[an error occurred while processing this directive] ■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
文体模写してください ☆101 〜 200 番まで☆
101 名前: J・アーチャー訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 16:21
朝、汚れたベッドから起きだそうとすると、ザムザは自分が虫になっているのに
気づいた。体を動かそうとしたがうまくいかない。
「このまま自分はどうなってしまうんだろう?」
気が付くと既に2時間が経過していた。
ようやく仰向けになることができたが、そこで頭を上げ、腹を凝視した。
ザムザは――自分では十分に納得したつもりであったが――愕然とした。
なんと醜悪な姿であろうか!!
「ああっ!」
力なく息を漏らすと、そのまま倒れ込むように眠ってしまった。
次に目覚めるときは、本来の――自分のそのままの――姿に戻れることを信じて。


102 名前: J・グリシャム訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 16:38
とある朝、ザムザは自分の姿が変わってしまったことに気付いた。
どうなってるんだ、くそ。狂ってる。一体どういうことなんだ。
「誰かいませんか」言葉を発しようにも、口がぱくぱく開くだけで、
言葉がでてこない。まさかこのまま生きろっていうのか。
ゆっくりと仰向けになりつつ、腹を見ようとしたがうまくいかない。
顔を向けようとするのだが、うまくいかない。くそったれめ。
これこそ問題だよ、全く俺が何をしたって言うんだ。…それだけじゃない。
ごくまっとうに生きてきたつもりだ。しかし、言葉は出てこなかった。


103 名前: F・フォーサイス訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 16:54
ある朝、グレゴール・ザムザは悪夢から目を覚ました。
着衣はそのままであったが、身体の自由が利かない。
足を動かそうにも、宙を泳ぐばかりでびくともしなかった。
足を動かしているうちに、体は反転し、ようやく仰向けになった。
体は薄い層を織り成す甲殻につつまれ、鈍い光を放っていた。
腹を見ると何本も足が出ており、不規則な動きが、唯一自分の体に
動きがあることを物語っていた。
「どうなってしまったんだろう」
気まずい空気を何とか和らげようとして、足を動かしながら、ザムザは
自分に言い聞かせるようにつぶやいた。


104 名前: C・カッスラー訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 17:05
ある朝、柔らかい光が差し込むベッド・ルームとは裏腹に、
グレゴール・ザムザは、悪夢より目覚めた。
「どうなってるんだ?」と、ザムザはひとりごちてじっと宙を見つめた。
「どうなっちまったんだ!」とザムザは独自の言い回しで叫ぼうとした。
何とかしなければ。ザムザはそう考えると、固い体を反転し、腹を見ようとした。
なんてこった!腹からは水道管のように屈折した足が何本も伸びて、空虚に宙を掻いていた。
「どうなってしまうんだろう?」絶望に打ちひしがれながら、ザムザはつぶやいた。
「一体、どうなってしまうんだ?」


105 名前: 大薮春彦 投稿日: 2000/07/16(日) 17:07
カーテンからもれる突き刺すような陽光で目が覚めたザムザは己れの肉体が
巨大な毒虫と化しているのに気付いた。
凶銃ルーガーのごとく不吉な黒光りを放つ体を眺めながら、彼は暗い怒りに
駆り立てられていた人間時代をシエラザードの甘美な旋律と共に思い出す。
しかし彼には失った肉体への愛惜感などさらさらない。この世で頼りになる
のは金と銃だけだということを誰よりも分かっていた。
ザムザはショルダーホルスターを装着し、サイレンサー付きワルサーPPK、
12連発コルトオートマチック、オーストリア製22口径ブローニングを
突っ込んだ。さらに米陸軍用グリースガン、トミーガンAC146型、
対戦車用ライフルXIC277タイプGを、大量の9ミリオイルタイト弾、
レミントン社製120グレインカッパークラッド弾、ウィンチェスター製
45口径リムファイア・ハイスピードダムダム弾、シルバーケースドボックス
マガジン・タイプM1U1、4日前の日銀襲撃で奪った金塊2トンなどと供に
ズックにぶち込み、部屋を這い出た。
彼の人間性を一夜にして非情に奪い去った巨大なこの社会に、たった一匹で
戦争を挑むのだ。
胸の中では全ての人間に対する憎悪の炎が轟々と燃え盛っていた。


106 名前: ナメダルマ親方 投稿日: 2000/07/16(日) 17:16
最近、性感マッサージでもちょいとサービスがエスカレートして、即尺しちくりる
お店が増えてマン。ってなわけでチン入は、その名も「毒虫!」っつうJR鶯谷駅
近くの性感マッサージ。
ピポパポすっと「鶯谷のホテルに入ってからもう一度おデンワください」ってんで
さっそく直行してチェックイン。部屋からホテル名と部屋番号を連絡して、好みの
タイプを伝え、90分2万円のコースに決めて待つこと15分。コンコンとドアを
ノックされ、迎え入れたのはちょっち虫っぽいお顔の美人ざんす。名前を聞くと、
ザムザちゃんなんてそそられるお名前で愚息は早くもピンコ立ち。前金で払うと彼
女、ワシに近づきズボンのファスナーをツツー。へてから、パンツまで脱がしちく
りて、早くもパックシ生フェラ! ウットシしながら彼女のおからだタッチすっと
茶色に割れたお腹が虫っぽくてまたしてもそそられすでに毒液でヌルヌルの赤貝に
指ピストン! 彼女大洪水で触角ピクピクさせながらも必死のピストンフェラ!
ワシも必死に抵抗するもタマラズドピュ! 最後の1滴まで吸い取ってくれたざん
す。タハハハハ。



107 名前: T・クランシー訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 17:27
朝、目覚めると、グレゴリー・ザムザは虫に変わっていた。
「いったい、どうなっているんだろうか」
ザムザは自分に言い聞かせた。ベッドルームは通常のとおりであったし、
自分自身の体以外は、これといって変化がない。
だが、考えれば考えるほど絶望的になっていった。
「このままでは、事態は悪化していく――」
「いや、そう考えたところで、何も変わらない」
すでに時間は経過し、暗澹たる思いを胸に秘め、とりあえずは事前の
問題を解決するように心がけた。
ザムザは時間をかけ、仰向けになると、自分の腹を見つめた。どうなっているのか?
従来アメリカでは、チェコとは異なり、異端を排除する傾向がある。
逆にそれを逆手にとり、世間一般に浸透させる動きもないわけではなかったが。
ザムザは、これからの生活と変化しきった自分の姿に当惑しながらも、この先どう
すればよいか考えようとした。


108 名前: ゴルゴ13 投稿日: 2000/07/16(日) 17:36
・・・・・・・・・・・・・・・


109 名前: T・クランシー訳編 投稿日: 2000/07/16(日) 17:40
グレゴールれふ。とほほ。


110 名前: 投稿日: 2000/07/16(日) 17:47
邦楽板の「モーニング娘。頼むから消えて」以来の良質スレだと思います


111 名前: 夢野久作 投稿日: 2000/07/16(日) 18:26
..ボーン、ボーン..。グレゴール・ザムザは何とも言いようの無いトテモ不安な夢からふと覚めてみると、布団の中の固い感触に気がついた。ナンダこれは..それに私はいつもベッドで眠っていたのじゃなかったっけ? 頭をもたげて掛け布団のなかを覗いてみると、腹部が奇妙に丸く変形していた..しかも固い弓形の節で分け目が刻まれている..その褐色の皮膚の気味悪さ..。ああ、ソウだったのか、おれは毒虫だったのか、おれは人間のつもりでいたキチガイ虫だったんだ...ボーン..ボーン..。


112 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 18:28
69・90〜91・100〜104・107
疲れまひた。後は宜ひく。


113 名前: ナカータ 投稿日: 2000/07/16(日) 19:04
Ciao Tutti!!
NYを出発した俺達3人組は、トランジットを兼ねて
1泊をメキシコで過ごした。(中略)
各々部屋に戻ってシャワーを浴びたあとは、龍さんの部屋に集合。
敬文はすでに龍さんの部屋に来ていて、メキシコサッカーを集中して見ていた。
龍さんは一人でジャグジーに入っていたのだが、バブルバスを入れすぎたらしく、
泡まみれで助けを求めていた。敬文はサッカーに集中していて、
龍さんのSOSはまったく聞こえてなかったらしい。
俺は早速着替えて、ジャグジーの龍さんを救出に……。
ジャグジーの中で龍さんは、なんと肥えた黒い毒虫になっていた!!
でも俺は、毒虫になった龍さんの背中に泡を付けて、ガメラと言って遊んでしまった。
ごめんね、龍さん(笑)
それから俺達はルームサービスを頼み、ジャグジーの中で乾杯!!
俺は(テキーラはあまり好きではないので……)シャンパンと
オレンジジュースを混ぜたミモザを飲み、毒虫になった龍さんは、
口からへんな泡を吹きながら、大量に頼んだテキーラを飲みまくった。
敬文が写真を撮ったので、
それはまた次の機会に。BRAVI〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

          ひで


114 名前: 大槻ケンヂ 投稿日: 2000/07/16(日) 19:08
「毒虫ロック」
ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢からふと覚めてみると、
ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に
変わってしまっているのに気がついたのだったー。
毒虫毒虫毒虫毒虫 毒虫毒虫毒虫ロック。

固い甲殻の背中を下に して、仰向けになっていて、
ちょっとばかり頭をもたげると、
まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられた
腹部が見えたのだったー。
毒虫毒虫毒虫毒虫 毒虫毒虫毒虫ロック。



115 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 19:18
>114
良い、本当にありそう(拍手


116 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 19:24
面白いからあげ。


117 名前: ミック・ジャガー 投稿日: 2000/07/16(日) 19:26
「面白い唐揚げ」だって?なんだい、そりゃ(笑)。
グレゴールが毒虫? やつと俺は昔からの親友だからな。
まぁ例によってザムザのやつは渋っているけどね(苦笑)。


118 名前: 114 投稿日: 2000/07/16(日) 19:57
>115
ありがと。
えへへ。まんまでしたです。


119 名前: 珍念 投稿日: 2000/07/16(日) 20:15
113も、もとの文章のアレンジですか?
着眼だけでもすごいです。
これからも頑張ってください。


120 名前: 杉浦日向子風 投稿日: 2000/07/16(日) 20:22
「座武さんや、帰ってきましたへ」
「すまぬが雪野、入ってくれるな」
「何言ってるのさこの人は。あちきが途中で旦那に呼ばれたのですねてるのかね」
「一つ怪談が聞きたくないかエ」
「襖越しに何サ。女郎が食ってた人の腕がとうもろこしだってエ話ならこないだ聞き
やんしたよ」
「カリカリするな。そうでない。愛しの女郎を待つ男が一眠りして、なんだか変な
夢を見た」
「あんさんのことかエ?」
「まあお聞き。その男、起きるとどうも様子がおかしい。身体がなんとどでかい虫
に変わっていたとサ。しかもどうやら毒持ちらしい」
「馬鹿馬鹿しい。今日のは不出来だヨォ」
「何、襖を開ければ分かることサ」
「ウソをつきなんし!」

「ほんとに虫になってたらこうして寝たかエ」
「ぬしはほんとにバカだねエ」


121 名前: 四海楼カスタム 投稿日: 2000/07/16(日) 20:25
みんなすげえなあ…、何度このスレに挑戦しようとして挫折したかわかんないよ(苦)
小林秀雄とか古井由吉でいこうと思ってたんやけど。


122 名前: 夢枕獏 投稿日: 2000/07/16(日) 20:47
「ぞわり……」暮郡寒佐は朝目覚めたとき貌に言い様のない違和感を
感じていた。黒く油光りしながら長く伸びる双つの翳。
それが、ぞわりぞわりと左右に揺れているのだ。
それは確かに・・・触角・・で・あった。
「へひぃ…」
これは一体何なのだ。悪夢か。このようなことがあるわけはない。
これは夢だ。そうに違いない。
寒佐は声をあげ悪夢から遁れようとした。
あげぇぇぇぇぇぇぇ.......
声にならない叫び、それは口から発せられたものでは無かった。




123 名前: リクエスト 投稿日: 2000/07/16(日) 21:12
ヴォネガット翻訳風、殿山泰司、山下洋輔、お願い。


124 名前: 四海楼カスタム 投稿日: 2000/07/16(日) 21:18
ここに本人作家が描きこんだら面白いのにな…。


125 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 21:30
源氏ものがたり、現代語訳各作家バージョン希望!


126 名前: 星新一 投稿日: 2000/07/16(日) 23:07
ノックの音がした。
それで目を覚ましたエヌ氏はベッドの上で首をかしげた。
うまく起きあがれないのだ。昨日酒を飲み過ぎたわけでもないし、
スポーツをしてで筋肉を使いすぎたわけでもない。
といって、昨夜遅くまで残業していたわけでもないし、
はて、何も思い当たらないのだ。
おかしな事もあるものだと思い、エヌ氏は自分の体を見て驚いた。
エヌ氏は巨大な毒虫になっていたのだ。
「これは、一体どうしたことだ?」


128 名前: 広川太一郎 投稿日: 2000/07/16(日) 23:14
グレゴールちゃんったら、この毒虫野郎、憎い憎い憎いんだったら、もう、この。
仰向けになっちゃったりして、このお〜。
お腹の色がつやつやでかっちょい〜、な〜んちゃったりして、この。


128 名前: ASAYAN 投稿日: 2000/07/16(日) 23:18
某日、グレゴール・ザムザが起きたら、なんと毒虫に大変身してしまっていたのです!詳細は次週!!


129 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 23:24
>128
文体模写?


130 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 23:30
>128
Дハア?


131 名前: 宮澤ケンヂ 投稿日: 2000/07/16(日) 23:54
亀ニモ負ケズ
沙魚ニモ負ケズ
鋤ニモ鍬ノ厚サニモ負ケヌ
丈夫ナ殻ヲモチ
毒ハナク
決シテ光ラズ
イツモシズカニ丸マッテイル
一日ニ米一合ト
味噌ト少シノ林檎ヲタベ
誉メラレモセズ
苦ニモサレズ
サウイフ虫ニ、私ハナリタイ。



132 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 00:18
128、着眼点はおもしろいじゃん。
もうちょっと作り込むとよかったね。


133 名前: 平野啓一郎 投稿日: 2000/07/17(月) 00:38
或る朝のことである。漠とした不安を夢から引き摺りながら目覚めた
グレゴォル・ザムザは、暫くして己が肉体の頗る変容せられているこ
とに気附いた。然して其れは一個の巨大な毒虫であった。起き上がら
むとする彼の努力は悉く徒労に終った。背中の甲羅は思ったより湾曲
しており、且つ熟し遣らぬ南国の果実の如き生硬さを備えていたため
である。


134 名前: 吾妻ひでお 投稿日: 2000/07/17(月) 01:02
○月×日 巨大な毒虫をゴッコする。
「あまかった、人生を甘く考えすぎていたんだ〜」


135 名前: ヘンリー・ミラー109歳 投稿日: 2000/07/17(月) 01:03
ヴィラ・ボルゼエゼでまた新たな生活が始まろうとしている。
僕はまだ三十五だというのに、先陣を切って毒虫になった。
これというのも、タニアの呪いのせいなのだ。言語が全て
なんらかの呪いであるであるというパピニの言葉には、彼の願望が
入り混じっている。真実は、こうだ。交合の際に交わされる
囁き以外に、呪いであり得る資格を持つ言葉などは存在しない。
「あなたが大きな毒虫であったら、あたしはあなたの全身を
突っ込むことができるのに!」
 おお、タニアよ!お前の最も卑賎で崇高な命令が、我々の
見捨てた神をしておれを一個の巨大な張り型となさしめたのか!
埋めてくれ、そしてそのデンマーク人の祖母の血を引いた
広々としたおまえの肉扉を縫いあわせてくれ。
俺は全身からマリアの産汁を分泌しておまえの悪臭の放つ
子宮から絞め殺された子供達のかけらを浄化してやろう。
失われたバッハのクラヴィーアにのってお前の内側から肉の塔
を建立してやろう。真ん中に!
お前の真ん中、パリの真ん中、世界の真ん中に!



136 名前: 名無しさ 投稿日: 2000/07/17(月) 01:05
>85 町蔵と康を区別して書いたつもりは別にないっす。なんとなく町蔵
名義にしただけで。このテーマに拘らなくていいのなら町田康風はいくら
でもできそうな気分です。


137 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 01:09
89のファミ通、笑った。


138 名前: 江戸川乱歩 投稿日: 2000/07/17(月) 02:03
この話が私の夢か狂気の幻でなかったら、あの毒虫になった男こそ狂人であったに
相違いないのでしょう。それはある蒸し暑い朝のことでした。
呼び出されて彼の部屋をおとづれますと、彼は寝床に入ったままこう言いました。
「どうだい、面白いものをみせてやろうか。これを見たまえ。」
彼にそういわれて彼の体を見ますと何と言うことでしょう。
彼はおぞましき巨大な毒虫の体で、体はぬめぬめと黒光りし
無数の足は不気味にうごめいているではありませんか。
アッと私が声を上げますと彼は不気味に笑いながら
「どうだい、素晴らしいだろう。これが僕の理想の姿なのだ。アハハハ」



139 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 02:06
106のナメダルマ親方面白い


140 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあねぇ、巨大な毒虫になってしまったんだよ!」


141 名前: けえかほおこく 投稿日: 2000/07/17(月) 02:14
あさおきるとおおきなむしになていました。とてもこわいゆめをみたのです。
せなかがとてもかたいのわしたになています。おなかおみるとまるくてちゃいろくてせんがはいています。


142 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: >141 投稿日: 2000/07/17(月) 02:58
花束進呈


143 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 03:10
みんな知恵があるねえ


144 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: 31,80,113,117 投稿日: 2000/07/17(月) 04:02
楽しんでいただけたでしょうか。


145 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: 太宰 投稿日: 2000/07/17(月) 04:42

朝、ベッドで不安な夢から、ふっと覚めてザムザが、
「ぶ」
と幽かな羽音をお立てになった。
「毒虫?」
カタい甲殻の背中を下にして、仰向けになっているのかしら、と思った。
「いいえ」
ザムザは、何事もなかったように、はたはたと羽根をゆすらせた。
それは所謂正式礼法にかなったはばたき方では無いかもしれないけれど、
私の目には、とても可愛らしく、それこそほんものみたいに見える。



146 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: >127,134 投稿日: 2000/07/17(月) 04:49
とにかく爆笑しました。
これぐらいアイディアが練ってあるとそれだけでとても面白いですね。


147 名前: 雪印社長 投稿日: 2000/07/17(月) 02:11
「君ぃ〜わたしゃあね 名前: 宇野浩二 投稿日: 2000/07/17(月) 05:05
そして私は毒虫になろうと思い立ちました。私が毒虫になろうというのは、
とてつもなく大きな毒虫になろうというのではありません。私には、
少しもそんな余裕のたんぱく質はないのです。といって、小さな毒虫でも
気が済まないのです。それはどういう訳かというと、私の女房も息子も
既にみな毒虫になっているのです。したがって私は、とてつもなく大きな
毒虫でも、指先でたやすくひねり潰せるような毒虫でもなく、ほどよく
中くらいの、家長としての威厳を失わぬ程度に大きい毒虫にならねばならない、
そんな身の上なのです。
そして私が毒虫になろうと思い立ったのは――話が前後して、たびたび
枝路にはいるのを許していただきたい。どうぞ、私の取り止めのない話を、
皆さんの頭で程よく調節して、聞きわけして下さい。たのみます。



148 名前: 宮台真司 投稿日: 2000/07/17(月) 05:20
僕が大変気になるのは、今回の事件はですね、例えば、
「これは昆虫採集が悪いんだ」っていう形で、
昆虫採集を中心とした自由研究ないし夏休みの宿題に
原因を転化するような言説が、かなり当初から、
つまりグレゴール・ザムザが14歳の少年だって
分かる以前から行われております。
さらにですね、TBSの「ニュース23」における
高校生の問いかけ、「なぜ毒虫になってはいけない
のか」に、知識人と言われる連中が誰一人満足に
答えることができていない。ここに日本の民度の
低さが、象徴的に現れてきている。


149 名前: 龍・灰 投稿日: 2000/07/17(月) 05:29
そう目覚めの悪い朝から始まる 静まる空気を呼び覚まし
染まる体節に少し目を逸らし困る 逃げる妹の声が聞こえてくる
東へ西へ日々は流れ ばらばらに足が宙を掻き続け
触覚を撫でる風は涼しげ 何気にベッドを抜けだせてる今



150 名前: モッズ系猛禽類 投稿日: 2000/07/17(月) 05:46
グレゴール・ザムザ42歳毒虫。



151 名前: 柏武文 投稿日: 2000/07/17(月) 05:55
122はちょっとニュアンス詰め込もうと焦りすぎ


152 名前: 吉本ばなな 投稿日: 2000/07/17(月) 05:57
虫になった日の朝のことを、今でもよく思い出す。

不思議と哀しくなかった。たぶん事態がよく飲み込めていなかったのだと思う。
しばらくの間、からだの節々をぎくしゃくと動かしたり、たくさんの手足を
一本ずつ動かしたりしていたが、すぐに疲れてやめてしまった。

波の音が響くのが聞こえた。静かで穏やかで、それでいて力強さを感じさせる
その音は、今まで聞いたどんな音よりも美しく、だからこそ、切なかった。
目を閉じると、波の音が不思議なエネルギーとなって全身に伝わっていき、
頭の中は金色に染まっていった。

その時、実感した。
私は、虫になったのだ。


153 名前: 吉本ばなな 投稿日: 2000/07/17(月) 05:57
虫になった日の朝のことを、今でもよく思い出す。

不思議と哀しくなかった。たぶん事態がよく飲み込めていなかったのだと思う。
しばらくの間、からだの節々をぎくしゃくと動かしたり、たくさんの手足を
一本ずつ動かしたりしていたが、すぐに疲れてやめてしまった。

波の音が響くのが聞こえた。静かで穏やかで、それでいて力強さを感じさせる
その音は、今まで聞いたどんな音よりも美しく、だからこそ、切なかった。
目を閉じると、波の音が不思議なエネルギーとなって全身に伝わっていき、
頭の中が金色に染まっていった。

その時、実感した。
私は、虫になったのだ。


154 名前: 153 投稿日: 2000/07/17(月) 06:08
152はちょっと一部気になったんで急いで停止押したけど、
まにあわんかった。スマソ。
つーか、雰囲気でてるかなぁ?自信ない。


155 名前: >147 投稿日: 2000/07/17(月) 07:17
やられた〜


156 名前: 少年ジャンプ作者近況 投稿日: 2000/07/17(月) 11:14
最近、不安な夢をみるようになったと思ったら、なんと虫になっていた。
ペンが持ちにくかったけど何とか締切りに間に合った。セーフ。

6本の腕を駆使する褐色の弾丸グレゴリ−・ザムザ先生に励ましのお便りを!


157 名前: 珍念@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/07/17(月) 12:14
153さんうまいよ〜!人からバカにされても「つぐみ」
だけは好きなので、また読もうかなあと思いました。


158 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 12:34
大藪編<バカ受けです。金塊2トンは無理でっしょー。あと肉食ってほしかったなー(笑)
と言いながら、倉橋編はどうやって電話したのか>俺


159 名前: ボネガット 投稿日: 2000/07/17(月) 12:59
 ある朝目覚めると私は一匹の巨大な毒虫に変わっていた。これはいったい
どうしたことだろうと私は考えた。一夜の悪夢のせいで変身するほど私は
敬虔な信者ではなかったはずだ。それとも単に私のホルモン分泌の異常によ
るものだろうか。医者に患るべきかもしれない。鏡に自分の姿を写してみる
と、醜悪な顔--虫の頭部前面は顔と呼ぶのだろうか--と、どす黒いつやを放
つ甲殻が特徴的だ。ぶよぶよにふくれた腹は以前に比べてさほど変わったと
は言えない。
 私は幸せだった。


160 名前: ごめん、ファッションチェック 投稿日: 2000/07/17(月) 14:00
「ドイツから来ましたグレゴールザムザです。今日のポイントは固い弓形の節が入ったレザーベストです。ピーコさんお手柔らかにお願いしまーす。」「はい、やっぱりね、オシャレっていうのはその人それぞれ、トラディショナルに限らずアヴァンギャルド系に関しても十人十色のカラーってあってもいいと思うんです。でもね、やっぱり考えて頂きたいのは、その人に合った格好というものがあってですね、この人なんて多分元々は平均的日本人を上回るプロポーションを持ってるはずなのにー、なんでこんなハリボテみたいなの着て来るかねぇーって私は思うんですよ。ホラ、ああしてぐるっと回った姿なんてまるで毒虫みたいデショ」「そおんなことないですよー」


161 名前: 杉本清カスタム 投稿日: 2000/07/17(月) 18:23
さあ第四コーナーの坂を下りきってここでおおっとグレゴールザムザが不安な夢から覚めた!
べ、ベッドのなかでとてつもない大きな毒虫になっています!これはおおーきーい!!おおーきーい!!
のこり200の標識を通過しまして堅い甲羅の背中を下にしたグレゴールザムザ!!
おおっと!ここで少し頭を上げた、上げました!!一杯か、一杯か!?
しかし褐色の弓型の硬いムチで分け目を入れられた腹部が見える!
かろうじて騎手は引っかかっている!今にも滑り落ちてしまいそうだ!!
今は枚数ばかりが多くなった外れ馬券が頼りなく目の前でひらひらしている!
グレゴールザムザいま一着でゴールイン!!タイムは、三分三秒三!レコード、レコード!!
二着は隣の部屋の母親か!?
これは意外な結果!グレゴールザムザ自身も何が起こったのかわからないでしょう!!


162 名前: 経済白書 投稿日: 2000/07/17(月) 18:32
もはや作家ではない>161


163 名前: 四海楼カスタム 投稿日: 2000/07/17(月) 18:36
>162さん
すいません…。


164 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/17(月) 19:03
>162さん
作家じゃなくても(もちろん作家でも)いいんじゃない。
文体練習みたいで意義あるし。面白ければの話だけどね。

誰かトーマス・マンあたりやってくれませんか。


165 名前: NHKスポーツニュース風 投稿日: 2000/07/17(月) 19:14
首位攻防戦となるこの3連戦、中日の先発は先週のヤクルト戦以来中6日空けて
のグレゴール・ザムザ

不安な立ち上がり、初回から巨人打線に捕まります。
マウンドの上で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わってしまって
いるような錯覚がしたというサムザ。
この回4点目となる、松井の20号となるツーランを浴び、天を仰ぐ
ザムザは結局わずか23球マウンドを降ります。

この後巨人は替わった正津にも集中打を浴びせ、この回打者一
巡となる猛攻。
終わってみれば巨人は今季2度目となる先発全員安打で12得点、
投げては先発上原が中日打線に三塁を踏ませないピッチングで見事5勝目となる完投、
巨人はこのカードの連勝を5に延ばしました。
対する中日は前節の阪神戦からこれで3連敗。大事な地元での緒戦、
痛い黒星を喫しました。

(画面は星野監督の似顔絵)
負けた中日の星野監督「先発があれでは試合にならん、あれが
今日の全て」
と、言葉少なに球場をあとにしました・・・対する長嶋監督・・・・


166 名前: 特攻の拓 投稿日: 2000/07/17(月) 20:19
加深「ザムぅ〜、オメ"毒蟲"入ったくれーでチョーシくれってんじゃ
ネーぞコラ」
暮氷「あ〜、誰に口きいてんだタコるぞテメ」


167 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/07/17(月) 20:20
>>77

おもしろい。


168 名前: 斎藤綾子 投稿日: 2000/07/17(月) 21:51
ベッドの中で私の中を一匹の、とてつもなく大きな毒虫が這えずりまわって、
固い甲殻の背中を下にして、仰向けになっていて、ちょっとばかり頭を
もたげると、まるくコンモリふくらんだ、褐色の、弓矢形の固い節で
分け目をいれられた下腹部が見えた。
羽化する虫のようにぐっしょりと濡れて滲みでる愛液を啜られたときなんて、
思わず吠えそうになったもんね。
もっと深く突き刺してよ。おまえを私の中に、このまま閉じ込めてやる。
こんな夢を見た日は、一日動けないほど体がだるい。膣で毒虫を食いちぎると、
そこで目が覚めてしまう。
どうしてこんな夢を見るんだろう。欲求不満にしちゃひどすぎるものね。



169 名前: 殿山泰司 投稿日: 2000/07/17(月) 21:56
泊りで遊んだある朝、チョロチョロと営業をやっている宿場女郎で
助平ゴコロから東京の遊郭では見られないような、デンとかまえた
オレたち年代ものが聞けばチンポがむずむずしてきそうな女郎屋に入った。
なにわともあれヤリタイイイ!!ってんで、バーテンのアンチャンに
頼んで二階に布団しいてヤッタ。
そしたらそん中で自分のチンポが一匹の、とてつもなく大きな毒虫に
変わってんのに気がついた時ア、ビックラこいたね。
このごろのはなんだな、自分で森の中へ案内してくれやがるし、
イヒヒヒこりゃ面白えやア。
固い甲殻の背中を下にペタリンコと仰向けになっていて、ちょこっと
ばかり亀頭をもたげると、まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で
分け目をいれられた股倉が見えた。
オレはどうすればいいのオ。クソ年増のバカタレ!!ババアは死ぬほど
キライだぞオレは!!
まアどうでもいいや、世の中アどんどん進歩してるんだ。


170 名前: 三島由紀夫 投稿日: 2000/07/17(月) 22:03
目が覚める前から私は自分の姿が毒虫になっているのを
知っていたように思えてならない。と言うのも、私はこの奇妙で
滑稽な事件に対してさしたる不安も恐れも抱かずに低血圧の
茫洋たる大海に浮沈しつづけるような虚ろな惑溺に陶然として
いたからだった。むしろ私が乱れるべきは、毎朝の隆々と欲望を叫ぶ
そそり立った「悪習」の因である下腹部の圧迫感が、今朝に限ってないことだった。
私は事態の侮り難さを認めた。それはいわば私の人生に課せられた「革命」
とでも名付けられる神の挑戦だった、否、私のプラトニックな性愛を砕こうとする
神の嫉妬に違いなかった。


171 名前: きょうの料理 投稿日: 2000/07/17(月) 22:04
(ザムザのぴりから炒め)
★毒液のピリリとした刺激が食欲をそそる夏向きの一品。殻ごとしゃぶりつきましょう。

材料(8人前)
ザムザ(頭つき)……1匹 ※なるべく変身したての新鮮なもの
ねぎ……6本 生姜……8かけ にんにく……8かけ 油……大さじ40 スープ……カップ8
(合わせ調味料)醤油……大さじ25 塩……大さじ8 砂糖……大さじ20 紹興酒……大さじ20

1)ザムザは固い甲殻の背中を下に仰向けにする。少し頭を持ち上げると丸く膨らんだ
  腹部が見えるので、弓形の節にそって包丁を入れ、ワタを取り去る。
  毒袋は丁寧に取り出し、軽く水洗いしておく。脚はすべてばらし、殻に包丁で筋を入れる。

2)中華なべを強火で熱して油大さじ25を入れ、煙が立ったらザムザの脚と頭を入れ、さっと
  炒めて取り出す。つづいて、頭だけを鍋に戻し、鉄ベラで押しつけるようにして中のみそを
  出しながらよく焼き付け、取り出す。

3)同じ鍋に油大さじ15を足して熱し、にんにくと生姜のみじん切りを入れる。次に毒袋を入れ、
  袋を鉄ベラで破りながらさらに炒める。香りが出たら合わせ調味料とスープを加え煮立てる。

4)そこにザムザの脚と頭、ねぎのみじん切りを加え、少し煮詰める。

5)水洗いしておいたザムザの甲殻に盛りつけ、触角や複眼などを添える。

●1人前の熱量……1570kcal  たんぱく質量……90.8g


172 名前: 新耳袋 投稿日: 2000/07/17(月) 22:28
以前、城にまつわる怪異を話してくれたK君の話である。
K君がP市にある学生寮に住んでいた時、こんなことがあったそうだ。
とある朝のこと。
「おい、あれは何や」共用の洗面所で顔を洗っていたとき
隣にいた友人が素頓狂な声をあげた。
「今、変なものが通った」とK君の背後の廊下を指差す。
「何、どんなん」と振りかえるが何も見えない。
「いや巨大な虫みたいなの...」
「アホなこと言うなや、あの先にはZ先輩の部屋しかあらへんど」
(以下略)



173 名前: ハード 投稿日: 2000/07/17(月) 23:23
くそ熱い日差しとゴミの生臭さで目が覚めた。
今夜もまた眠れなかった。タバコを一本吸い、気分を和らげようとしたが
「まずい」吸いすぎだろうか?吸殻を花瓶の中に放り込む。
それにしても気分が悪い。それに、、身体も重い。
手足を伸ばそうとまわりに広げると、羽が小刻みに震える。
羽?俺は自分の薄茶色の羽を眺め、薄々何かが違うと思い
禍禍しいまでに滑らかな茶褐色の虫が見る。虫?


174 名前: 山下洋輔 投稿日: 2000/07/17(月) 23:55
 チューリヒ、アーヘン、ナイメーゲンを経て、グロニンゲンとかエロニンゲンとかいう町の
ジャズクラブで2セットをこなし、さすがに疲れ果ててホテルに転がり込む。
 そして翌朝、目が覚めると体が毒虫になっていた。驚いた。すぐに起き上がろうとしたが、
6本の脚はばりぼりべりばりと虚しくシーツを引き裂くばかりだ。横で寝ていた坂田に助けを
求めたら、こやつは枕元の携帯顕微鏡を持ってきて、おれの腹の節をピンセットではがして観察
しはじめた。ミジンコと間違えてやがる。こうなったらもうヤケだ。おれは分厚い眼鏡の底の
タニシ目を光らせて冷静にこの状況を見守っている小山彰太に向けて、触角を精いっぱい振り回し
ながら叫んだ。
「ショータ、出番だぞ。一首詠んでくれ」
  あさめれて へれどくみれば むしならめ もけつふしばら かふかよじれん



175 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 00:02
>169、174
リクエストしたものです、流石ァ。
有難う御座いました。
#同じ人なのかな?


176 名前: イソップ寓話集(岩波文庫) 投稿日: 2000/07/18(火) 00:47
或る百姓が不安な夢を見たあと目を覚ましますと巨大な毒虫になっていました。
この話は悪いことは重なるものだということを明らかにしています。


177 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 01:08
ちょっとそれるけど、だれか古今亭志ん生でやってくれないかな〜


178 名前: スパタサ伊東 投稿日: 2000/07/18(火) 01:09
ぬおーーー何だぁこりゃあ、すげーぜ!すげーぜ!
ってんで朝一で毒虫になってみた。ていうかなってた。
さて、なんつってもイイのがその大きさだ。
俺のベットにフィットフィットのフィットチーネ。
その上さらにイイのがボディーの高級感で、甲羅は
とにかく固いんだよね。ちょいと仰向けになって
頭を上にすると、すんなりまるくなるんだな。
このサイドの間接構造が超イケててカラーも褐色と
申し分なし。もうすっかりハマっちまったぜ。


179 名前: アンソニー・バージェス 投稿日: 2000/07/18(火) 01:11
「よう、これからどうする?」
おれ、というのはグレゴール・ザムザだ。ここから悲劇の物語が始まるんだ。
ドーミーでスパチカしてたら涙ぐましくもおれはハラショーに巨大な毒虫になっちまったよ、兄弟。
もうデボーチカとインアウトできないしドルーグとウルトラバイオレンスできないかと思うと
トルチックされた気分。それにさっきからやたらガリバーが痛くてスコリーどうにかしてほしい。


180 名前: サリンジャー 投稿日: 2000/07/18(火) 01:14
もしも君が、ほんとこの話を聞きたいんならだな、まず、僕が実際の
ところオスなのかメスなのかとか、学歴はどうだとか、コテハンは何
だとか、そういった≪2ちゃんねる≫式のくだんないことから聞きたが
るかもしれないけどさ、実をいうと僕はそんなことはしゃべりたくな
いんだな。僕は何も、自叙伝とかなんとかそんなことをやらかすつもり
はないんだから。ただ、今朝インチキな夢から覚めたら自分がでっか
い毒虫になっちゃっててさ、それからいろんなイカレタことを経験し
たからね、そのときの話をしようと思うだけなんだ。


181 名前: 180です 投稿日: 2000/07/18(火) 01:19
>もしも君が、ほんとこの話を

もしも君が、ほんとにこの話を

に訂正。恥ずかしっ。


182 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 01:20
↑これ「時計仕掛け・・」下りが意味分かんなくて笑える。


183 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 01:42
>179
ナッドサッドのスロボがイイ感じ


184 名前: 能條純一 投稿日: 2000/07/18(火) 01:44
今からほんの30分前、竜の前に1人の男がいた。
巨大な毒虫になった1人の男が!
「和了らねぇ、竜から出るまでは」
「ザムザさん、いいのかい。四枚目の白だ」
「そうか、そうだよなァ、竜はすべてを知ってたんだ!!」
ザムザはそのとき白い息を吐いたという。
「ポン」
「竜が哭いた!ひゃっひゃっひゃっ」
「あンた、背中が煤けてるぜ」フッ
--------------------------------------------
「あンた、お帰りなさい!!」


185 名前: 相田みつを 投稿日: 2000/07/18(火) 01:54
ふあんな夢をみて
大きな虫となったが
だけど生きていれば
きっといいことがある
どくむしだって
        __
   みつを  |み|
         ̄ ̄


186 名前: バコタ 投稿日: 2000/07/18(火) 02:41
あなたの人間的尊厳を損なう
おそれがありますので、
変身のしすぎに注意しましょう
毒虫マナーをまもりましょう


187 名前: >176 投稿日: 2000/07/18(火) 02:59
グー、


188 名前: 笹沢佐保 投稿日: 2000/07/18(火) 02:59
木曽路の空に広がる朝の赤紫に染まった稜線が、
目を半ば瞑って眠る癖のあるその男の頭上に広がっている。
寝床は無縁仏の祀られた、しがない粗末な祠の中にあった。
夜半の闇を裂く鴉の鳴き声を耳にして男は、気だるそうに
脇差のあたりに目を遣った。刹那、丹田のまわり5寸程下が、
甲虫の色艶に似た光を放っていることに気づき、暫く黙った。
そして男は言った。
「あっしには係わり合いのねえことで。」



189 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 03:16
>180 コテハンは何 だとか、そういった≪2ちゃんねる≫式の・・・

ってところかなり笑える。


190 名前: 田中角栄 投稿日: 2000/07/18(火) 03:26
ま、そのー、いつだかの朝に、チェコ3区選出のグレゴールザムザ君が言うに、
これがまた夢見たっつーんですなこりゃ。やな夢だったところでしょうなあ。
それで目え覚ましたら胴巻きんあたりがその、百姓だかクワガタだかに
変わってるっちゅーんですなこれが。まあこのー、社会正義の行われないところに、
市民の身の安全など行われんっつうところが、今回強調したかった所なんですなあ。


ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢からふと覚めてみると、 」

ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に
変わってしまっているのに気がついた。固い甲殻の背中を下に
して、仰向けになっていて、ちょっとばかり頭をもたげると、
まるくふくらんだ、褐色の、弓形の固い節で分け目をいれられた
腹部が見えた。



191 名前: ナガシマ・シゲオ 投稿日: 2000/07/18(火) 03:49
えー、何と言いますか、所謂ひとつのポワゾンです。
いやー、江藤もいいケツしてるけど、今一つしまりが無いんだな。
やっぱり、ザムザでしょう〜〜〜うーんどうでしょう〜〜〜。


192 名前: 古今亭志ん生(晩年バージョン) 投稿日: 2000/07/18(火) 03:52
 エー・・・えへん。・・・虫というものはぁ、実にコノ奇妙ないきものでして・・・。
しかしまた・・・落語のほうには、わざわざこれを食してみようなんてぇおっちょこち
ょいが・・・・かならず出てくるもんで御座いますな。

 どんどんどん! オイ、ざむざッ、いるんだろッ。いたら返事しろいッ。・・・なんだ
い寝てるんじゃねぇか。・・・おいッ。どうしたんでぇそのなりは。妙に黒光りして、足ィ
天井へ向けてつっぱらかって。どっか具合でも悪いの?足がこんなに節くれだっちゃって・
・・・ひぃふぅみぃよ・・・・おどろいたね、六本あるよ。・・・こりゃ虫だね。
 そいや昨日の晩、湯の帰りにこいつに会ったら、こんなでっけぇ毒虫ぶるさげて歩いて
たよ。それどうするんだって聞いたら食うって言うから、おめぇこの陽気にそんな虫食っ
たら当たるぞって言ってやったのに、食いやがったんだな。えぇ?・・・どうも、おどろ
いたね。虫食って虫ンなっちゃったよ・・・。ひどいねどうも・・・・まったく・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(居眠り)。

(観客)しーっ、起こすな。寝かしといてやれよっ!!




193 名前: 180(サリンジャー) 投稿日: 2000/07/18(火) 04:51
ありがと。>>189
反応があると嬉しいっすね。

>>89
>>127
>>179
いいね。



194 名前: >185 投稿日: 2000/07/18(火) 05:03
むちゃくちゃウケたんだけど。


195 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/18(火) 05:16
この板、面白いし、作家の文体や雰囲気がわかるのでためになります。
さらなる傑作をお願いします。


196 名前: 尾崎放哉 投稿日: 2000/07/18(火) 06:04
隙 間 か ら 朝 日 差 し こ み 蟲 に な っ て 居 る


197 名前: まざあ・ぐうす(北原白秋=訳) 投稿日: 2000/07/18(火) 06:34
ザムザはどくむし

ザムザ、ザムザ、むしになったよ。
それもりっぱなどくむしだ。
朝になったらなっていて、
おもわずびっくり、とびおきた。
けれども、うまくうごけない。

ザムザ、ザムザ、むしになったよ。
それもりっぱなどくむしだ。
ずんぐりむっくり胴体に、
細いおあしがわしゃわしゃと、
おっきなこうらもついている。

ザムザ、ザムザ、りっぱなどくむし。
みんながザムザをきらってる。


198 名前: 宮沢章夫(エッセイ) 投稿日: 2000/07/18(火) 07:51
虫になってしまったのである。
と、言われても何のことやらと思うだろう。そう思うのも無理はない。
一部の、気のきいたつもりの人は、
「ははあ、さては、そいつはなんかの比喩ですね。あれですね、文学的表現ってやつ。
あれですね、やっぱり、物書きの人ってのは、感性って言うんですか?
違うんですねえ、我々なんかとは」
などと言い出すかもしれないが、比喩でもなんでもないのである。
それにしても、この種の気のきいたつもりの人というのは、えてして、
「ははあ」だとか「あれですね」といった言葉を口にすることが多いような
気がする。あれは一体どうしてなのだろう。何かを言われたら、ためしに、
「ははあ、さてはあれですね」
と口に出してみよう。なんだか、評論家のようではないか。
これに味をしめてしまうと事態はいよいよ深刻となる。何を聞いても
思わず口にしてしまいたくなってしまうからだ。
「実は今度結婚することになりまして」「ははあ、さてはあれですね」
「今年の夏は暑いねえ」「ははあ、さてはあれですね」
「最近パソコンが調子悪くってさあ」「ははあ、さてはあれですね」
「例のCD買ったよ」「ははあ、さてはあれですね」
「ちょっと、そこのボールペン取って」「ははあ、

いかん、いかん。ついつい夢中になってしまうところだった。
気のきいた人のことはどうでもいいのだ。本題に戻らねば。
しかし、この「本題に戻る」というのも、また、曲者で・・・(続く)


199 名前: サイバラ 投稿日: 2000/07/18(火) 08:55
虫とわたくし

目が覚めたらいきなり毒虫になっていた。
「ふおおおおお。マブかよおおおっ。」
ケツの穴が一瞬おっぴろがったぞっ。30数年生きてっけどこんなにパンチの効
いた目覚めははじめてだっ。前夜バカラでかっぱいだ金で筋の切れるよな大宴会を
開いて大どんちゃんさわぎ。その後はわたくしの頭に濃ゆい霧がたちこめたので何
にも覚えておりません。二日酔いはないが、背中は固い甲羅、腹なんざ脂ぎった肥
満中年のよに丸くお洒落な弓形の固い節の分け目つきで、まさにお好きな方にはた
まらない状態。朝からがっちょりおチャクラ全開。
鴨はすでにウオトカを飲んであんなに遠いところにいっている。
「ちょっとまてコラぁおどれはあたしをおいていくんかいっ!」
ピンチの時は酒を沢山飲んで自分を解らなくするのが一番。
とにかく気合だあっ 左わきえぐりこむように飲むべし飲むべしっ
ごっきゅごっきゅごっきゅ…



200 名前: 鶴見済 投稿日: 2000/07/18(火) 09:00
朝起きたら虫になってた。
覚醒剤やり続けたおかげで、やっと人間やめられたってわけだ。
虫になって分かったのは、いかに以前の自分が窮屈な存在だったかってこと。
学校や会社やマスコミが押し付けてくるバカバカしい「優越感/劣等感」ゲームに
いつしかはまりこんで「生き苦しさ」は増すばかりだった。
でもそんな下らない人間社会のことは心底どうでもよくなった。今じゃもう
「ただ生きてる」ってだけで十分満足だ。虫だと食い物も少しですむし。
虫最高!



: ホーム :