) 05:13
そんなに悪くないよ。次回は渋谷洋一とかどうよ


426 名前: 金井美恵子 投稿日: 2000/07/23(日) 05:38
冷えびえとした灰色のくもり空から時々鈍いオレンジ色の薄日が差しはしたものの、
厚い雲が重くたれこめたいやな天気で、日曜の朝とはいえなぜか見てしまったいやな
夢の、どんよりとした心もちから脱け出したい一心で軽く頭をもたげてみると、生成
りのシーツ−そう、昨日買ってきたばかりだった、気に入っていた絹のシーツがコー
ヒーの染みで使えなくなってしまったので−がふわりと波うち、褐色ににぶく光るな
にかが目に入った。これは何、と声を出そうとして、咽喉の震えがからきし言葉にな
らず、古いハリウッド映画で黒人の農夫が農場主に鞭で肉を裂かれたときのような気
味のわるい音を耳にしたとき、もしかして、と浮かんだ悪い想像を打ち消そうとシー
ツを思いきり投げ捨てると、コーヒーの染みではない別のもっとどす黒いものが目に
入った。



427 名前: 番長日記 投稿日: 2000/07/23(日) 05:40
おう、ワイや、清原や。オールスター?何やそれ。野球も知らんゴミどもの集まりや
ないか。ワイはゆっくり休ましてもらうで。たまのオフやっちゅうのに今日もマスコ
ミの虫どもがうるさいのう。と思ったら何や!ワイが虫になってもうたんかい!これ
じゃあ美人のヨメはんに怒られるのう。まあこの弓形のアレで逆に喜ばせたるか。



428 名前: 426,427 投稿日: 2000/07/23(日) 05:40
全然文体が違うのは難しいね。


429 名前: クロスレビュー 投稿日: 2000/07/23(日) 05:48
ゲームを開始していきなり主人
公のザムザが毒虫に変身してし
まうムービーに度肝を抜かれる。
生理的に受け付けない人にはお
すすめめできない。固い甲殻の
ツヤツヤ感覚がサイコー!


430 名前: スタパ様@「PC道」風 投稿日: 2000/07/23(日) 05:51
>425さん
 ありがとうございます。でも渋谷さんの文章ってあんまり知らないんですよ。
 


431 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 08:13
なんか、このスレこんなとこでも注目浴びてるね。びっくり。
http://www.ruitomo.com/~rayna/bbs/kohobu.html




432 名前: グロンギ語 投稿日: 2000/07/23(日) 08:16
アスアガ、グレゴース・ザムザガ・フアンバユレバラ・フゴセザレデリスオ、
ベッゾンババデ・ジブンングガタガギッピキン、オデズモバグ・
ゴゴキバゾグムギビ・バワッデギラッデギスンビキガズギタ、クウガ!


433 名前: リクエスト 投稿日: 2000/07/23(日) 09:03
・松沢呉一
・ザバダックの歌詞風
・板垣ケイスケ
・富野ヨシユキ


434 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 09:24
386のヒッチコック/トリュフォーが好きです。
思わず「映画術」読み返しちゃいました。


435 名前: なりなりヘッドライン 投稿日: 2000/07/23(日) 09:31
はい、こんにちは。コ○助なり。

今朝、コ○助は不安な夢からふと覚めてみたなりが、 ベッド
の中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わって
しまっているのに気がついたなりね。(笑)
固い甲殻の背中を下にして、ちょっとばかり頭をもたげてみた
なるが、まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で分け目を
いれられた腹部が見えてしまったなるよ。

スポンサーも訪れて下さいなり・・・。 (涙)


436 名前: 埴谷雄高 投稿日: 2000/07/23(日) 10:06
それはいわば普遍的でまっとうな日常の、<ある朝>と形容
するに相応しい朝だった。夢魔から覚醒したザムザがはじめ
に自己の内的な変容を自覚したのは、一種独特の形状を腹部
に表する名状し難い褐色の節だったが、ところでしかし、ザ
ムザがそれを瞠目する以前に、彼は背中の奇怪な固さを無意
識裡に認識しており、意識の表層では事態の急転に戦慄しな
がら、けれどもそれも極めて軽い慄きであり、彼が真に意識
すべきは目覚めの陶酔とでも呼べる、まるで死滅した宇宙の
寂々とした世界に漂白する単細胞生物のような孤高な使命感
に限りなく近く、といって絶望とは程遠い、奇妙に昂揚した
自家撞着に思考が滅裂に成り果てて狂躁した、畢竟「毒虫に
なった」という一見無価値な錯乱を礎とする妄想めいた現実
であった。



437 名前: 清水義範 投稿日: 2000/07/23(日) 10:58
(このスレッド全体がここにコピペされていると想像しましょう)


438 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 11:35
投票賛成だけど、
文体模写というより盗作に近いものも中にはあるんでしょ?
原書の一部をちょっと書き換えたものとか。
そういうのは指摘して、選考外にしたいな。


439 名前: 平野耕太 投稿日: 2000/07/23(日) 11:45
朝起きたら毒虫になってたよー。糞。
かってに甲殻つけられてほっとかれて、
かってに腹に筋入れられて無断に変身かよおーもーー。
んだよもうーあーくそーしねよーじゃもういいよーあーーー。
なんつうか、もうーーアレだー、、ウドン位しか食う気しねー。
もういきどおりで不能になりそうですよ!

(口では不能不能と言いつつも、
怒りの余り股間はかつて無いほどの怒張を、
そして毒液だだ漏れ)


440 名前: 泉鏡花の随筆風(のつもり) 投稿日: 2000/07/23(日) 12:01
僕は明に世に大いなる超自然力のあることを信ずる、これを強ひて、一纏めに命名すると、
変身力とでも呼ぼうか、人間はこれに対して到底不可抗力のものである。
変身力が具体的に吾人の前に現顕する時は、三つ目小僧ともなり、一本脚傘の化物ともなり、
僕のやうに毒虫ともなる。
僕が変身力の深淵に陥つてゐた時代は、今から想うても慄然とするくらゐ、心身共にこれが
為に縛られて仕舞ひ、一日一刻として安かることはなかつた。眠らうとするに、魔は我が堅き
胸に重りして夢は千千に砕かれる。我在りと自覚するに頗る朦朧の状態にあつた。
僕はこれから先永遠に毒虫なのだらうか。不可抗力とはいふものの、元の姿に戻ることは
果たして、可か不可か。可か不可。可不可。カフカ。



441 名前: >438 投稿日: 2000/07/23(日) 12:44
そうだね。だから、誰かが、ある作品(?)を推薦したら、
その作品に対して意義ある人はそれを批評するなりすればいい。
これは、あれに似すぎている、盗作に近い、とか。
そろそろ、鑑賞の時間もふやして、感想を言い合おう。


442 名前: ゲーム帝国風 投稿日: 2000/07/23(日) 13:05
●毒虫でした。(秋田県 グレゴール・ザムザ)

●貴様は意味不明であり、ちょっと頭を触られたので怖くて威嚇の触覚だしたら元
 に戻らなくなり、そしてそのまま渇いてゆけ。


443 名前: 清水ウォッチャーだったはずが 投稿日: 2000/07/23(日) 13:44
過去ログ倉庫みたいに使いたい人はどうぞ。
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt.shtml
URL に #記事番号 をつけると、直接その作品に飛べるはず (バグがなければ)
例: http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt.shtml#77



444 名前: 新井素子 投稿日: 2000/07/23(日) 13:45
夢を見てた。とっても怖い夢だったような気がする。
ふと目覚めて、あたし、愕然。
毒虫になってる。とっても大きくって、どてっとした、毒虫。
「これ、夢?」
ははは。莫迦ですね、あたしゃ。先刻、ちゃんと目が覚めたっていうのに。
とりあえず、ベッドの中で動いてみる。もぞもぞもぞ。
背中に、固い感触。どうやら寝入った時と同じ。仰向けになってるみたい。
おとがい(ってものが虫にあるのか、わかんないけど)を持ち上げてみると、
まぁるい、褐色のお腹が見えた。庭で見つけたダンゴムシみたいな、じゃばら
の分け目が入ってる。
第一−−此処、何処?
パニックになりかけたあたしの複眼に、天井がうつる。いつもの、見慣れた白い天井。
しろ。まっしろ−−。
あ、もう駄目。
あたし、こてんと、気絶してしまった…。



445 名前: まこと(IWGP) 投稿日: 2000/07/23(日) 13:59
ちょっと待てよ、人が虫ンなるわけねーよ。ありえねーよ。
さっきから聞いてりゃよぉ。
つーか意味わかんねーよ。話が見えねーよ。
で、なんで人が虫ンなんだよ。



446 名前: 永井荷風 投稿日: 2000/07/23(日) 14:04
絶望----デゼスボワール----
寝台の上で仰向きに、天井を眺めて、自分は何故こんな身体になつたのであらうと、
運命を憤るより果敢なく思ふのである。
昨夜の今朝方まで飲み続けたシヤンパンの為に、頭がふらふらするばかりか、
身体は節々が馬鹿に堅い。あゝ、こんな身体ではガルソンは愚か、何も出来たもの
ぢや無い。娼婦で生活する情夫にさへもなれはしまい。
あゝ、出来る事ならば、若い悩みに苦しむらしい巴里の処女や、其れにも劣らず
若々しく見える人の妻と、もう一度と思つたが、其れも早やかなはぬ望みである。
あゝ、モン デュー(わが神よ)自分はどうしたら可いのであらう。


447 名前: >438,441 投稿日: 2000/07/23(日) 14:17
うーん、盗作とそうじゃないものの線引きって難しいと思いますよ。
多かれ少なかれ、原文からフレーズを引っ張ってきているわけだし。
原文をちょっと変えただけのものでも、やっぱり面白いものとそうでもないものがある。
もしみんなが、そういう作品を「面白いな」と思ったのなら、それは元ネタを
ちょっといじっただけで面白くなると気がついた人の着眼点が評価されたということで
いいんじゃないでしょうか。

あと、合評形式はことによるとリスキーかも。
穏やかだったこの板が、一気に揉める可能性もあるような……(^_^;


448 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/07/23(日) 14:39
>一気に揉める可能性もあるような……(^_^;
そんな事気にしないでも……もう遅いでしょう。
大量のサイトで紹介されちゃってるし。


449 名前: 養老孟司 投稿日: 2000/07/23(日) 15:08
ある朝、嫌な夢を見た。眠りから覚めた。自分が一匹の節足動物になっていた。
節足動物は外骨格である。外側の殻皮が人間の骨に該当し、筋肉は殻の内側に
付着する。ともあれ、私は好きな甲虫類に変身できたことを喜んだ。さっそく
頭を25度程もたげ腹部の観察をしてみた。毒虫と判断できるが、解剖してみ
ないことにはその毒素の種類が分からない。



450 名前: 350>357 投稿日: 2000/07/23(日) 15:25
レス遅でゴメソ。サンキュー(ポエム)
>たっぷりと毒を持ったやつね、きっと
個人的にクリーンヒット。



451 名前: 四海楼カスタム 投稿日: 2000/07/23(日) 16:02
ここのアイデアだした1に感服。人気スレですよ、なにしろお笑い板にもリンクされてたし。


452 名前: サン・テグジュペリ 投稿日: 2000/07/23(日) 16:08
 へんな、いやな夢を見て、ぼくは目をさましました。すると、
どうでしょう。おどろいたことに、ぼくの背中は固い甲羅に、
腹は褐色の、たくさんのふしになっているではありませんか。
 ぼくは、びっくりぎょうてんして、とびあがりました。
なん度も目をこすりました。けれども、ぼくはまちがいなく、
毒虫になっていたのです。この本のはじめの絵をごらんなさい。
これが、ぼくがあとになってかきあげた、一ばん上できの、
その毒虫の肖像です。


453 名前: ひとまねこむし 投稿日: 2000/07/23(日) 16:50
これはどくむしになったザムザです。
どくむしになったところを、きいろいぼうしのおじさんと出会って
アフリカからつれてこられたのです。
きょうはきいろいぼうしのおじさんがごようじでおでかけです。
「いい子にしているんだよ。このへやからそとにでちゃいけないよ」
きいろいぼうしのおじさんはそういってでかけていきました。
ひとりになったザムザはじぶんをかがみでみたり、まどからそとを
ながめて、みちゆくひとたちをびっくりさせてたのしんでいましたが、
すぐにたいくつしてきました。
たいくつすると、どくむしはすぐにやくそくなんかわすれてしまい
ます。それに、ザムザはとってもしりたがりでした。
まちにも、ぼくのなかまがいるかもしれないな。そうかんがえると、
もういてもたってもいられません。
ザムザはドアをあけてそとにでてしまいました。


454 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/07/23(日) 16:57
>444

笑っちゃった。


455 名前: ブラックジャック 投稿日: 2000/07/23(日) 17:02
B・J「で、患者はどこです?」
依頼人「こちらの部屋です」
(ヒョウタンツギのB・J)
B・J「こりゃどうしたこった、これは虫じゃないか!」
依頼人「ええ、外見は毒虫です、でもまちがいなく人間なのです」
B・J「バカバカしい!、せっかくだがおりるよ、私は人間の医者だ、虫のオペなんてごめんこうむるね」
部屋から出て行くB・J
依頼人「まってください先生!…この虫、ザムザは私の息子なのです、
どうか助けてやってください、後生です…」
B・J「・・・フン、おまえさんにめんじてオペをしてやろう、
ただしこのオペ、節ひとつで一千万かかりますぜ、人間に戻れると思えば安いもんだ」
しばらく後
B・J「いつものやつたのむ、ああそうだ、遺体が出たらひとつこっちへまわしてくれ」


456 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 17:19
ここすげー。
かつての音楽板の「モー娘。」スレの職人たちにぜひチャレンジしてほしい。


457 名前: (80年代の)ねじめ正一 投稿日: 2000/07/23(日) 17:25
ざむちゃんちのかあちゃんととうちゃん
とてもなかがわるくていつもいつもけんかばかり
めがあうとけんかして はながあうとけんかして
ざむちゃんがやめてやめてといってもけんかして
ざむちゃんじてんしゃもいらないし
グローブもいらないし
ファミコンもいらないからやめてやめてといっても
かあちゃんととうちゃんけんかやめず
ざむちゃんがまんできなくなってきて
どんどんおこってきて
だんだんざむちゃんのからだかたくなってきて
ふくらんできて
おなかがだんだんわかれてきて
おへそがびんびんふくらんできて
おへそのごまがぴょんぴょんとびだしてきて
せなかがぼんぼんふくれあがってきて
おしりのあながとがってきて
そこからえきがぴゅっぴゅっとでてきて
ざむちゃんのからだどくむしになっても
ざむちゃんのからだどくむしになっても
かあちゃんととうちゃんきづかずいいあいしてる
かあちゃんととうちゃんあいかわらずけんかつづけてる


458 名前: ヴォネガット@タイタン 投稿日: 2000/07/23(日) 17:39
タイタンで目覚めると、グレゴリー・ザムザはニコチン中毒者の歯の裏色の毒虫になっていた。
「これが君が僕に望んでいたことなのかい、ラムファード?」
気だるそうに目をこすりながら、ラムファードはいった。「君がどうするか私は知って
るだけで、何も関与などしていない。わかってるだろう?・・・・
いや・・・訂正するよ。グレゴリー、ちょっと首を右に傾けてくれないか?」
失うものをすべて失ったグレゴリー・コンスタント・ザムザはラムファードにいわれるが
まま首を傾けた。

ピシッという鈍い音とともに彼の触覚の一本が欠け落ちた。

「もうあまり時間がないんだ・・・急いでくれ。それでサロを起こせるはずだ。一つだけ彼に
聞きたいことがある・・・」


459 名前: 深沢七郎風 投稿日: 2000/07/23(日) 17:49
ある朝、ザムザがイヤな夢を見て目を覚ますと、すっかり毒虫になっていたの
だった。固いこうらのような背中を下にして、ちょっとばかり頭をもたげると、
いくつものフシ目がならんだ腹が見えた。
(厄介なことになったナ)
と思ったが、すぐに
(ナメクジになるよりは)
と思った。
毒虫になるのも困るが、ナメクジになるのはもっとイヤだった。ナメクジの方
がいいというヒトもいるが、
(気が知れない)
とザムザは思った。塩をかけられて溶けてしまうのは困るから、それならまだ
毒虫の方がましだった。


460 名前: 中川李枝子 投稿日: 2000/07/23(日) 17:56
 しげるが、あさめをさますと、むしになっていました。
 しげるがあたまをもちあげると、たくさんわけめがはいったおなかが
みえました。
 おなかのいろはまっかです。しげるはがっかりしました。くろか青だったら
よかったのです。
「むしなんて、いやだよう。
 女のいろなんて、いやだよう。
 くろいのじゃなくちゃ、いやだよう。」
 しげるはたくさんにふえた足をばたばたさせておこりました。
「しげるちゃん、ちゅーりっぷほいくえんにいくじかんですよ。」
 とおかあさんがいいました。
「いやだい。ほいくえんなんかいやだい。」
 しげるがぴいぴいなきながらいうと、
「それなら、いいところにつれていってあげます。」
 おかあさんは、しげるの足のいっぽんをしっかりとつかまえて、みちを
あるいていきました。
「いやだよう、いやだよう、おうちのほうがいいようー」
 しげるは、まだ、べそをかいています。
 くだものやをまがって、ぽすとをまがると、あ、ありました。
"いやいやえん"
 もんに、そう書いてあります。
 まどから、子どもがおおぜいかおをだして、しげるのほうをみています。
「あ、むしがやってきた。」
「『いやだよう、いやだようー」』だってさ。」
 みんなは、わざと手足をぞわぞわさせて、しげるのまねをしました。
 おかあさんは、どんどんあるいてもんをくぐりました。


461 名前: >460 投稿日: 2000/07/23(日) 18:00
「しげる」→「ざむざ」とすべきでしたな(泣)


462 名前: 安原顯 投稿日: 2000/07/23(日) 18:26
寝る前から、どうせ碌な夢ではないだろうと思っていたが、目覚めると
虫になっていた。ありがたし! なぜか。五流の後進国日本では究極の
差別ゆえ、スーパーエディター(ワシのことじゃ!)であってもさっさ
と人など辞めてしまいたかったからだ。なにゆえこの俺が「馬鹿ど素人」
に頭を下げて原稿を書かねばならんのか。虫になって思ったのだが、自
分の体がちょうど共鳴板の役目を果たし、リンのCDプレイヤーで驚く程
豊かな音像を得ることができる。うーん、次回はぜインシュレーターに
なってみたい。


463 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 19:27
酒井順子お願いします。


464 名前: 植草甚一 投稿日: 2000/07/23(日) 19:35
このあいだ神保町のなじみの書店で、新しく入ったニューヨーカーをパラパラとめくっていると、
うしろから「ジイさん、どうしたんだヨ」と声をかけられたのだった。ふりかえってみると、
すこしまえ新宿のジャズ喫茶で知り合った若いヒッピーがふたり、びっくりした顔でこっちを見ている。
カフカの原著(あれはたぶんガリマール社の初版だったと思うのだが、それとも戦後に再版された
質の悪い紙のやつだったのだろうか?)を大事そうに抱えた背の高い方が「虫…・虫…・・」とつぶやくばかりで、
どうやら言葉も出てこないほど腰を抜かしているらしい。
昨年の冬だったか、ぼくはアメリカの若い作家を紹介するアンソロジーに夢中になっていて、
そのなかに入っていたフィリップ・ロスの短編に、朝おきたらオッパイになってしまった男の話があって、
ぼくはいっぺんで気に入ってしまったのだった。あれを読みふけってから、どうも背中がむずむずして、
固くなってきたと感じていたのだが、まさかオッパイならぬ虫になっちゃうなんて。彼らの想像力は、
どうも際限がないらしい。ここのところアメリカの若い作家たちがめっぽう面白い理由も、そのあたりにあるんだろう。


465 名前: ガチンコ竹原! 投稿日: 2000/07/23(日) 19:51
うわ〜!いやな夢だ・・・・
おれが網野にボコボコに殴られてるよ。
やっと目が覚めたよいやな夢だったな。
そして、自分の体をみて驚いた、なんと
毒虫になっちゃってるよ、やばいな〜!
「でも今日、収録だから行くしかないな。」

ファイトクラブ生を前にして一言・・・
「おまえら俺がこんな虫になったからって
甘ぉぅみて練習さぼるなよ、わかった?」



466 名前: ローレンス・ブロック 投稿日: 2000/07/23(日) 20:19
その日の話し手は一匹の毒虫だった。背中は固い甲殻でおおわれ、腹部には褐
色の弓形の固い節が並んでいた。
「グレゴール・ザムザと言います」と彼は名乗った。「酒を飲んでいた頃、医
者にこのままだと毒虫になってしまうと言われました。そのとき私が知りたが
ったのは、毒虫になっても酒は飲めるのかということでした。医者は“それは
無理だ”と言いました。“毒虫になってしまうと酒は飲めなくなる”とね。そ
こで私は考えました。ちくしょう、どうせ飲めなくなるのなら、いまここでや
めるより毒虫になる日まで飲んでやろうとね。その結果がこれです。おかげで
酒はやめられましたがね」
最後は冗談めかしたつもりのようだったが、誰も笑わなかった。若い男が、も
しいま、その頃に戻れたら酒はやめるかと尋ねた。
分からない、と彼は答えた。
次はわたしの番だった。私は言った。「マットと言います。今夜は聞くだけに
しておきます」


467 名前: 蓮實重彦? 投稿日: 2000/07/23(日) 20:46
とりたててその朝というものが別段特別というわけではなかろうし、物語は当の昔に始まっているのだから、さりとて、グレゴール・ザムザなどと命名されたものに生起した事件について無償の饒舌が、「とりあえず」の冒頭としてここに語られようとしていることさえ、すでに語られてしまったことであり、つまり、表層の怪物−あえてこう呼ぶこともできよう−が、説話論的装置に一斉にせり上がってきた瞬間、、、(意味不明)


468 名前: 三枝師匠@暴れ牛モード 投稿日: 2000/07/23(日) 20:54
題名:やれやれ。それはちがうね。 投稿日:2000/7/23(日)20:41

ゴイサギさん、

わわわわわ、ありがとうございます。


受・臓犬さん、ナ=”ーま之さん、

ある朝のことですが(苦笑)。
あたしゃかなり不安な夢を見たんですよ。
なにせ、わたしの睡眠時間は、ツクバで働いている人よりずっと長い。
これで人よりいやな夢を見るのが少いというなら、鈍感と言わざるを得ませんね、あんた達は。
それがなぜかわかりますか?
さて、不安な夢からふと覚めてみると、ベッドの中で自分の姿が一匹の、
とてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついたんですよ(わはは)。

いや(笑)、
わたしが虫だとしたらあなた方はとっくの昔に虫でしょうね(大笑)。
あたしゃ甲殻が固いので、ぱっと見は誰にでも言い負かせそうに思える。
腹部も、「まるくふくらんで、褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられているのがいい」と言った男が3人。
じゃあ腹が痩せたらどうなるんだ。

虫だから虫だ、としか言えないんだったら2chでわあわあ喚いていて下さい。


469 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 20:58
誰か清涼院流水でやってくれ。


470 名前: 小沢健二@フリッパーズ・ギター 投稿日: 2000/07/23(日) 21:12
不安な夢に急かされて
僕らは朝には気づくだろう
青いギンガムチェックのシーツだろうと
僕らは毒虫になっているのさ ああ!
仰向けになって ちょっと頭をもたげて
まるくふくらんだ 節目だらけの体を見てた
君は赤い林檎を落とすだろう
そこで僕らは本当の終わりを知るのだろう


471 名前: モンゴメリ 投稿日: 2000/07/23(日) 21:36
「グレゴール、あんたその姿どうしたの? まあ、毒虫じゃないか」
 この世の生き物に例えるなら、また毒虫といったところだろう――背中は
奇妙な、つやつやした黒い甲羅で、腹にはひと筋、ふた筋、褐色で弓形の節で
分け目が入っていて、おそろしく気味のわるい効果をあげていた。このときの
グレゴールの姿ぐらいグロテスクなものをザムザ夫人はこれまでに見たことが
なかった。
「そうなの。毒虫なの」グレゴールはうめいた。「ああ、母さん。どんなに
あたしがみじめだか、わかってもらえないと思うわ。こればっかりは想像でも
どうにもならないわ。『さあ私の体は手が二本足が二本で、直立歩行によって
移動するのだ』と思いこもうとしてもやっぱり毒虫だということを承知して
いるんで、胸がはりさけそうになるのよ。生涯の悲しみとなることでしょうよ」


472 名前: A. ビアス 投稿日: 2000/07/23(日) 21:47
REINCARNATION 輪廻転生 (n)

主に東洋で信じられている、ある生物が、死後、生前と異なった生物
として生まれ変わるという説。その真否はともかく、らくだに乗って
針の穴をくぐる練習をせずにすむ分、我々の信仰よりも優れている。
博識で知られるドラーリング博士は、グレゴール・ザムザという、生
存中に他の生物に転生してしまった男について興味深い記録を残して
いるが、数年に渡って裁判所の出入り口を観察してきた当辞書編集者
は、これが裁判所内部で余人を交えずに行われている何事かについて
一定の光明を投げかけるものだと愚考するものである。



473 名前: シーマン 投稿日: 2000/07/23(日) 22:27
「シーマン」
「…」
「シーマン」(ノック)
「…」
「シーマン」(激しいノック)
「…グレゴールさんよ、あんたもいい加減ヒマだよな。で今日はなによ?」
「毒虫になった」
「毒虫! イカすねぇ。腹なんか茶色にふくれてな。
…おれに対するあてつけかよ」
「どうしよう?」
「そうだな、まずは落ち着いて自分のまわりを見渡してみるべきだな。
そういう特殊な状況だと、
慌てて騒ぎ回るのは立場を悪くすることにしかならないと思うんだ。
あとは家族の理解次第だな。
ま、人間じゃなくても楽しいぜ、いろいろとな」
「サンキュー、シーマン」
「イェ〜イ」


474 名前: どこでもいっしょ 投稿日: 2000/07/23(日) 22:28
ニャニャニャ☆
たいへんなのニャ!
ともだちのグレゴールがあさおきたら
どくむしになってたらしいのニャ〜!
ザムザいっかはだいこんらんニャ!
ところで「どくむし」ってなんなのニャ?

(たべもの)

どくむしって好き?

(大きらい)

むー、どくむしってざんこくなのニャ…。
トロもきをつけるニャ…。
それじゃ、バイニャ☆


475 名前: 松本零士 男おいどん 投稿日: 2000/07/23(日) 22:36
「寝る子は育つ」とむかしの人はいった
しかし、おいどん大山ザムザが世にも不安な夢から目覚めたときの育ち方は
どんなに昔の人でも出会ったことのない育ち方だろう
おいどんのいやが上にも偉大な人生の一日が、今日も始まる…

むわー。どぎゃんしたとね。おいどんの体が、ムシさんになっちょるばい。
足もモロモロたくさんはえていらっしゃって背もカチカチ、腹も節だらけばいねー。
サルマタケ食べ過ぎた副作用かしらん。それともタムシが全身に広がったか?
とりあえずマセトローションでも塗っとくか。ガラ。「ヌスットコロスー」
みぎゃー!!このトリ、いくら見た目がちごうちょるとはいえ、長年一緒に
おるご主人サマがわからんのか!しまいにゃくうど、てめー。しかし、
何がおこったんばいねー。まあ大宇宙の広さにくらべれば、おいどんの
体ごときどうちゅうこともなか。タムシもムシも似たようなもんばい。
おー。足がたくさんあるけん、薬も塗りやすかねー。これぞ欠点を利点となす
大山式病気克服法。しかし、薬塗った位で直るとは思えんなー。さすれば
医者に行くか。…でも現在のおいどんの全財産、25円。せめてオヤジの
仕送りでもありゃなー。日本の医者代が高いのか、オヤジの稼ぎが少ないのか。
どちらにしても、おいどんのせいじゃなか。強いていや、オヤジと国の連帯責任。
…そげんこと言うとる場合じゃなかねー。ここ三日サルマタケしか喰うちょらんし、
バイトの予定もないし、何とかせにゃ、おいどん死むかもしらんなー。…知るかくそ。
何、サルマタケもある、トリさんもいる。あと一週間くらいは何とかなるばい。
あとのことはそのとき考えりゃよか。とりあえず明日のために寝る。

「貧乏は人間の持つ一番の病気だ」とあるえらい学者はいった
年中その病気にかかりっぱなしのおいどんには、この程度たいした変化ではない
どんなに見た目が変わっても、おいどんはおいどんだ
今日も大四畳半と守り神は、あたたかくおいどんを見守っている…


476 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 22:49
開高健文体を希望

あと、ターザン山本(現ビートたかし)とか吉田豪の書評文体ってーのもいいな


477 名前: 川端康成 投稿日: 2000/07/23(日) 22:53
不安な長い夢を抜けると毒虫であった。腹の節が丸くなった。


478 名前: ケイゾク 投稿日: 2000/07/23(日) 23:19
柴田「あのー、毒虫になっちゃったんですけどー。」



479 名前: バクシーシ山下 投稿日: 2000/07/23(日) 23:22
きっかけは特にないんですけど、フッと昆虫とAVギャルをカラませてみたら
面白いんじゃないかなと思ったんですよ。一種の獣姦モノですよね。
男優は、グレゴール・ザムザって名前です。自由自在にゲロを吐けるという特技がある
不思議な奴でした。彼はある日、朝起きたらいきなり巨大な毒虫になっちゃった
らしいんですね。
ええ、電話受けてすぐ撮影隊つれて彼の家に向かいましたよ。
呼び鈴押しても出てこないから無理矢理あがったら、布団の上で仰向けになって
もがいてたんですけど、これが立派に朝立ちしてる(笑)
褐色で弓形に沿ってましてね。
そんでしっかりそんな自分に陶酔してるんですね。
「監督、フェラチオして下さい。今なら僕はこの後、飛び立てそうな気がする」
とか大声でわめいているんですよ。

部屋を見渡してみると結構自殺未遂繰り返してるみたいで壁にはあちこちに
瀉血の後がついてるんですよね。でも片隅には青竹踏みがあったのには笑えました。
ま、そんなカンジでとりあえず撮影終わったんですけど、
案の定映倫に引っかかっちゃったんですけどね(笑)


480 名前: 小説王 投稿日: 2000/07/23(日) 23:24
暗い嵐の晩だった。
グレゴール・ザムザが目を覚ますと
毒虫に変身していた。



481 名前: 紫式部 投稿日: 2000/07/23(日) 23:49
腹の色は 茶色に変わる いたづらに
我が身虫になる ながめせしまに・・・


482 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 23:56
ドストエフスキーをお願いします。


483 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 23:57
正直に言おう、
書きこんだ人の中で、「変身」読んだことのない人はいるでしょ?
まあ、別に読んでなくてもいいんだけどね


484 名前: 酒鬼薔薇聖斗 投稿日: 2000/07/23(日) 23:59
さあドクムシの始まりです
愚鈍な家族の諸君
ボクを止めてみたまえ
ボクは変身が愉快でたまらない
毒虫が見たくて見たくてしょうがない
固い背中には黒光りする甲殻を
ふくらんだ腹部に褐色の節を

SHINICHILLOO KAFKA
林檎殺死の愚礼呉汚留座武座



485 名前: カードキャプターさくら 投稿日: 2000/07/23(日) 23:59
わたし
グレゴール・ザムザ
元気が取り柄の女の子

今朝、不安な夢から覚めてみると大きな毒虫に
変わってしまっているのに気がついたの



486 名前: >481 投稿日: 2000/07/24(月) 00:00
紫式部じゃないだろう。


487 名前: キツネ目の男 投稿日: 2000/07/24(月) 00:05
どくむしきけん おきたらあおむけ



488 名前: CHA 投稿日: 2000/07/24(月) 00:12
イヤな朝 いつもと同じ
うごかないカラダ 瞳に沁みる白い天井
消毒液の匂い とまらない電子音
ひび割れていくココロ 這い回るドクムシ
僕は思う 何を思うのかと


489 名前: CHA 投稿日: 2000/07/24(月) 00:15
イヤな朝 いつもと同じ
うごかないカラダ 瞳に沁みる白い天井
消毒液の匂い とまらない電子音
ひび割れていくココロ 這い回るドクムシ
僕は思う 何を思うのかと


490 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 00:16
課題変えたいって人いますが、変えても同じことの繰り返しになるだけと
思うので盛り下がるだけのような・・・。


491 名前: 1 投稿日: 2000/07/24(月) 00:39
お題のことですが、『変身』から離れてしまうのもしのびないんで、
「作家(とか何やら)の文体模写による『変身』の書評or感想文」
という形式のお題も今までのお題と平行してやってみるのはどうでしょう。

『変身』のストーリーの曲解、勘違い、読んでない等歓迎。


492 名前: 名無しさん@参加者 投稿日: 2000/07/24(月) 00:48
なんで、まだ1日に100も上がるんだ??
よくネタがあるなあ、みなさん。
もう自分は書けるものなくなっちゃったよ。


493 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 01:02
このまま真のネタギレまでつっぱしれ。
課題変えるのはよそでやってくれ。


494 名前: 443 投稿日: 2000/07/24(月) 01:19
1 つにまとめていると重いので、100 番区切り番も作成してみました。
作成者自身は自分が何をやってんだか見失いつつありますが、よろしければどうぞ。
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt0.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt1.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt2.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt3.shtml
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt4.shtml

使用例: http://jove.prohosting.com/~oliinkai/bt4.shtml#444


495 名前: 養老孟司 投稿日: 2000/07/24(月) 01:22
たまたま悪い夢をみたら、朝起きたら虫になっていた。夢の結果によっては、虫になる。そんなことは聞いたことがない。これだから科学は信用できない。なぜなら、虫が人間になるなど、犬が人に変身するという落語じゃあるまいし、そんなことはありえない。それがおおかたの世間で言う科学の考え方であるからである。もしかしたら本職の科学者でさえ、そういうかもしれない。しかし、科学とは真理を追究するものではない。経験科学には、つねに暫定的な結論があるのみである。

それにしても、自分が虫になったのは虫屋としてうれしいが、さらに甲虫なのである。こういうのを幸中の幸いと呼べばよいのだろうか。これでまた仕事をしないいいわけが増える。そういう意味でも、さらに嬉しい。とはいえ、読みかけのデミルの翻訳はどうなるのだろう。やはり、虫は人語を解さないのだろうか。歳をとると、こういう細かいことばかりが気になってしょうがない。人見知りの傾向があったとはいえ、若い頃には、もっと人間関係に打ち込むことが出来た。それが、歳をとるとこのていたらくである。自分の都合しか目に入らないのである。その意味でも、社会に隠居の制度があることが理解できる。年寄りは好き勝手にふるまって死ね。乱暴だが、つまりはそういうことであり、そして老人が虫になることの意義とは、たとえばこういうところにもあるのである。


496 名前: zabadak(一応リクエストに応えてみました>433) 投稿日: 2000/07/24(月) 01:25
不安な夢が 淡い夜明けの
この部屋に 影を落とす
気がつけば 目覚めた瞳に
黒い虫になった 僕の姿
固い殻に包まれて 仰向けのままでいるよ

もう手の届かない 幼い頃の星座
どうかあの天使に この想い伝えて
この地球(ほし)を巡る 蒼い風に乗せて
変わらないものだけ 信じてうたうよ

#すんません。こんなもんしか出来ませんでした・・>433さん
小峰さんにバカにされそう・・



497 名前: クンデラ 投稿日: 2000/07/24(月) 01:26
 ザムザが朝目覚めると、(とてもごつごつした)毒虫になっていた。
 隣に寝ていたマルケータ(彼女はそばかすが多い女だった)は、
彼を見て顔を真っ赤にして驚いた。それはザムザの甲冑がそそり立
つ(生の象徴のような)性器の形を思い出させたからだ。
「しかしこれは共産圏の人間の仕業ではない。不条理は、
自由主義のなかにあるからだ」ザムザはマルケータに囁
いた。
 マルケータは自分の身体に熱狂が充満するのを感じた。
 デカルト! 彼の機械論という理性の斧で動物全て、
彼のような毒虫の生命も奪った。もしデカルトがいなけ
れば、彼はマルケータと何ら問題なく亡命できたかもし
れない。だがそれは運命だ。運命! なんという甘美な
響き! 


498 名前: ファイティングファンタジー 投稿日: 2000/07/24(月) 01:27
 背景
チェコの若き戦士である君は、ある朝目を覚ますと自分が毒虫になっているのに
気付いた。いにしえの邪悪な力が長き眠りから目覚め、世界を暗黒に包もうと
しているのだ。邪悪の巣窟へ向かい、混沌の魔手から世界を救わなければならない。
君は旅立ちを決意し、毒袋と甲殻に油を塗り始めた……。

鉛筆と消しゴム、それにサイコロが2個あれば準備は完了だ。
だが、気をつけたまえ。君を襲った変身の呪いのせいで、
旅はいつにも増して危険で過酷なものとなるだろう!


 さあ、ページをめくりたまえ


499 名前: ホントコ 投稿日: 2000/07/24(月) 01:28
-------------------------------------------
未来日記VIII 「変身」 第一話
-------------------------------------------
男・・・グレゴール
女・・・ザムザ

 とても不思議な夢からさめたとき二人の恋の物語ははじまる。

彼の日記
 ある朝、海の見えるテラスで彼は彼女に出会った。
 彼女に手を伸ばそうとして、彼はそれが虫の触手で
 あることに気がついた。

彼女の日記
 誰かに声をかけられてふりかえると、そこには褐色に日焼け
 した男性が立っていた。よく見ると彼は毒虫だった。固い甲殻
 を背中にしょって彼は少しとまどっているように見えた。

 二人は海岸を歩いてお互いのことを話した……。



500 名前: 渋松対談 投稿日: 2000/07/24(月) 01:29
渋―虫になったんだってな
松―・・・なんか嬉しそうだな
渋―いや、しかしよくやるよな、おまえも。もう少し落ち着いたらどうなんだよ。
松―うるさいよ、なりたくてなったなった訳じゃないよ。
渋―正直、俺は少しお前を見直したぞ。俺には会社とベンツを捨てて虫になる勇気はないな。やっぱ中卒は強いよ、元から捨てるものなんかないものな。
松―俺は中卒じゃないって言ってるだろ。
渋―家族も大変だよな、まさか自分の息子が中卒の虫になるとはな。
松―虫にも学歴必要かよ。だけど大変だぞ、虫も。自分で寝返りが打てないというのはつらいな。便所にも行けないから垂れ流しだろ。
渋―汚いよ。だけどロックだな、お前は生き様がロックだよ。山崎も誉めてたぞ。究極のロックの体現者だって。
松―ひとごとだからな。ロックを体現するっていうのもそれなりに大変なんだよ。そもそもドアノブが回せないからさ、自分の部屋から出られなくて椎名林檎のシークレットライブも見逃したしな。
渋―元々招待されてないだろう。それに虫のままリキッドなんか行ったら、それこそ背中をダイブの踏切板にされるのがオチだぞ。
松―それでも何とかドアを壊して行ったんだよ。でももう開演しててリキッドのエレベーターに乗せてもらえなくてさ、俺だって言っても誰も信じてくれないんだよ。
渋―虫じゃなくてもお前の顔なんか誰もわかんないよ。
松―とにかく階段を這って昇ったんだけど、きついな、リキッドの階段。7階だぞ。会場に着く前に燃え尽きたよ。だから脱落者たちの怨念がこもった呪いの壁に俺も絶筆をしたためてきた。
渋―なんて書いたんだよ。
松―こんなところでむざむざと負けるわけにはいくかって。
渋―・・・・・

オチが思つかなくて、非常に苦しいです。





: ホーム :